20代女性

会員さんとの定期面談で、「お見合いの場で沈黙になった際、焦ってしまい、何を話せばよいか瞬時に言葉が出ない」、「たいていお相手男性からフォローしてもらっている」、「質問力を上げたい」といった悩み、課題を教えてくれた。

それに対し、面談の場では質問力を上げるべくどんな話題でも使える汎用性の高い質問(始めたきっかけは?楽しいところは?大変なところは?一番の思い出は?など)を用意しておくようアドバイス。

面談後、沈黙についての別の対処法をメッセージにて再度アドバイス。

その内容とは、沈黙になった際は『沈黙になっちゃいましたね!』とか『シーンとなっちゃいましたね!』とその場の状況を、明るく笑顔で口に出してしまえばいいといったもの。

そのアドバイスをした際に、頂いたメッセージ。

w20-4.png 20代女性 とても分かりやすいアドバイスありがとうございます...! 沈黙をあえて明るく捉えるというか、いっそのこと認めてしまうというのは、これまで考えたことがなく目から鱗でした。 相性の良い方とは沈黙も苦痛ではないというのは、なんとなく聞いたことがあるのですが、そういった方と私も巡り会えると良いなと思います。 頂いたアドバイスを心に留めて、がんばります! 今後ともどうぞよろしくお願い致します。

30代男性

プレ交際相手に真剣交際を申し込むかカウンセラーに相談され、アドバイス後に頂いたメッセージ。

m30-3.png 30代男性 佐藤さん、お疲れさまです。 ご助言頂きありがとうございます。 結婚後の生活までご経験されている佐藤さんのご意見は大変参考になります。 一先ず真剣交際は申し込まずに今後に希望を繋げられるよう意識していきます。 そして意見の擦り合わせといいつつ主張ばかりになってはいけないですね。 今後はやってあげられる事を考え、伝える事を重視していきます。家事についても、経験していない身としてはなかなか難しいですがやはりそうなってしまうのでしょう。 今後に活かしていけるよう頑張りたいと思います。

20代女性

お見合いのお申し込みを受けた方の体型が気になり、お見合いを受けるかお断りするかをカウンセラーに相談後に頂いたメッセージ。

w20-3.png 20代女性 佐藤さん、お疲れ様です。 身長と体重の件、大変参考になりました。私の父と同じくらいの数値ではあったので、数字的には問題ないのだろうと思いましたが、写真を見ていて不安になったのでご相談させていただきました。 なるべく早くお返事したいと思っていたのですが、迷っていたのでご相談してよかったです。 もう少し考えて明日中にお返事するようにしたいと思います。よろしくお願いいたします。 ◆翌日◆ まだ少し迷っていますが、会ってみないことには分からないので、一度会ってみようかと思います。 ありがとうございます。

30代男性

お相手女性に対する真剣交際の申し出を断れた後の決意。

m30-2.png 30代男性 今回の結果は残念ではありますが、覚悟していたことではありますので大丈夫です。 婚活を始めて長い期間やり取りをすることは始めてなのでとても勉強になりました。 次回、もし仮交際まで続けられるお相手がいた場合には価値観や将来像などを擦り合わせることも必要だと頭に入れながら進めていけるようにしようと考えています。 今回は残念でしたが、自分の至らないところや付き合う中で必要なことが見つかった、ということで今後に活かしていきたいと思います。


30代女性

女性会員様が、お相手男性とのデートの際、先方に家賃収入があることを知った。

年収の高い男性だったので、この女性会員様は、「もしかすると家賃収入を合わせた収入を年収として記載しているのではないか?」という疑問を持たれた。

結婚相談所の年収は、会社員であれば源泉徴収票の年収であるため、お相手男性の年収の記載に間違いはないと感じつつも、念のため、当相談所からお相手男性の結婚相談所に確認を取ったところ、記載の年収は源泉徴収票での年収で、それとは別に家賃収入があることが確認できた。

そのことを女性会員様に伝えた時のメッセージ。

w30-2.png 30代女性 妙な疑念を持ったことに自己嫌悪中です。 加えて、年収が高すぎる人は自分には不釣り合いではないかと思っているので、複雑な気持ちも出てきました。 とはいえ、佐藤様には、こちらからお願いした訳でもないのに、きっと私の不安を取り除こうと確認してくださったのだと感じ、とても感謝です。 本当にいつもありがとうございます。 ※その後、この女性会員様と本件のお相手男性は、晴れてご成婚退会されました。

20代女性

交際中のお相手男性の叔父様に挨拶に行く直前にいただいたメッセージ。

お相手男性はお父様を亡くしており、我が子のように支援してくれた叔父様に挨拶に行くことになった。しかし、叔父様は結婚を反対している。

彼女は以前も真剣交際中だった別の男性の親御様にも結婚を反対されて、男性が自分の味方になってくれず、親の反対意見に同調されてしまい、交際が終了してしまう苦い過去があった。

その際は、相談所から『男性本人に結婚する意思があるなら、仮に親に反対されても、自分の意思で結婚は決められる』といった少し厳しいアドバイスをしていた。

そんな彼女から、今回の彼から言ってもらえた頼もしい一言と、以前のアドバイスに対するメッセージが届いた。

w20-3.png 20代女性 彼からは『叔父さんへの説得がうまく行かなくてもそのまま進むことに決めたので安心して欲しい』と言っていただきました。 本当に私とのことを考えてくれる人はこうなるものなのですね。 以前アドバイスいただいたことが身に染みてよく分かりました。

30代男性

お相手女性からの交際終了の原因についてアドバイスをした後にいただいたメッセージ。

m30-1.png 30代男性 佐藤さん、お疲れさまです。ご助言痛み入ります。 お金のことなので具体的であればあるほど良いと思い込んでいました。 実務というより自分の考え方をざっくりお伝えしつつ話し合いが出来るよう、頭を整理しておきます。
  • 無料カウンセリング予約(男性はこちら)
  • 無料カウンセリング予約(女性はこちら)
  • オンライン相談

\お待ちしてまーす♪/
お待ちしてまーす