Vol.263 妻カウンセラー 香織が結婚相談所に入会したお話①

201118 4.png


こんにちは!

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤香織です♪

今日は「Vol.263 妻カウンセラー 香織が結婚相談所に入会したお話①」といったテーマで書こうと思います♪

前回のデビューブログがありがたいことに意外と反響がありました♪

デビューブログはこちらです♪

『Vol.261 妻カウンセラー初登場!JALグランドスタッフ 新人時代のお話』

『結婚相談所のブログだけど、婚活の話でもないしなぁ。ま、いっか。真面目なブログは旦那さんが書くし、私は好きなこと書こ~っと。』

その結果、分析好きな主人曰く、読者さんが私のブログに滞在している時間がですね、何と平均7分半ですって!!

『7分半も私のページにみんないるの!?めっちゃ見てくれてるー(゚Д゚)ノ』

『学校の休み時間は10分だよね。私のブログ読んで、トイレ行ったらおしまいじゃん!』

時間軸が突如学生時代に逆戻り。

みなさん、どうもありがとうございます。

201118.jpg

↑私今こんな気持ちです。

注目されていると思うと、何だかそわそわ。

『次のブログ、何書くかなぁ~。』

鉛筆を上唇と鼻の間に挟んでいるイメージで、ふんわり考えていたのに。

突然生みの苦しみに、さいなまれるアーティストな気分。

はい、お待たせしました。

やっと本題です。

もうご存知かもしれませんが、私、結婚相談所で結婚しました。

そして、今は主人が立ち上げた結婚相談所で、カウンセラーをやっています。

あれ?

私、都内の不動産デベロッパーに勤めてて、年収もほど良い感じで稼いでいる、サラリーマンと結婚したんじゃなかったっけ。

そうだよ香織、お前が正しいぞ。

『それから5年後~』

↑ここ、ドラえもんの声でお願いします。

我が家、結婚相談所を運営しています。

え?何だって?

人生何が起きるか分かりません!

あ、また脱線しちゃいました。

主人が起業した頃のお話もその内書きますね♪

えっと、何でしたっけ。

そうそう、私が結婚相談所に入会した理由です。

ズバリ発表!!

『結婚したかったから』です♪

えっ?普通すぎるわって?

でもよーく考えてみて下さい。

それ以外の理由ってあります!?

無い無い無―い、無い無い無―い。

↑ムカデの行進みたい。

はい、他に理由ある人手挙げて~。

シーン。

ここからは、私の恋愛遍歴を交えてお話します。


【高校時代】

入学後、スラムダンクの春子さんに憧れ、バスケ部のマネージャーになり、バスケ部の同学年男子と付き合う。

不思議なことにバスケ部に入ったのに、スラムダンクの三井くんが好きだったのに、バスケのルールが覚えられない。

あの小さい網にボールを入れる為に、みんなキュッキュッ、鳴らしながら頑張っている事以外、何も分からないのです。

『えっ?今どっちが勝ってるの?』

そして気が付く。

私はバスケットボールに興味がない。

赤木春子さんになりたかっただけ。

彼氏も出来たし、プチ春子さんにもなれたし、バスケ部にいる理由がなくなり、入部2ヶ月でさっさと辞める潔さ。

その後、バスケ部女子からのひんしゅくの嵐にあうが、どこ吹く風。

彼氏とは卒業後、進路が分かれすれ違いが続き、3年間のお付き合いにピリオド。

Jくん、楽しい青春時代をありがとう。


【専門学校時代】

モテ期到来。

高校時代の彼氏と別れた瞬間、お次のメンズМくん現る!

その彼とは長く続かず別れるも、またまた新たなメンズHくんが現る。

そして別れる。

今思えば、この頃が一番ブイブイ言わせていたと思います。


【成田空港時代】

入社して少し経った頃、私はチェックインカウンターに立っていました。

はい、私のストライクゾーンど真ん中の男性がスーッと通り過ぎていきました。

『うわぁーっ!!あの人カッコイイ~♪』

稲妻落ちる。

空港で働く一つ年上の男性Dくんでした。

ビビビッと来た瞬間から、私は彼とすれ違う度に、チャームポイントの笑うと無くなるこの細い目をカッと見開き、名札をチェック。

働け、私。

ハンター香織、策を練る。

21歳の誕生日当日。

メモに名前と電話番号、メールアドレスを書き、彼と知り合いだった同期のМちゃんに

『あの子、今日誕生日なので、良かったら連絡してあげてください』

と一言添えて、メモを渡してもらうよう具体的に指示。

他力本願系、発揮。

Мちゃんのファインプレーで作戦成功。

無事、捕獲。

その後、別れと復縁を繰り返し、貴重な20代と30代の幕開け全てを費やした果てに、やっとのことで気が付く。

『この人と結婚は出来ない、いや、しない方が良い』

気付くのおそーっ!!

『長すぎた春』という言葉があります。

10年という月日はもはや、春だけではおさまりません。

『長すぎた夏』も、『長すぎた秋』も、『長すぎた冬』も、ぜーんぶ通り過ぎて一周まわって無事、元の場所に帰還いたしました。

『私は、一体何をやっていたんだー!!』

その頃、4歳下の従妹の結婚式に呼ばれました。

新郎に愛されて幸せそうな従妹のМちゃん。

きっと、両親も私の方が先に結婚すると思っていただろうなぁ。

ごめんね、まだ独身で。

何となく肩身の狭い結婚式でした。

グツグツ大鍋で、煮ても煮ても煮まくっても、煮え切らない彼と別れた後、私は出会いを求めて、合コンや飲み会に、積極的に参加しました。

そう、早く結婚がしたかったのです。

ただ、このわちゃわちゃと、盛り上がるスタイルが私には合いませんでした。

なぜかと言うと、私はお酒が弱くて飲めないのです。

あっ!そうだ。

お酒が弱い人がよく聞かれるイラッ(-"-)とする質問があるので、特別に教えますね♪

その①『一滴も?』
その②『飲まないの?飲めないの?どっち?』

『飲めない』言うとるやろがー!!

私の場合、飲もうと思えば数杯程度は飲めます。

でも、その内顔が赤くなって、首にはポツポツ湿疹が表れます。

心臓はバクバク存在感出してくるし、限界超えると、こめかみの血管が脈打ち始めます。

周りが引くやばいやつです。

それでも『飲めません』の一言は、場をしらけさせると思っていました。

無理してみんなに合わせていた結果、意識は目の前の男性ではなく、自分の動悸がいつ始まるか。

もはや婚活どころではありません。

THE・修行。

『もっと強くなるんだー!!負けるな、立ち上がれー!心の声に耳を傾けろー!!』

『親方、もう勘弁してくだせぇ。あっしはもうダメで...す...。バタッ...』

修行したところで、DNAに組み込まれた体質は、どうにも出来ません。

『もっと違う形で、修行以外の婚活できないかなぁ。』

そんなある日、仕事帰りの電車できっかけとなる出来事がありました。

おっと!長くなってしまったので、今回はこの辺で☆

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

続きが気になる方は、こちらをご覧ください(^^♪

『Vol.263 妻カウンセラー香織が結婚相談所に入会したお話②』


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています