何故20代・30代を中心とした結婚相談所なのか?

プロスペクティブスタートは何故20代・30代を中心とした結婚相談所なのでしょうか。それは年齢を重ねれば重ねるほど、結婚できる確率が下がっていくため、早めに婚活をスタートしてほしいという思いからです。

それでは、まずは既に結婚されている方たちは、平均的に何歳位にパートナーに出会っているのでしょうか?


出会いの年齢は意外と早い

2015年に実施された第15回出生動向調査によると、過去5 年間に結婚した初婚どうしの夫婦について、夫妻が初めて出会った時の平均年齢は、夫26.3 歳、妻24.8 歳です。この年齢は年々上昇しているものの、平均すると20代半ばまでに結婚相手と出会っていると言えます。

夫婦が30歳までに出会った割合となると、夫73.0%、妻80.1%であり、70%~80%の人は30歳までに結婚相手と出会っています。

次に各年齢の「5年以内に結婚できる確率」はどうなっているのでしょうか?


5年以内に結婚できる確率が一番高い年齢は男女とも26歳

下記に示すグラフは2010年(平成22年)、2015年(平成27年)の国勢調査データから算出した年齢毎の「5年以内に結婚できる確率」です。グラフが一番出っ張っているところが、最も結婚できる確率が高い年齢です。

5年以内に結婚できる確率(男性)
平成27年・平成22年国勢調査 人口等基本集計データよりプロスペクティブスタートにてグラフ化

5年以内に結婚できる確率(女性)
平成27年・平成22年国勢調査 人口等基本集計データよりプロスペクティブスタートにてグラフ化

これを見ると、偶然とはなりますが、男女とも「26歳」が「5年以内に結婚できる確率」が最も高いのがわかります。
結婚できる確率は、26歳から徐々に下がっていき、46歳ごろに横ばいとなり、5年以内に結婚できる確率が5%前後となります。つまり、46歳以降の方は、1年以内に結婚できる確率は約1%ということです。

ここから、一部のデータを抜粋すると以下のようになります。

男性

年齢 5年以内に結婚できる確率
26歳 36.74%
30歳 31.20%
35歳 20.88%
40歳 12.80%
45歳 9.59%
50歳 8.67%

女性

年齢 5年以内に結婚できる確率
26歳 44.49%
30歳 36.62%
35歳 22.61%
40歳 9.76%
45歳 6.08%
50歳 4.94%

国勢調査は5年に一度実施されています。
この「5年以内に結婚できる確率」は以下のような計算式で算出しています。
「2010年の30歳の未婚男性」が、5年後の2015年までにまでに何%結婚できているかという例で見てみましょう。

「2010年の30歳の未婚男性」が、5年後の2015年までにまでに何%結婚できているか

グラフを見てもわかる通り、26歳よりも若い方を除いては、基本的に年々「5年以内に結婚できる確率」は下がっていきます。ただ裏を返せば、1年後に婚活をスタートするより、今年スタートした方が有利と言えます。26歳を過ぎたら、何歳であっても「結婚したい」と思ったときに、直ぐに本格的な婚活をスタートすることで、結婚できる確率を最大化することができます。

もちろん、一日も早く結婚することが全てではありません。とはいえ、今このページをご覧いただいている皆さんは、少なからず「いつかは結婚したい」と思っているはずです。

お一人おひとり、何歳までに結婚したいのか、いつまでに子供がほしいのか、そんなライフプランがあろうかと思います。

しかしながら、皆さんが男性なのか、女性なのか、今何歳なのかによって、状況は異なります。取るべき対策も、数年婚活スタートが遅れた場合に状況がどう変わるのかも全て違います。

それらを全てひとくくりにしてご説明すると話が複雑になってしまいます。

この後は、男女別、年齢層別の「婚活分析」をご説明しますので、皆さんが該当する部分をご覧ください。

それでは今の年齢で、皆さんはどんな風に婚活を進めれば良いのか、何歳くらいの人と結婚できそうか、どのくらいの年齢層の方からのニーズが高いのか、男女毎、年齢層ごとにご説明していきます。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

\お待ちしてまーす♪/
お待ちしてまーす