Vol.85 結婚相談所でのお見合い申し込みの5つのポイント

200124.jpg

皆さん、こんにちは!

プロスペクティブスタート、カウンセラーの佐藤です。

今日は「Vol.85 結婚相談所でのお見合い申し込みの5つのポイント」といったテーマでお話したいと思います。

結婚相談所では、毎月決まった件数のお見合いを申し込めることになっている相談所がほとんどだと思います。

ただ、やみくもにお見合いを申し込んでも、簡単に成立するものでもありません。

何故ならお見合いを申し込んで成立する確率は5%~10%だからです。ライバルの方も多くの異性にお見合いを申し込んでいます。

では、結婚相談所でのお見合い申し込みの5つのポイントをお話していきたいと思います。


ポイント① 申し込み件数の上限がなるべく多い相談所を選ぶこと

先にもお伝えした通り、結婚相談所でお見合いに申し込んでも成立する確率は5%~10%です。つまり10件~20件申し込んで1件成立する程度となります。ですので、お見合いの申し込み件数の上限が20件程度だと、1件も成立しない可能性があります。特に皆さんが人気の異性に申し込む場合は、更に倍率は上がって、50件、100件申し込んでもOKを頂けるか分かりません。何故ならそういう方には申し込みが集中しているからです。

皆さんが月に1件のお見合いができるかできないかくらいでも構わないなら話は別ですが、週に1件くらいのお見合いをするには、月50~100件以上のお見合いを申し込める相談所をまずは選びましょう。なお、プロスペクティブスタートが加盟している日本結婚相談所連盟のお見合いの申し込み件数の上限はシステム上200件ですので、200件のお見合い申し込みが可能な相談所を選ぶことで、理想の結婚相手と出会える可能性が最も上がります。


ポイント② 月初に、お見合い申し込み可能件数を全て使い切らないこと

月の最初に、お見合い申し込み可能件数を全件使い切ってしまうと、どのようなことが起きるのでしょうか。

もし全て使い切って、1件もお見合いが成立しなかったら、その月にもう活動することがなくなってしまいます。異性からの申し込みがあれば良いのですが、それもない場合は、1ヶ月間無駄になってしまいます。

逆に100件のお見合いを月初に申し込み、10件がほぼ同じタイミングで成立してしまったらどうしましょう。一度に10件のお見合い日程調整をするのは正直無理があります。何故なら、お見合い成立後は原則1ヶ月以内にお見合いをしなくてはならないためです。1ヶ月に10件のお見合いをするのは時間的にも難しいでしょうし、お相手の都合もあります。仮にお見合い成立後、1ヶ月以上先の日程でお見合いをしたとしても、お相手のテンションは既に下がっている可能性が高いです。


ポイント③ 毎月のお見合い申し込み件数を、4週に分けて使う

例えば100件の申し込み件数でしたら、4週に分けて、毎週25件ずつお見合いを申し込むことで、調整をしながら申し込むことができます。最初の週に25件申し込んで2~3件お見合いが成立したら、次週のお見合い申し込みは一旦お休みするなど、コントロールすることも可能です。


ポイント④ 「お似合い路線」と「チャレンジ路線」を意識して申し込む

「この方と自分は、客観的に見ても似あっているし、お見合いが成立する確率も高いだろう」という方と「成立は難しいとは思うけど、チャレンジしたい」という方を意識して申し込みをします。もしご自身では「お似合い路線」と思っていた方からも、20件以上申し込んでも1人からもOKを頂けないのであれば、それは「チャレンジ路線」かもしれないので、軌道修正する必要があります。

ちなみに「チャレンジ路線」とはいわゆる条件の良い人です。条件重視路線とも言えます。男性であれば年収の高い方、女性であれば若くてきれいな方などです。こういった方は当然人気があるのですが、その方とあなたの価値観やフィーリングが合うとは限りません。皆さんが「お似合い路線」と考えている方の中にも、実際にお会いすれば、素敵な異性はたくさんいるはずです。


ポイント⑤ 申し込みをするタイミングは金曜日~土曜日辺りが良い

多くのお見合いは、土日に組まれます。そうすると、水曜日、木曜日辺りはお相手の方も土日のお見合いのことを考えています。そのタイミングで申し込みが来ても「土日のお見合いの結果を見て、交際に繋がらなかったら、お見合いするかどうか考えよう」となります。

しかし、土日のお見合いが終わったタイミングで交際に繋がらなかったとしても、タイミング良く申し込みが届いた方のプロフィールを先に見てしまい、わざわざ3日も、4日も前に申し込んできた皆さんのプロフィールを見てくれることはないかもしれません。

申し込み相手の異性からみて、皆さんが文句なしにOK返事をしたい方であればいつ申し込んでも良いのですが、そうでない場合は、タイミングよく申しこむことで、OK返事をもらえる確率を上げることができます。金曜日~土曜日辺りに申し込むと、お相手異性のもとにその申し込みが届くのは、ちょうどお見合いが終わった土曜日~日曜日辺りになります。

結婚相談所で活動される場合は、是非ご参考にしてください!


「2020オリパライヤー婚」を応援するキャンペーンスタート!

191218-01.jpg

2020年は東京オリンピック・パラリンピックが開催される年になります!

この「2020オリパライヤー婚」は、今から婚活をスタートすれば、十分間に合います。
そんな記念すべき「2020オリパライヤー」に結婚を目指す皆さんを全力で応援したいという思いから、特別なキャンペーンをご用意しました。

プロスペクティブスタートでは、12月18日以降にご入会された会員様には、以下の2つの特典を付けさせて頂きます。

①ピックアップ無料掲載(プロフィール公開から60日間、期間中計3回まで)
②IBJSプレミアムパック無料(1ヶ月分)

名付けて「2020オリパライヤー婚・全力応援キャンペーン!」
キャンペーン内容の詳細は、キャンペーン情報をご覧ください。

詳細はこちら

PageTop