Vol.349 勝負の分かれ目はお見合い後にあるかも?

211015.png 


こんにちは!

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤香織です♪

今日は「Vol.349 勝負の分かれ目はお見合い後にあるかも?」といったテーマで書こうと思います♪

もう10月も半ばですねぇ。

少し早いですが、先日次女の七五三で鎌倉にある鶴ケ岡八幡宮に行ってきました。

運よく晴天に恵まれたのですが、何せ気温が高く暑かった( ゚Д゚)

気慣れないお着物で更に暑い次女はご機嫌斜めで、抱っこの嵐。

そんな中、撮れた奇跡の1枚!

211014 2.jpg


そして、同伴の長女は家から持参したおやつの歌舞伎揚げを食べていた所を、背後から鶴ケ岡八幡宮にいたトンビに襲撃されたのでありますっ!!

タッチの差で歌舞伎揚げを食べ終えていた長女。

空になった袋の

『カシャッ』

という音と共に、1m位ある翼を広げて飛び去っていくトンビ。

一瞬の出来事でみんな呆然...。

振り向く長女の鼻に血がついとるやないかーっ!!

『ヒェーッちょっと大丈夫?!』

歌舞伎揚げをさらおうとしたトンビの口ばしか、足が長女の鼻をかすめたのです。

幸い、浅い傷で済んだものの目に刺さったり、深い傷にならなくて良かったー...。

恐るべしトンビ( ゚Д゚)/

歌舞伎揚げを奪い損ねて、ざまぁみろってんだ。

あっかんべーだ。

巨大トンビに襲われても元気な長女、with通りすがりのおばあちゃんズ。

211014 1 3.jpg


さぁ、本題です。

カウンセラーから見て、

『結婚難しそうだなぁ~』

とふんわり思われるタイプのご紹介です。

今回はサックリ一つだけ言います。

それは、ズバリ!!

『ありがとうございます』

と言えない人。

正しくは、言わない人。

私たちは子どもの頃から、人に何かしてもらったら

『ありがとう』

と相手に伝えることを親から教わります。

それが大人になった今、

『やってもらって当たり前』

という気持ちが生まれると、言わなくなるのです。

カウンセラーとして沢山の会員さんをサポートしながら、感じることがあります。

どんな時でも感謝の言葉を言える会員さんは、あまりこじらせずに成婚するということを。

お見合い相手や交際相手はもちろんのことですが、自分のカウンセラーに対しても常に

『ありがとうございます』

と言える方は、結婚できると思っています。

『ありがとうって言えば結婚できるって何それ、めっちゃ適当すぎない?』

と思っているそこのあなた...。

言う方も、言われる方も気持ちが良い

『ありがとう』

の言葉が持つパワーを舐めてはいけませんよ。

この言葉には人間性が出るのです。

『ありがとうくらい、普通に言うてるわ』

と思うでしょうね、うんうん。

これが意外と言えておりませんの。

言ったつもりでも相手に伝わっていなければ、言っていないのと一緒。

よくあるのが、お見合い後。

プロスペクティブスタートが加盟している日本結婚相談所連盟(IBJ)のルールでは、お見合い後にお茶代を支払うのは男性です。

はい!

そこで女性陣のお礼の出番がやってきます!

女性陣よ。

お断りでも交際希望でもそこは関係なく、これでもかって位感謝するのだーっ!!

実際、お金払ってもらってるんだしさ。

お見合いはホテルのラウンジで行われることが多いですが、一杯のティーでも1,300円~1,500円位します。

2人分払うとなると、かなりお高めのランチ並みになります。

男性は女性のお礼の仕方を気にしていないふりして、よーく見てます。

ここで、ルールだし払ってもらって当たり前的な態度を取ると、お断りされることが多いです。

あとはマスク越しですので、お礼を言っているのか何なのか分からない程度のか細い声で、ゴニョゴニョと伝えても伝わりません。

ここははっきりと、田中希実選手ばりのお礼を伝えてくださいね。

えっ誰?

東京オリンピックで陸上女子1500メートル決勝で8位入賞した田中選手ですよ。

走り終えて、会場を去る際に

『ありがとうございましたーっ!!』

と絶叫し感謝を伝える姿に、日本中が感動したではありませんか。

そう、彼女のようにテレビ越しに音声が拾えてなくても、何を伝えているか分かる位の誠意を持って、

『お茶代をご馳走していただき、ありがとうございましたっ!!』

と男性にお伝えできたら、バッチリです☆

ポイントはお断りしようと思っている相手にも、力を抜かずに伝えることです。

良いなと思う男性の前でだけ渾身のお礼を伝えたり、相手によって態度を変えるのは止めましょう。

誰に対しても同じように接する方の方が、遥かに成婚が早いです。

そこに人間性が表れるからです。

お見合い後のNG理由に

『常識やマナーについて』

という項目があります。

男性がこの項目を選択してお断りしてくる場合は大体、会計時の女性の態度を指しています。

そして、デキる女性は交際に進んだ後の初回デートで、お見合いのお茶代をご馳走になったお礼にちょっとしたお菓子などをプレゼントしています。

更に上を行く女性は、サラッと一筆添えたりもして男性の心をガシッと掴んでおります。

結果的にそういう女性は、あまり時間をかけずに成婚していく気がします。

何も男性に媚びへつらう訳ではありません。

お礼の気持ちをお相手が目に見える形で、分かりやすくお伝えしましょうということです。

活動中の女性会員さんはお見合い後のお礼の仕方を今一度、振り返っていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

では、また次回のブログ、頑張ります(^^♪

★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,600円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートについて

210608couple.jpg


★IBJ加盟店2800社中わずか10社のみ!『コンシェルジュが選ぶ特別賞』受賞@IBJ AWARD 2021

★成婚率83.3%!確かな実績に基づく安心のサポート
※2020年12月~2021年5月実績

★20代、30代会員比率81.9%!若い婚活者のサポートに特化した結婚相談所 
※2021年5月時点

★1ヶ月間100%返金保証。入会金、登録料、月会費、お見合い料を100%ご返金

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@IBJ日本結婚相談所連盟婚活カウンセラーブログ(最高位)

★IBJ日本結婚相談所連盟(東証一部)で、新規開業者向けのセミナー講師を務めています

★ご成婚者様の声、お客様の声、絶賛掲載中!

◎ご成婚者様の声 こちらからどうぞ
◎お客様の声   こちらからどうぞ

★無料カウンセリング予約、オンライン相談予約、お問合せはこちらからどうぞ♪

◎男性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎女性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎オンライン相談予約     こちらからどうぞ
◎お問合せ          こちらからどうぞ

Vol.346 結婚相談所ではスピード感が超大事

211005.jpg


はじめまして!

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです(^-^)

今日は「Vol.346 結婚相談所ではスピード感が超大事 」といったテーマでお話ししたいと思います。

本題に入る前に、先日妻がコロナワクチンの2回目接種をしたのですが、熱が39℃まで上がりました(+_+)

解熱剤を飲んで37℃台まで下がり、また解熱剤が切れると38℃台、39℃台まで上がるということを何度か繰り返し、3日目にようやく平熱に戻っていて、一安心しました。

妻が高熱で安静にしている間、私は

◎二人の娘の幼稚園、保育園の送り迎えをしながら弁当作り
◎朝昼晩のご飯の準備(買い物、料理、食器洗い)
◎洗濯(洗う、干す)
◎娘たち2人を風呂に入れる

といったことをやっていたのですが、『これを全部やるのは本当に大変・・・』と思いました。

普段はこれらを分担していますが、それでも家事、育児については圧倒的に妻の方が多い。

そして妻は相談所の仕事もしていて、ブログも書いている。

妻はすごい、そして女性はすごい。

本当に感謝しなくてはならないと改めて感じました。

そんなこともあり、我が家は家事の時短のためにも今、食洗機の購入を検討中です。

ただ、これを書き始めるといつまでも本題が始まらないので、またどこかのタイミングで。

さてさて前置きが長くなりましたが『結婚相談所ではスピード感が超大事』ということで、このブログでは具体的に何が大切なのか、説明していきたいと思います。

まずは結論から。

結婚相談所での活動では、以下の場面でのスピードを意識して行動することが大切です。

◆お相手からお見合いの申し込みがあったら、すぐに返事(OK返事、NG返事)
◆お見合い日程調整では、希望日時をすぐに提示
◆お見合い後、結果をすぐに入力(交際希望、お断り)
◆交際成立後、すぐにファーストコールの電話をする
◆交際成立後、1週間以内に初回デート
◆カウンセラーの向こうにはお相手がいる。カウンセラーからの連絡にもすぐに返事

なぜスピード感が大切かというと、共通して言えることはこれらが遅れるとお相手のあなたに対する気持ちが下がり、あなたの活動にとってプラスにならないためです。

それでは順番に説明していきます。


お相手からお見合いの申し込みがあったら、すぐに返事(OK返事、NG返事)

あなたがお相手の立場になった時、申し込んだお見合いに対して、2、3日でお返事を返してもらうのと、10日間の回答期限のギリギリで返事があるのでは、どちらが嬉しいですか?

きっと2、3日でお返事がある方が嬉しいと思います。

これはOK返事であっても、NG返事であっても同じです。

すぐにOK返事があれば、

『自分と前向きにお見合いをしたいと思ってくれているかも!』

と思えますが、10日間ギリギリでOK返事があったら、

『OK返事はもらえたけど、すごく悩んだのかな・・』

と思うかもしれません。

また、お見合いに申し込み中でも次の方に申し込むのは構わないのですが、今申し込んでいる異性が仮に20人位いて、どなたからも返事がないと、

『もしかしたら10日ギリギリのタイミングでOK返事があるかもしれない』

と思い、心理的に次の申し込みをしにくいということはあります。

ですので早めに返事をもらえた方が助かるはずです。

NG返事でも同じです。

すぐにNG返事があると、若干凹むかもしれませんが、早く気持ちを切り替えて次に進めます。

一方、10日間ギリギリでNG返事が来た場合、

『NGなら、さっさと返事してよ!』

と感じるかもしれません。

あなたがこう感じるとすれば、お相手も同じように感じるはずです。

ただ、複数のお見合いに申し込まれていたり、あるいは自分の申し込んでいる異性からの返事待ちであったりすると、それらの兼ね合いを考えながらお返事を出すことになるので、相対的に返事は遅れ気味になります。

それでも、

『この人は明らかにない』

という人には早めにNG返事をするべきですし、10人位から申し込まれているのであれば、まずは早めに5名位にNG返事をしたり、絶対にお見合いしたいと思う1名には早い段階でOK返事をするくらいはできると思います。

できるところから、早めにお返事をしていきましょう。


お見合い日程調整では、希望日時をすぐに提示

これについては多忙な人は日程提示が遅くなる傾向があります。

多忙な理由は仕事である場合もありますが、お見合いを組み過ぎて多忙な場合も多々あると思います。

お見合いの組み過ぎは良くないことはこれまでも何度もブログでお伝えしていますが、せっかくお見合いが成立しているのに、いつまでも希望日時の提示がなかったり、自分が出した希望日時に対して、いつまでも返事がないと『早く返事してよ』と誰もが思います。

自分の希望日時を早く伝えることでお相手は助かります。

そうするとあなたに対して、良い印象を持ってくれるかもしれませんし、少なくとも悪い印象は持たれません。

逆に希望日時の提示がいつまでもないと、確実に印象を悪くします。

スケジュールには余裕を持ってお見合いを組み、早めに希望日時を提示しましょう。


お見合い後、結果をすぐに入力(交際希望、お断り)

お見合いを実施後は、基本はその日のうち、遅くとも翌日の13時までに所属の相談所にお見合い結果を報告(結果の入力)するのがルール&マナーとなっています。

これもお相手の立場になるとわかると思うのですが、仮に

『お相手はあなたと交際に進みたい』
『あなたもお相手と交際に進みたい』

と思っていて、お互いにまだお見合い結果を入力していないとします。

お相手はあなたからの交際希望の連絡がすぐに届けば

『お相手(あなた)も交際に進みたいと思ってくれているんだ♪』
『それなら早く自分も交際希望を出そう!』

と思うはずです。

一方であなたからの交際希望の連絡がいつまでも届かなかったら

『お見合いの翌日になっても連絡が届かないということは、お相手(あなた)はきっとお断りに違いない』
『自分は交際に進みたかったが、脈もなさそうだから、お断りにするか・・』

となるかもしれません。

非常にもったいないですね。

また、お相手がそもそも交際希望かお断りかを迷っていた場合は、あなたからの交際希望の連絡が届く間に、お断りのお返事を入力してしまうかもしれません。

お見合いの結果、お断りの場合もなるべく早めにお願いします。

翌日の遅い時間にお断りの連絡が入ると、お相手が期待して待っていた場合、どっと疲れます。

『お断りなら早く返事して!』

と思われてもしかたありません。


交際成立後、すぐにファーストコールの電話をする

交際成立後は、一両日中に男性からファーストコールのお電話をするのがルール&マナーです。

女性も男性からの着信があったら、早めに折り返します。

これも交際が成立し、連絡先が開示されたら、できればその日のうちにお電話しましょう。

翌日になると、女性のテンションがダダ下がりになっていることがよくあります。

男性もお仕事があるので遅くなることもあると思いますが、残業時間中に5分でもいいので時間を作って電話したり、あるいは残業中に抜け出せないお仕事なら、仕事が終わったらすぐにお電話してください。

ギリギリ22時くらいまでであれば大丈夫だと思います。

女性にもよりますが、男性のあなたが

『もう21時過ぎだし、遅い時間は失礼だから明日にしよう』

と考えていても、女性はあなたからのファーストコールのお電話を今か今かと待っているかもしれません。

さすがに23時、24時は遅いと思いますが、先ほどもお伝えした通り、22時くらいまでであればギリギリOKだと思うので、それまでに電話ができるようにしていただけたらと思います。


交際成立後、1週間以内に初回デート

交際成立後初回デートまで間が空いてしまうと、その後、お相手が別の異性とお見合いして交際に進み、初回デートを済ませてしまっていたりする場合もあります。

するとあなたと初回デートをすること自体が面倒になってきたりします。

また、初回デートまで2週間、3週間も空いて、LINEでのやり取りもほとんどしていないと、せっかくお見合いで楽しい時間が過ごせていたとしても、その記憶も薄れてしまい、また一からよそよそしい感じでデートをしないといけません。

でも、初回デートがお見合いの1週間以内であれば、記憶も鮮明で気持ちが盛り上がったままの状態で初回デートができるので、お見合いの時とはまた違う話で盛り上がることができるでしょう。


カウンセラーの向こうにはお相手がいる。カウンセラーからの連絡にもすぐに返事

こちらはお見合いの日程調整からプレ交際、真剣交際に至るまで、全ての期間で共通して言えることですが、カウンセラーから何か連絡がある場合、それは先方から聞かれていることの確認である場合が多々あります。

するとカウンセラーからの連絡や質問に遅れるということは、お相手への返事が遅れているということにも繋がります。

私は、結婚相談所であっても恋愛感情は大切だと思うので、それをぶち壊してしまうようなつまびらかな質問はしないように心掛けています。

なので、オブラートに包んで質問したり、あくまで『カウンセラーの私があなたの気持ちを知りたい』という感じで聞きますが、実はそうではない場合もあります。

ですので、カウンセラーからの連絡、質問に対しても、お相手からのLINEと同様にスピーディーに返信することが大切です。


まとめ

いかがでしたか?

私は会員さんには入会前後やその時々で、スピード感が大切なことは伝えていますが、実際に行動を伴わせるのは難しかったりします。

特に多いのが、どのように返事を返そうか迷っていて、返事が遅れるケースです。

返事が遅れている間もあなたは色々と考えているのかもしれませんが、相手にはそれは伝わらず、不安にさせているだけです。

例えば、プレ交際相手からデートに誘われたものの、その日程は調整中のお見合いがあり、すぐにお返事ができない場合は、

『その日は別の予定(友人と会う約束でも仕事でも適当な理由)の調整中なので3日後にまた状況をご連絡します!』

と伝えておけば、3日間は相手はモヤモヤしながら待つ必要はありません。

また単純な日程調整の話ではなく、お相手との交際自体をどうしようか迷っていて返事が遅れるケースもありますが、交際中はしっかりと遅れずにやり取りをしてください。

それができないのであれば、早めに交際終了です。

交際中にも関わらず、連絡を途切れさせる、あるいは一週間も返事を返さないのは最悪です。

難しい判断の時もありますが、交際人数を絞って1人1人に誠実に向き合うことで、早めのお返事ができると思います。

結婚相談所での全ての場面で、スピード感のある対応ができれば、お相手からの印象も上がり、成婚もグッと近づきます。

これが実践できるよう、頑張ってください。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,600円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートについて

210608couple.jpg


★IBJ加盟店2800社中わずか10社のみ!『コンシェルジュが選ぶ特別賞』受賞@IBJ AWARD 2021

★成婚率83.3%!確かな実績に基づく安心のサポート
※2020年12月~2021年5月実績

★20代、30代会員比率94.1%!若い婚活者のサポートに特化した結婚相談所 
※2021年9月時点

★1ヶ月間100%返金保証。入会金、登録料、月会費、お見合い料を100%ご返金

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@IBJ日本結婚相談所連盟婚活カウンセラーブログ(最高位)

★IBJ日本結婚相談所連盟(東証一部)で、新規開業者向けのセミナー講師を務めています

★ご成婚者様の声、お客様の声、絶賛掲載中!

◎ご成婚者様の声 こちらからどうぞ
◎お客様の声   こちらからどうぞ

★無料カウンセリング予約、オンライン相談予約、お問合せはこちらからどうぞ♪

◎男性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎女性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎オンライン相談予約     こちらからどうぞ
◎お問合せ          こちらからどうぞ

Vol.344 結婚相談所のカウンセラーに相談するメリットって何!?

210928.jpg


はじめまして!

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです(^-^)

今日は「Vol.344 結婚相談所のカウンセラーに相談するメリットって何!?」といったテーマでお話ししたいと思います。

結婚相談所のカウンセラーに相談するメリット、色々とあろうかと思いますが、結論からお伝えすると、

◎疑問が一発で解消すること

です。

更に言うと、会員さんが抱えている疑問や悩みの多くは、そもそも悩む必要がない問題であることが多いです。

一番多い疑問は

『今、申し込んでいる人からお返事がないのに、次の人に申し込んだらダメですよね?』

というもの。

本当にこの質問はよく受けます。

正解をお伝えすると、次の人に申し込んで全然OKです。

もちろん、OK返事が来た場合、お見合いができるスケジュールの余裕があることが前提ではありますが、まだお見合いが1件も成立していないような状況であれば、問題ないでしょう。

会員さんは皆さん遠慮がちの人が多く、

『こんなこと聞いてもいいのか・・』

と思う人も多々いるのですが、そうやって悩んでいる時間がもったいないです。

ましてや、自分で勝手に

『次の人に申し込みたいけど、ルール的に申し込めない』

などと悩んでいるあなた!

そんなルールどこにもありません!

そういった思い込みで悩んで、メンタルをすり減らす前にすぐにカウンセラーに聞いてください。

1秒で解決します。

他に多い質問としては

『自分から申し込んだお見合いなので、お見合い実施後、お断りするのって良くないですよね?』

⇒良くないなんてことはない!お見合いしてイヤだったら、普通にお断り!

『初回デートをして会話のトーンがどうも噛み合わず、食事マナーでも違和感を覚えたんですが、まだ交際終了しない方がいいですよね?』

⇒それは波長、フィーリングが合っていないってこと!今それだけ合わないなら、今後も会話のトーンが噛み合ってくることはない!初回デートが終わっているなら、すぐに交際終了でOK!

といった感じです。

上記をご覧いただければ、会員さんが抱えている多くの悩みは、相談すればすぐ解決することがわかります。

私が心配していることは、悩む必要もないことで悩んで、婚活のモチベーションが下がっていくことです。

もちろん、お見合いをして最初から『ビビビと来ない』、『好きという感情が沸かない』からと言ってバシバシお断りするのは問題です。

最初からビビビと来ることなんて、まずあり得ません。

ビビビとは来なかったけど、特に嫌なところはなかったので3回、4回と会っているうちに、お相手の良い面に気付き相手に惹かれることはよくあります。

職場や学校などでの自然な出会いでも同じですよね。

ただ、決定的に合わないと思う部分があるなら、無理して進む必要は全くありません。

そういう人と一緒に過ごす時間はあなたのエネルギーを奪うだけなので、早めに交際終了して次の人と会いましょう。

結婚するお相手とは波長が合っているもので、波長が合っている人とは努力して相手に合わせる必要もありません。

話は今日のテーマに戻りますが、カウンセラーに相談することの1番のメリットは疑問がすぐに解消することです。

あなたは1人ではないので、自分で抱え込んで思い悩む前に相談しましょう。

疑問が解消し、良い方向に進むはずです。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,600円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートについて

210608couple.jpg


★IBJ加盟店2800社中わずか10社のみ!『コンシェルジュが選ぶ特別賞』受賞@IBJ AWARD 2021

★成婚率83.3%!確かな実績に基づく安心のサポート
※2020年12月~2021年5月実績

★20代、30代会員比率81.9%!若い婚活者のサポートに特化した結婚相談所 
※2021年5月時点

★1ヶ月間100%返金保証。入会金、登録料、月会費、お見合い料を100%ご返金

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@IBJ日本結婚相談所連盟婚活カウンセラーブログ(最高位)

★IBJ日本結婚相談所連盟(東証一部)で、新規開業者向けのセミナー講師を務めています

★ご成婚者様の声、お客様の声、絶賛掲載中!

◎ご成婚者様の声 こちらからどうぞ
◎お客様の声   こちらからどうぞ

★無料カウンセリング予約、オンライン相談予約、お問合せはこちらからどうぞ♪

◎男性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎女性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎オンライン相談予約     こちらからどうぞ
◎お問合せ          こちらからどうぞ

Vol.325 お見合い件数はお相手に薄々気付かれている件

210715.jpg


はじめまして!

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです(^-^)

今日は「Vol.325 お見合い件数はお相手に薄々気付かれている件」といったテーマでお話ししたいと思います。

最初に本題から少し外れる話ですが、大変ありがたいことに6月末からプロスペクティブスタートへの無料カウンセリングのご予約が急増していて、ここのところだいぶバタバタしていました。

年に何回かご予約が集中する時があって、今がまさにそのタイミング。

昨日の妻のブログでは、旦那は『無料カウンセリングがお祭り状態でして、隣りで湯気出しながら泡を吹いています』と言われていましたが、何とか生きています。。

そして、これは自分でも驚きなのですが、6月末以降の無料カウンセリングを受けていただいた方が、全員ご入会を決めていただきました!

いくつかの結婚相談所で比較検討されていた方も何名かいらっしゃった中、全員が

『是非ご入会したいです!』

と仰ってくれたことは大変嬉しかったです!

ということで、これからご入会手続きや、初回面談などで慌ただしくなるのですが、皆さんのことをしっかりとサポートし、ご成婚まで導きたいと思います。

ただ、今は少し無料カウンセリングのご予約は落ち着いて、こうしてブログも書けています(笑)

ですので、まだまだご予約に空きはありますので、少しでも気になったら、お気軽に無料カウンセリングにお越しくださいね(^^♪

◎男性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎女性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ


さて、前置きが長くなりましたが、本題に戻ります。

『お見合い件数はお相手に薄々気付かれている件』

なんだか、少し怖いタイトルですね。。

毎月のお見合い件数は、なるべくたくさんの方にお会いしたいという気持ちはよーくわかるのですが、私はあまり詰め込み過ぎないことを会員さんにはお勧めしています。

このブログでもこれまで何度も伝えてきましたが、IBJのご成婚者のお見合いの件数は、男女ともに10件程度です。

これは1ヶ月のお見合い回数ではなくて、プロフィール公開からご成婚退会までのトータルの回数です。

半年から1年程度でご成婚される多く、月に1回程度のお見合い件数となります。

これを読んで、

『そんなに少ないの?』

と思う方も多いと思いますが、これが実際の数値です。

ただし、成婚者も毎月1回コンスタントにお見合いをしている訳ではありません。

プロフィール公開をして最初の1~2ヶ月は、1ヶ月あたり3、4件程度のお見合いをすることもあります。

ただし、そこで交際に進んだら、お見合いをストップするので、平均的には月1回程度となる訳です。

では、お見合いをたくさんやることはいけないことなのでしょうか?

決していけない訳ではありません。

スケジュールに十分余裕があるようなら、月5回でも10回でも良いのかもしれません。

ただし『スケジュールに十分余裕がある』というのが大前提です。

これはどういうことかというと、スケジュールに余裕がないのにも関わらず、お見合いをどんどん組んでしまうと、お相手との日程調整が困難になるためです。

お見合いの日程調整では、まず

『申し込みを受けた側』

が第三希望までの日程を提示するのが基本の流れというか、ルールです。

例えばですが、

・7月17日(土)10時~12時
・7月18日(日)終日
・7月21日(水)18時以降

といった感じです。

上記のようにしっかりと第三希望まで出せれば良いのですが、お見合いを組み過ぎていて、提示できる日程がないと第二希望まで、あるいは第一希望だけなど、お相手からすると

『ちゃんと第三希望まで出してくださいよ』

と思われるような提示方法になります。

この時点でお相手は若干テンションが下がります。

更に良くないのが、

『申し訳ありませんが、希望日時をいくつかいただけますでしょうか?』

といった形で、申し受け側が日程提示をするルールにも関わらず、お相手に日程を出すようお願いしてくる方がいます。

これはお願いされた側は、まあまあイライラしますよね。

『え?提示できる日程がないのにお見合い受けたの?』

と思われても無理もありません。

私もたまにこういうお願いを先方相談所経由で受けることがありますが、正直少しモヤモヤします。

そして自社会員さんには『申し訳ないなぁ』と思いながら、提示できる希望日時があるか確認する訳です。

おそらくなのですが、こうやって申し受け側にも関わらず、お見合いの希望日時を提示できない方は、お見合いの組み過ぎであったり、交際人数が多過ぎるのだと思います。

傾向としては、往々にしてハイスペックな方、モテそうな方が多いです。

先日、当相談所の女性会員さんと、お相手男性の日程調整でこんな流れがありました。

①お相手男性が申し受け側にも関わらず、日程を提示せず、こちらに日程提示を求める。
②女性会員さんの提示日でお見合いが決まる。
③お見合い当日、男性の体調不良でお見合いが延期となる。
④体調が回復したので、当相談所の女性会員さんの希望日時を教えてほしいと連絡が来る。
⑤お相手男性から今まで一度も日程を提示してもらっていないので、まずは希望日時を出してほしいと当相談所より先方相談所に伝える。
⑥10日後(遅すぎる!!!)、『○月○日夕方頃』なら調整できる可能性があると連絡が入る。
※佐藤心の声『調整できる可能性って何?ちゃんと空いている日時を出してもらえませんか?』
⑦仕方ないので、『○月○日夕方頃』が女性会員さんの日程が空いているか確認したところ空いておらず、代わりに女性会員さんから別日程を2つ提示いただき、先方相談所に伝える。
⑧先方相談所より、いずれの日程も都合が悪いので、改めて他の日程を複数提示してほしいと連絡が入る。
⑨さすがにこれは酷過ぎると思い、先方相談所にこれまでの経緯(男性側からは、一度としてしっかりとした日程提示がないこと)を説明し、お相手男性の予定が確実に空いている日程を、複数提示するように求める。
⑩ようやくここで初めて第三希望までの日程が提示され、お見合い日が決まる。


あなたはこの流れをご覧になって、どう思われましたか?

おそらくですが、この男性はお見合いの組み過ぎか、交際相手が多過ぎるのだと思います。

もしかすると仕事が忙しいのかもしれません。

いずれの理由にせよ、うちの女性会員さんはこのお見合いの日程調整でかなり疲れていました。

このお相手男性が、実際に何件のお見合いを組んでいたのかはわかりません。

しかし、お相手(今回は当相談所の女性会員さん)を振り回してしまったのは確かです。

ですので、スケジュールに十分余裕がないのにお見合いを組み過ぎるとこういう事態になり、お相手のテンションはお見合い前からダダ下がりになります。

余談ですが、先日、当相談所の男性会員さんが、お相手の女性への日程提示で第4希望まで希望日を出しました。

この時点でも十分なのですが、しかも4つ全ての日程が『終日OK』という素晴らしさ!

そしてその日のうちにお相手女性からもお返事があり、即日でお見合い日程が確定。

こういう日程調整だとお互いストレスもなく、お相手に良い印象を与えられると思います。

なぜ彼がこういった日程提示ができたかいうと、答えは単純、このタイミングで日程調整をやっていたのは、1件だけだったから(笑)

無理しないのが一番ということです。

お見合い件数が多かろうと少なかろうと、直接的にはお相手に知られることはありませんが、うちの女性会員さんとお見合いを組んだお相手男性のように、日程提示ができない、滞るという形で、お相手は薄々気付いている場合は多々あります。

また、お見合いを組み過ぎていることが何となくお相手に伝わってしまう例としては、

◆1日に複数件のお見合いを組んでしまったことで、移動時間に余裕がなくお見合いに遅刻する
◆遅刻まではしなくても、時間に余裕がなく到着し、バタバタとした印象を与えてしまう
◆お相手のプロフィールをしっかりと読み込めていない

などがあります。

これらもお見合いの件数が適正で、詰め込み過ぎていなければ、全て避けられることです。

逆説的な感じになりますが、運命のお相手と早く出会いたいのであれば、お見合いの件数を増やすのではなく、1件1件余裕を持って実施できる回数に抑えることです。

でないと、運命のお相手と出会えていても、数多くのお見合いの中に埋もれてしまい、見過ごしてしまう可能性があります。

結婚相談所で婚活する際の参考にしていただけたらと思います。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,600円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートについて

210608couple.jpg


★ご成婚者様の声、お客様の声、絶賛掲載中!

◎ご成婚者様の声 こちらからどうぞ
◎お客様の声   こちらからどうぞ

★無料カウンセリング予約、オンライン相談予約、お問合せはこちらからどうぞ♪

◎男性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎女性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎オンライン相談予約     こちらからどうぞ
◎お問合せ          こちらからどうぞ

★成婚率83.3%!確かな実績に基づく安心のサポート
※2020年12月~2021年5月実績

★20代、30代会員比率81.9%!若い婚活者のサポートに特化した結婚相談所 
※2021年5月時点

★1ヶ月間100%返金保証。入会金、登録料、月会費、お見合い料を100%ご返金

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@IBJ日本結婚相談所連盟婚活カウンセラーブログ(最高位)

★IBJ加盟店2800社中わずか10社のみ!『コンシェルジュが選ぶ特別賞』受賞@IBJ AWARD 2021

★IBJ日本結婚相談所連盟(東証一部)で、新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.322 お見合いで【沈黙になった時】のとっておきの対処法

210705.jpg


はじめまして!

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです(^-^)

今日は「Vol.322 お見合いで【沈黙になった時】のとっておきの対処法」といったテーマでお話ししたいと思います。

今回のブログは前回ブログ「Vol.321 お見合いで【話題に困った時】のとっておきの対処法」の続編となります。

前回ブログでは話題に困った時に、どのように会話を進めるかという視点で

『クローズド・クエスチョン』
『オープン・クエスチョン』

といった質問のバリエーションについてご説明しました。

今回は、さらにその延長線上の対策方法に加えて、全く異なる視点の対策もお伝えしますので、楽しみにしていてください。

まずは、延長線上の対策方法について。

沈黙になり、とっさに気の利いた質問はできない場合に備えて、予めたくさんの質問を用意しておきたいところですが、それにも限界があります。

そういった時のために、どんな話題でも使える、汎用性の高い質問をいくつか覚えておくと良いでしょう。

例えばですが、

◎始めたきっかけは?
◎楽しいところは?
◎大変なところは?

といった質問は、お仕事の話でも、学生時代の部活の話でも、趣味の話でも応用の利く質問です。

また、お相手が答えてくれた内容に対して、

◎例えばどういったところ?
◎具体的にはどんな感じ?
◎そもそもどうして?
◎他には?

といった質問を織り交ぜることで、会話が展開していきます。

是非色々と試してみて、自分に合った方法を見つけていってください♪

ただそれでも、どうしても沈黙になってしまうことはあります。

そういう時は、視点を180度変えてみましょう。

どういうことかというと、『沈黙になったことを認めてしまう』のです。

つまり、会話が止まった時に、

『沈黙になっちゃいましたね!』
『シーンとなっちゃいましたね!』

とその場の状況を、明るく笑顔で口に出してしまうということです。

実は、このアイデアの発案者は私の妻です(笑)

妻は沈黙になったら、それを面白おかしく話題にすると言っていました。

ただ、面白おかしく話題にするスキルは誰にでも備わっている訳ではないので、面白くなくても構わないので、とりあえず

『沈黙になっちゃいましたね!』

と言いましょう。

また、沈黙の時はお互い『気まずいなぁ』と思っており、まさにその瞬間は、沈黙こそが二人のタイムリーな共通の話題です。

それなら、二人で沈黙について語り合おうではありませんか!(笑)

『沈黙の時に感じる気まずさ』

について話してもいいですし、

『私はとっさに言葉が出なくて焦ってしまい、頭が真っ白になります』

と正直に伝えたら、

『わかります!私もです!』

と、まさかの沈黙の話題で盛り上がるかもしれません!

是非、沈黙をもネタにしていただき、お見合いで楽しい1時間を過ごしていただけたらと思います(^^♪


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,600円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートについて

210608couple.jpg


★ご成婚者様の声、お客様の声、絶賛掲載中!

◎ご成婚者様の声 こちらからどうぞ
◎お客様の声   こちらからどうぞ

★無料カウンセリング予約、オンライン相談予約、お問合せはこちらからどうぞ♪

◎男性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎女性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎オンライン相談予約     こちらからどうぞ
◎お問合せ          こちらからどうぞ

★成婚率83.3%!確かな実績に基づく安心のサポート
※2020年12月~2021年5月実績

★20代、30代会員比率81.9%!若い婚活者のサポートに特化した結婚相談所 
※2021年5月時点

★1ヶ月間100%返金保証。入会金、登録料、月会費、お見合い料を100%ご返金

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@IBJ日本結婚相談所連盟婚活カウンセラーブログ(最高位)

★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★IBJ日本結婚相談所連盟(東証一部)で、新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.321 お見合いで【話題に困った時】のとっておきの対処法

210628.jpg


20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです(^-^)

今日は「Vol.321 お見合いで【話題に困った時】のとっておきの対処法」といったテーマでお話ししたいと思います。

先日、ある20代女性会員Oさんとの面談で、

『お見合いで1時間会話を続けるのが難しい』
『沈黙になった時、瞬時に言葉が出ない』

という悩みを伺いました。

この悩み、おそらくほとんどの婚活者が一度は感じる悩みかと思います。

結婚相談所でのお見合いでは、初対面の異性と1時間(オンラインだと40分)程度、お話をしないといけません。

もちろん、お互いプロフィールは事前に確認しているので、ある程度の情報は分かっています。

プロフィールに書かれた内容を踏まえて会話を広げていくのですが、途中で用意していた質問が終わってしまったり、質問をしても一問一答の面接のようになってしまい、会話が盛り上がらないケースはよくあることです。

Oさんも正にそうで、
『質問をお互いしているが、面接みたいになってしまう』
『同じ話がループしてしまうこともある』

といった課題がありました。

ではあなたならこういった課題、どのように対処しますか?

まず『質問をお互いしているが、面接みたいになってしまう』についてですが、これは質問の内容が、『はい/いいえ』で答えられる質問であったり、特定の単語を言えば終わる質問になっている可能性があります。

例えばですが、

『お休みは土日ですか?』⇒『そうです』(はい/いいえ)
『好きな芸能人は誰ですか?』⇒『向井理です』(特定の単語)
『高校の時は部活はやっていましたか?』⇒『やっていました』(はい/いいえ)
『部活は何部だったんですか?』⇒『野球部でした』(特定の単語)

といった具合です。

このような質問のことを『クローズド・クエスチョン』と言います。

『閉じられた質問』という意味です。

決してこのような質問をしたらいけない訳ではないのですが、このような質問だけだと、やはり面接のような雰囲気になってしまいます。

親しい友人との会話であれば、このような質問をしても

『野球部だったんだけど、ピッチャーをやっていたんだ!高校3年生の時は県大会で準決勝まで行って、こう見えて結構強かったんだよね(笑)甲子園に行けなかったのが悔しかったけど、部活の雰囲気はすごく良くて~~~』

といった感じで、色々と話をしてくれるでしょう。

ただ初対面の人が相手だと、話す方も心理的なブレーキが掛かります。

『いきなり自分から色々と話始めたら引かれるのではないか』
『相手にたくさん話してもらうために、自分のことはあまり話さないようにしよう』

と思っても無理はありません。

ですので、お相手に

『あなたのことに興味を持っています』
『あなたのお話を聞かせてください』

というメッセージを送るためにも、クローズド・クエスチョンだけではなく、徐々にオープン・クエスチョンを取り入れていく必要があります。

『オープン・クエスチョン』とは、相手が自由に答えられるような質問の仕方になります。

先ほどのクローズド・クエスチョンの例を応用すると

『お休みの日はどんなことをして過ごしているんですか?』
『向井理のどんなところがお好きなんですか?』
『野球を始めたきっかけはなんだったですか?』
『高校3年間での野球部での出来事で、どんなこと思い出に残っていますか?』

といった感じになります。

こういった質問であれば、ある程度相手が自由に話してくれ、会話が広がります。

ただ、こういった質問をしても

『(向井理の)顔です』とか

『(野球を始めたきっかけは)兄がやっていたからです』

とか、あまり会話が続かないかもしれません。

そうしたら、

『顔めちゃくちゃカッコいいですよね!向井理の好きな主演ドラマとかあるんですか?』とか

『お兄さんもやられていたんですね!お兄さんとは仲が良いんですか?』

とか質問をしながら、会話を広げて行きましょう。

お相手も何度かこうやって聞かれているうちに

『自分に興味を持ってくれているんだ』
『自分のことを積極的に話してもいいんだ』

と思ってくるので、そうしたら徐々に会話が盛り上がってくるはずです。

このようにクローズド・クエスチョンから会話をスタートして、徐々にオープン・クエスチョンに切り替えていくのが、会話が上手く盛り上がるコツです。

ただし、このように質問をしていても、全く会話が盛り上がらない場合もあります。

その場合はどちらが悪い訳ではなくて『たまたま波長が合わなかった』、『ご縁がなかった』と考えましょう。

お互い1時間がどうしても厳しいようでしたら、少し早めに切り上げても良いと思います。

では次に、

『同じ話がループしてしまうこともある』

時の対処法です。

これは結論から言うと、同じ話がループしてしまっても構いません。

話題がなくなってしまったと感じたら、むしろ、少し前にしていた話題に戻って、その話題を更に掘り下げるという方法があります。

先ほどの例で言うと、野球部の話をしていて『始めたきっかけ』や『思い出』については聞いていました。

それなら次は『野球の面白いと思うところ』を聞いてもいいし、『一番大変だったこと』や『顧問の先生はどんな先生だったのか』といった質問をしてもいい。

こういった質問をすれば、先ほどと同じ野球部のことを話題にしていても、別のテーマについてなので、全く同じ話にしている感じにはなりませんよね?

こういった感じで話を広げる練習をすることで、1時間程度の会話が続くようになります。

しかし、それでも沈黙になってしまった場合はどうするか?

こちらについては、次回のブログでじっくりとご説明します!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,600円~!癒しの料金プランはこちら♪

【男性限定】6月入会金無料キャンペーン![先着3名様まで]


プロスペクティブスタートについて

210608couple.jpg


★ご成婚者様の声、お客様の声、絶賛掲載中!

◎ご成婚者様の声 こちらからどうぞ
◎お客様の声   こちらからどうぞ

★無料カウンセリング予約、オンライン相談予約、お問合せはこちらからどうぞ♪

◎男性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎女性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎オンライン相談予約     こちらからどうぞ
◎お問合せ          こちらからどうぞ

★成婚率83.3%!確かな実績に基づく安心のサポート
※2020年12月~2021年5月実績

★20代、30代会員比率81.9%!若い婚活者のサポートに特化した結婚相談所 
※2021年5月時点

★1ヶ月間100%返金保証。入会金、登録料、月会費、お見合い料を100%ご返金

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@IBJ日本結婚相談所連盟婚活カウンセラーブログ(最高位)

★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★IBJ日本結婚相談所連盟(東証一部)で、新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.318 お見合いや初回デートでは、どこまで突っ込んだ話をしても良い?

210618.jpg


はじめまして!

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです(^-^)

今日は「Vol.318 お見合いや初回デートでは、どこまで突っ込んだ話をしても良い?」といったテーマでお話ししたいと思います。

先日、40代前半の女性会員さんより、

『お見合いの時点でも交際に進んで良いものか迷ったことも事実であります。なかなかあの場では突っ込んだことも聞けないし、どうしたら良いものかと悩みました』

『初回デートでもどのくらい聞いて良いものかも悩むところではあります』

といった相談がありました。

あなたは、お見合い、初回デートではどこまで突っ込んだ話をしても良いと思いますか?

『もし結婚したら、お互いのお仕事はどうするか?』
『二人の職場を考えると、どこに住むか?』
『転職は難しいため、私の今住んでいるところに引っ越してもらえるか?』
『結婚式はやりたい?やりたくない?』
『子供は何人くらいほしいか?』

どこまでなら聞いても良いでしょうか?

結論を言うと、お見合い、初回デートでは突っ込んだ話は何もしないで構いません。

『え?でも結婚相談所の交際期間って3ヶ月って聞いたことあるんですけど、最初から突っ込んだ話をしないと、3ヶ月で成婚退会できないんじゃないですか?』

と思うかもしれません。

確かに3ヶ月という交際期間が、『早く確認しないと』という気持ちにさせるのでしょうが、一方で、信頼関係を構築する前に、突っ込んだ話をしても逆効果になるだけです。

もう1つ質問です。

あなたはお見合い、初回デートの目的はどういったことだと思いますか?

お相手の考え方や情報をなるべく多く確認することでしょうか?

私はそうではないと思います。

お見合い、初回デートでの目的は

『楽しい時間を共有すること』

だと思います。

そして、楽しい時間を共有することで、

『深い話(突っ込んだ話)ができる信頼関係』

を構築することができます。

ですので3ヶ月という交際期間はありますが、一歩一歩焦らずに手順を踏んで交際を進めることが、結果としてスムーズに交際を進めるカギとなります。

では、お見合い、初回デートでは、楽しい時間を過ごすために、何を話せば良いのでしょうか?

それは他愛もない内容です。

他愛もない内容とは、

◎最近の天気のこと
◎一緒に入ったお店のこと、料理のこと
◎学生時代に頑張っていたこと
◎現在のお仕事のこと(深刻にならないように)
◎趣味のこと、好きなこと
◎休みの日の過ごし方

などです。

こういった話をして、一緒にいて楽しいと思えれば、より深い話をできる土台ができます。

ごく稀に、初回デートからかなり突っ込んだ話をして、スピード成婚されるカップルもいますが、そういったカップルはお見合いの時から十分盛り上がっていて、交際成立後は毎日LINEをしたり、あるいは電話をしたりしていて、初回デートまでに十分に関係性を構築できています。

傍から見ると

『1、2ヶ月で成婚退会なんて、ちゃんと話し合えているのか?』

と思うかもしれませんが、スピード成婚されるカップルは、短期間のうちに、他のカップルが半年掛けて話し合うことの2倍も3倍も話し合いを行っている印象です。

そして、手順をすっ飛ばさずに丁寧に進めています。

仕事に例えると、超高速でPDCAをしっかりと回しているということです。

あなたも『なかなかお相手に聞きたいことを聞けない』と思ったら、基本に立ち返り、信頼関係の構築から進めていただけたらと思います。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,600円~!癒しの料金プランはこちら♪

【男性限定】6月入会金無料キャンペーン![先着3名様まで]


プロスペクティブスタートについて

210608couple.jpg


★ご成婚者様の声、お客様の声、絶賛掲載中!

◎ご成婚者様の声 こちらからどうぞ
◎お客様の声   こちらからどうぞ

★無料カウンセリング予約、オンライン相談予約、お問合せはこちらからどうぞ♪

◎男性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎女性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎オンライン相談予約     こちらからどうぞ
◎お問合せ          こちらからどうぞ

★成婚率83.3%!確かな実績に基づく安心のサポート
※2020年12月~2021年5月実績

★20代、30代会員比率81.9%!若い婚活者のサポートに特化した結婚相談所 
※2021年5月時点

★1ヶ月間100%返金保証。入会金、登録料、月会費、お見合い料を100%ご返金

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@IBJ日本結婚相談所連盟婚活カウンセラーブログ(最高位)

★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★IBJ日本結婚相談所連盟(東証一部)で、新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.314 30代後半女性、お見合いをストップした直後に流れが変わり、ご成婚を引き寄せた♡

210602-2.jpg


はじめまして!

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです(^^♪

今日は「Vol.314 30代後半女性、お見合いをストップした直後に流れが変わり、ご成婚を引き寄せた♡」といったテーマでお話ししたいと思います。

今日ご紹介する女性会員Hさんがご入会され、プロフィール公開したのは今年の2月上旬で、5月下旬のご成婚。

活動期間4ヶ月でのご成婚退会でした。

交際相手をお一人の男性に絞ってからは、運転が得意な彼女が車を出してドライブに出掛けたり、ご成婚後の新婚生活を見据えて家電や家具を見に行ったりしていて、実に順調に交際が進んでいきました。

ただ、彼女の活動が最初から順風満帆だったかというと、そうではありません。

というか、彼女に限らず、これまでご成婚退会されていったどの会員さんにも、活動の過程で、山あり谷ありは当たり前。

◎真剣交際に進んだと思ったら、お相手女性がマリッジブルーになり、真剣交際3回目のデート後に交際終了を告げられ、失意の中、一からお見合いをやり直して成婚退会までいった男性会員さん

◎スキンシップが苦手なのに、プレ交際中のお相手男性のハグを受け入れてしまい、私たちにどうしたら良いのかを相談された女性会員さん(その後別の男性とご成婚)

◎交際相手の女性が太っている(客観的に見ると全く太っていないのですが)ことをどうしても受け入れられず、カウンセラーへの事前相談なく、デート中に交際終了を告げたものの、女性から『それなら痩せるので真剣交際進んでください』と切り返され、お相手の自分に対する気持ちに心が動き、ご成婚された男性会員さん

◎真剣交際中のお相手男性が、お母様、お姉様の意見ばかりを聞いて自分に寄り添ってもらえず、業を煮やして真剣交際を終了し、その後、100%自分の味方になってくれる男性に出会って成婚退会された女性会員さん

などなど、数え上げたらきりがないほど、様々なドラマがあります。

今日ご紹介するHさんは、今、例を挙げさせて頂いた彼らのようなドラマはありませんでしたが、彼女の活動のネックだったのは、お見合いがたくさん組めていたこと。

『え?お見合いってたくさんすればするほど、理想の人、運命の人に出会える確率も増えるんじゃないですか!?』

と思われた方、いると思います。

確かにある程度のお見合いの回数は必要です。

でも、成婚退会する方のお見合い件数は、活動全期間を通して、だいたい10件前後。

5件程度で決まる方もたくさんいます。

お見合いは多ければ良いかというと、決してそうではなさそうということが、成婚者のデータからもわかります。

そして、Hさんがお見合いをしたかというと、プロフィール公開した2月に成立したお見合いが8件。

この時点で、成婚退会する人と同じくらいお見合いが組めていました。

このペースでお見合いを続けたら、3ヶ月もしないうちに息切れしてしまいますし、お見合い件数が多過ぎて、プレ交際に進んでも交際を深められないと感じました。

彼女とはプロフィール公開して1ヶ月程度経った頃、面談をして

『月のお見合いのペースを4件にする』

ということで、合意しました。

しかし、翌月3月のお見合い成立件数は、なんと11件。

さすがに多過ぎる・・・

お見合いをたくさんしたい気持ちはよくわかるのですが、先にも説明した通り、お見合いの予定で先にスケジュールが埋まってくると、プレ交際に進んだお相手とデートをする時間がなくなるんですよね。

そうすると結局、1ヶ月でデートが1、2回しかできなかったりして、交際が深まらず、交際終了となります。

結婚相談所に入った目的が『お見合いをすること』ならこれで良いのですが、皆さん『結婚すること』が目的で、結婚相談所に入っているはずです。

そのためには適切なお見合いの件数があり、また、プレ交際相手が1~3人程度できたら、

『これ以上、新しい異性には会わない』

と決めて、お見合いをストップする勇気も必要です。

逆の立場になって考えてみると分かりやすいと思いますが、プレ交際相手がいるにも関わらず、

『もっと素敵な異性に出会えるかもしれない』

と考え、ずーっとお見合いをしている異性と結婚したいと思いますか?

それよりもお見合いはそこそこの回数で切り上げて、交際相手との時間を大事にする異性に魅力を感じる人の方が多いと思います。

そして、自分も異性から結婚したいと思われるようになるには、やはりある程度の段階でお見合いをストップし、交際相手に集中した方がいい。

ある程度の段階というのは、成婚者のデータからは10件程度のお見合い件数と読み取れるということです。

Hさんはたったの2ヶ月で19件のお見合いが成立していて、正直、私は

『このままだと、成婚は難しい』
『きっと婚活が長期化する』

と思いました。

しかし4月に入って再度彼女と話し合い、とにかくお見合いを減らさないと、交際に進んでもデートが深まらないことを説明すると、この時点で成立していたお見合い以外、彼女はお見合いをすることはなくなりました。

そしてほどなく、プレ交際に進んでいた1人の男性とじっくりと向き合うようになりました。

それが、この度ご成婚されたお相手男性です。

もし4月以降も、彼女がお見合いをし続けていたとしたら、今回のお相手男性と向き合う時間が持てず、成婚退会はなかったかもしれません。

それくらい、交際相手の向き合う時間は大切です。

これからお見合いに申し込み、お会いできるかもわからない異性に期待を寄せるよりも、今、自分の目の前にいてくれるお相手異性に興味を持つことが、婚活が上手く進む1つのポイントだと思います。

話は少し逸れてしまいましたが、Hさんとお相手男性の交際中のことで、私がほっこりしたエピソードを最後にご紹介します♪

Hさんはドライブが好きで、いつもデートの時は彼女が車を出し、彼女が運転するのですが、お相手男性が車の運転の練習をしたかったようで、ある日のデートで、交互に運転したとのデート報告がありました。

また次のデートでは、車庫入れの練習をするとのことでした!

実は私はペーパードライバーなのですが、車の運転がほぼできないことについては婚活時代のコンプレックスで、ドライブが好きな女性のことを避けている部分もありました。

何故かというと、自分の弱みを見せたくなかったからです・・

でもHさんのお相手男性は、車の運転が苦手なことは脇に置いておき、彼女の好きなドライブに付き合ってくれ、かつ車庫入れの練習までお願いしてしまうというメンタルの強さ!

こうしてお相手男性は、Hさんの前で自分の弱みを見せられて、かつそれをHさんも気にせず受け入れている関係が、とっても素敵だと思いました。

ちなみに余談になりますが、プロスペクティブスタートは横浜市戸塚区の結婚相談所になりますが、Hさんもお相手男性も戸塚区民!

戸塚区民の戸塚区民による戸塚区民のための結婚相談所!(笑)

戸塚区民同士のご成婚は初めてでしたが、地域のために、ほんの少しだけ貢献できたような気がしました。

Hさんのご成婚お祝いランチ会は、6月半ば予定です(^^♪

その様子は、またブログでご紹介します!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,600円~!癒しの料金プランはこちら♪

【男性限定】6月入会金無料キャンペーン![先着3名様まで]


プロスペクティブスタートについて

210608couple.jpg


★ご成婚者様の声、お客様の声、絶賛掲載中!

◎ご成婚者様の声 こちらからどうぞ
◎お客様の声   こちらからどうぞ

★無料カウンセリング予約、オンライン相談予約、お問合せはこちらからどうぞ♪

◎男性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎女性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎オンライン相談予約     こちらからどうぞ
◎お問合せ          こちらからどうぞ

★成婚率83.3%!確かな実績に基づく安心のサポート
※2020年12月~2021年5月実績

★20代、30代会員比率81.9%!若い婚活者のサポートに特化した結婚相談所 
※2021年5月時点

★1ヶ月間100%返金保証。入会金、登録料、月会費、お見合い料を100%ご返金

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@IBJ日本結婚相談所連盟婚活カウンセラーブログ(最高位)

★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★IBJ日本結婚相談所連盟(東証一部)で、新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.303 お見合い調整で【お相手へ抜群の好感を与えられる人】がやっている行動

210421.jpg


はじめまして!

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです(^^♪

今日は「Vol.303 お見合い調整で【お相手へ抜群の好感を与えられる人】がやっている行動」といったテーマでお話ししたいと思います。

結婚相談所での婚活において、お見合いは、お相手異性とお会いする、最初のステップになります。

もちろん、お見合いが成立するには、

◎自分からお見合いに申し込んでお相手からOK返事をいただく
◎お相手からお見合いに申し込みをいただき、OK返事をする

といった過程があるので、お見合いの申し込み、申し込まれ(申受け)の段階から結婚相談所での婚活はスタートしていますが、実際にお話する(オンラインお見合いも含む)のは、やはりお見合いが最初となります。

お見合いが成立するか否かについては

◎プロフィール写真
◎自己PR
◎年齢、年収、学歴、趣味など情報

といった『プロフィール情報』での判断となり、この時点でお相手とコミュニケーションを取ることはありません。

しかし、お見合いをして『交際』が成立するか否かは、『プロフィール情報』だけではなく、実際に話してみて、

『フィーリング、波長、価値観、性格が合いそうか』

ということも重要なポイントとなります。

ただ、今日お伝えしたいことは、お見合い当日の話ではありません。

実は、お見合い当日を迎える前に、既にお見合いは始まっているのです。

それが『お見合い調整』です。

お見合い調整では、『日時』と『場所』を決めていきます。

『場所』については対面なのか、オンラインなのか、対面の場合はどこでやるのかを双方の希望を確認しながら調整を進めていきます。

プロスペクティブスタートが加盟するIBJ日本結婚相談所連盟でのお見合い調整は、会員さん同士で直接やり取りするのではなく、双方会員さんのカウンセラーが間に入って行います。

お見合い調整には1つルールがあり、それは『お見合いの申受け側(申し込まれた側)』に場所などを決める優先権があるということです。

ですので、例えばお見合いに申し込まれた会員Aさんが神奈川県在住で、申し込んだ会員Bさんが東京都在住の場合、Aさんが神奈川県でのお見合いを希望し、その希望を、カウンセラーを通じてBさんに伝え、神奈川県でのお見合いになることが多いです。

しかし、先日、当相談所の男性会員さんに申し込まれたお相手女性は、場所を決める優先権のあるにも関わらず、お見合い場所を、

『お互いの中間地点』

と希望を出してきてくれたのです!

私はこのメッセージを見て、少し感動しました。

なぜかというと、多くの婚活者は、自分に優先権があるのであれば、できることなら自分の移動距離が少なくて済むようになるべく自分の家からアクセスの良いところをお見合い場所に選び、その希望をお相手異性に伝えるからです。

ちなみにその女性会員さんは東京都、当相談所の男性会員さんは神奈川県でした。

私は、男性会員さんに

『お相手女性は申受け側にも関わらず、中間地点と言ってくれていることは大変ありがたいことですが』

と伝えつつも、

『先方のお言葉に甘えず、少なくとも都内には行った方が良いと思います』
『あるいは場所についてはお任せしますと言えるのであれば、それも良いと思います』

と伝えたところ、うちの男性会員さんも勘が良いので、上記の通りお相手女性にお返事することになり、結果として都内でのお見合いとなりました。

しかし、お相手女性は、都内とはいっても神奈川県寄りである『品川駅』を提案してきてくれたので、やはり配慮のできる女性と感じました。

そして、この女性会員さんに対する私たち(男性会員さん、私)の印象はお見合いをする前の段階で極めて良くなり、男性会員さんはお見合いで交際希望の出し、無事に交際が成立しました。

交際が成立したのは、当日実際にお会いした時のフィーリングが合ったとか、会話が盛り上がったなどといった理由も確かに大きいです。

しかし、このお相手女性は、お見合い前に男性会員さんに好印象を与えられていたので、その分、彼女にとってスムーズにお見合いを進められたことは間違いありません。

また、つい先日もこの例と同じようなケースがありました。

プロスペクティブスタートの会員さんが埼玉県の女性会員さん、お相手男性が千葉県の方。

当相談所の女性会員さんからの申し込みだったのですが、お相手男性が申受け側にもかかわらず、

『埼玉県内のお近くまで伺います』

と提案してくれたんです!

私、またまた感動しました!

男性でも申受け側であれば、結構な確率でご自身にとってアクセスが良いところを提示してきます。

それが、千葉県にもかかわらず、埼玉県まで来てくれるなんて。

上記を女性会員さんにお伝えすると、彼女もしっかりした女性なので、

『上野駅あたりでしたら私の方からも近く、お相手男性がいらっしゃるのにも遠すぎないかと思うのですが、いかがでしょうか?』

と提案してくれて、結果として上野でのお見合いとなりました。

しかし思い返してみると、当相談所の会員さんも、申受け側でもお見合い場所をお相手に合わせるということはやっておりました。

ただ『灯台下暗し』というか、自社会員さんがそれをやっている時はそこまで意識していなかったのですが、今回ご紹介した例のように、他社会員さんにお見合い場所を合わせてもらえる提案をいただくとすごく嬉しいので、自社会員さんがお相手に合わせてくれた時も、『もっと感謝しないと!』と思いました。

一方で、このブログ読んで気を付けてほしいのが、

『こうやって自分に合わせてくれる人がいい!』

と考え、申し込みにもかかわらず、お相手に合わせてもらうことを期待することです。

それではあなたは、お相手に良い印象は与えられません。

申し込み側の場合は当然のようにお相手にとってアクセスが良い場所まで出向くようにする。

そして申受け側であっても、今回ご紹介した2人のように、お相手の移動の負担が少しでも減るように配慮した提案をする。

きっと誰もが『確かにそうできれば良いよね』ということを、頭では理解できると思います。

しかし、

『そんな提案をして本当にお相手の近くまで行かなくてはいけなくなったら、自分が大変だし・・・』

『いや、そもそも俺に、私に優先権があるのに、なんでお相手に合わせないといけないわけ?』

と考え、実際はできない人がほとんどです。

でもそれをお相手にやってもらったら嬉しいはずです。

それなら、自分が申受け側の時は、お相手が嬉しいと思うことをやってあげるのはどうでしょか?

こういうことができる人は、お相手に好印象を与えられ、結果としてお見合いから交際に進める確率が高くなります。

是非参考にされてみてください。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートについて

200727.JPG


★無料カウンセリング予約、オンライン相談予約、お問合せはこちらからどうぞ♪

◎男性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎女性無料カウンセリング予約 こちらからどうぞ
◎オンライン相談予約     こちらからどうぞ
◎お問合せ          こちらからどうぞ

★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★1ヶ月間100%返金保証。入会金、登録料、月会費、お見合い料を100%ご返金

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@IBJ日本結婚相談所連盟婚活カウンセラーブログ(最高位)

★IBJ日本結婚相談所連盟(東証一部)で、新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.290 20代女性、婚活男性に『恐怖を感じました』

210304.jpg


はじめまして!

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです(^^♪

今日は「20代女性、婚活男性に『恐怖を感じました』」といったテーマでお話ししたいと思います。

婚活男性であれば、誰しも意中のお相手女性から好意を抱かれたい、お付き合いしたいと考えるのは当然のこと。

そして、多くの男性が、

◎20代の若くてきれいでかわいい女性

と出会いたい、お見合いしたい、お付き合いした、結婚したいと思っているのではないでしょうか?

婚活市場において、20代の若い女性が圧倒的に有利なのは歴然とした事実ですし、婚活男性であれば、ご自身の好み、周りの男性と話している中での肌感覚でもわかるでしょう。

つまり、男性なら誰もが、若くてきれいな女性と結婚したいと考えるのは、ごくごく自然なことです。

しかし、それが婚活女性に恐怖心を与えていることもご存知ですか?

私は結婚相談所を運営している中で、日々たくさんの婚活女性、婚活男性から婚活の悩みや不安を聞く機会があります。

婚活男性のあなたであれば、20代の婚活女性が、男性に対してどう思っているかは気になるところですよね。

結論から言うと、20代女性が婚活男性と

『とりあえず1回会ってみても良いかな』

結婚相談所であれば、

『とりあえずお見合いしても良いかな』

と思えるのは、10歳年上までです。

最大で15歳年上までと考えておいてください。

そりゃ中には、20歳上でも、30歳上でも良いという女性はいるかもしれません。

ただし、それだけの年の差をカバーするには、年収が2,000万円とか、3,000万円といった超ハイスペック男性に限ると思います。

そしてこの超ハイスペック男性ですら、仮に20歳年下の女性と運よくお見合いは組めたとしても、その後交際が続き、成婚退会まで行けることは、ほぼないと考えて良いでしょう。

それでは20代女性は自分よりも15歳以上年上の男性からお見合いに申し込まれたり、あるいは婚活アプリで『いいね』を押されたりするとどう思うか知っていますか?

それは、今日のタイトルにもあるように

『普通に怖い・・・』
『登録したら40代、50代の男性からいいねがたくさんきて、怖くなってアプリの登録をすぐに削除しました』
『正直気持ち悪いです』

といった感想です。

婚活男性にとっては厳しい現実かもしれませんが、婚活女性は、15歳、20歳、30歳も年上のあなたを結婚相手の対象として見ることはほとんどありません。

年収やそれ以外のスペックがめちゃくちゃ良ければ、

『試しに一回会っても良いかな』

程度です。

逆の立場になって考えてください。

仮にあなたが40歳の男性だとすると、50代後半、60代の女性にいいねを付けられたり、お見合いに申し込まれたらどう思いますか?

『いや、普通にあり得ないでしょ・・・』
『この人何考えてんだ・・・』
『てゆーか親世代に近いし・・・』

といった感じで、アプリなら速攻ブロックしたり、お見合いなら瞬殺でNG回答したりしませんか?

それと同じ恐怖心や違和感を、婚活女性も覚えています。

女性で20歳年下の男性にお見合いの申し込みをする人はまずいらっしゃいませんが、何故か男性は自分の年齢を考えずに、平気で20歳以上年下の女性に申し込みます。

しかし、ただの『怖い人』、『気持ち悪い人』と思われるだけなので、やめておくことが賢明でしょう。

実際に、プロスペクティブスタートで活動している20代の女性会員の中には、

『35歳以上の男性から申し込みあっても、私に取り次がなくて良いので、佐藤さんのところでNG回答しておいてください』

といったようにある年齢以上の男性からの取り次ぎを不要としている女性がほとんどです。

これもあなたが

『どんなに美人でも60代以上の女性からの申し込みは取り次がなくても良い』

と考えるのと同じ理由、感覚です。

ちなみに余談になりますが、先日、当相談所に20代前半女性に50代後半男性が申し込んできました。

年の差はなんと35歳でした。

彼女の親御様よりも年上です。

この方を取り次いだら彼女に恐怖心を与えるだけなので、大変申し訳ありませんが私の方でNG回答させてもらいました。

ではもう一つ女性が婚活男性に覚える恐怖をお伝えしましょう。

それは、連続して、繰り返しアプローチを受けることです。

結婚相談所であれば、一度お見合いに申し込まれてNG回答をした男性から、再度申し込まれることです。

100歩譲って、前回の申し込みから3ヶ月とか、半年とか経過しているのであればまだわかります。

『前回お断りされた時は、他にプレ交際中の男性がいたりして、タイミングが合わなかったからかもしれない』

と考え、時間を置いて、再度申し込むケースです。

しかし最悪なのは、お断りした直後や、数日しか経っていないのに、再度申し込まれることです。

女性ではこういった行動を取る人はまずいなくて、男性特有で見受けられます。

このような行動を起こす男性はストーカー気質があったり、猟奇的な感じさえします。

私は基本的に1人の男性から、2回目の申し込みがあっても、当相談所の女性会員さんには取り次ぎません。

何故かというと、既にお伝えしている通り、女性会員さんに恐怖を与えてしまうからです。

たった数時間前、数日前にお断りしたのに、再度申し込みをされたら、怖いと感じるのは当たり前です。

ただ、男性の方としては、女性が恐怖や気持ち悪さを感じていることまではわかっていないかもしれません。

『1回でダメなら、もう一度チャレンジ!』
『何度も申し込むことで自分の熱意を伝えたい!』

そういった感覚で、申し込んでいるのかもしれません。

確かに男性なら、一度断られても諦めない粘り強さは必要でしょう。

場合によっては、すぐに諦めてしまう男性よりも男らしいと感じる女性もいるかもしれません。

例えば一度告白して振られた女性に、数ヶ月程度の時間を置いてもう一度告白するようなケースです。

しかし今回のご紹介したように、お見合いの申し込みに断られた後、何日も経たないうちに連続で申し込むのは、男らしさではなく執着心です。

ただ、このブログを読んでいるあなたは、どういったケースで女性が恐怖を感じるのがわかったので、もしこれまでそういう行動を取っていたら、今日から改めれば良いことです。

どうしても諦められず、再度申し込みをしたい場合は、数ヶ月の間を置きましょう。

更に丁寧に申し込みをしたいなら、カウンセラーに

『この女性には3か月前に一度申し込みをさせていただいたのですが、やはり、再度チャレンジしたく、申し込みさせていただきます』

と一言伝えれば、カウンセラーも、

『当社会員は、貴社女性会員様に一度申し込みさせて頂いている男性ですが、○○様と是非一度お見合いをしたいようで、二度目の申し込みで大変恐縮ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします』

といった形で先方相談所カウンセラーに取り次ぐことも可能です。

こうすることで、あなたの熱意が伝わりますし、女性側の恐怖心も和らぐでしょう。

二度申し込みをしていることは同じでも、

『何の一言もなく連続で申し込めば、ただの怖い人』

ですが、

『間をしっかりとって一言添えて申し込めば、熱意のある人』

になれるかもしれません。

女性に対するアプローチの参考にしていただけたらと思います。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★1ヶ月間100%返金保証。入会金、登録料、月会費、お見合い料を100%ご返金

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.285 【15,000字ブログ】結婚相談所の成婚者の20の特徴を一挙公開!

210201-00.jpg

はじめまして!

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです(^^♪

今日は「Vol.285 【15,000字ブログ】結婚相談所の成婚者の20の特徴を一挙公開!」といったテーマでお話ししたいと思います。

最初にお伝えしたいのですが、タイトルにもある通り、このブログ、なんと15,000字を超えるめちゃくちゃ長いブログです。

圧倒的なボリュームを前に、読む前から二の足を踏むかもしれませんが、このブログを読み終わるころには、成婚者がやっていた行動や心構えや考え方の全容が掴めるはずだと確信しております。

今日ご紹介する成婚退会した会員さんの特徴は、彼らが結婚相談所に入る前から自然と身に付いていた特徴もある一方、結婚相談所で活動を続ける中で、それまでの自分を変えて、身に付けていった行動もあります。

現在、結婚相談所に在籍していて、

『お見合いがしても、なかなかピンとくる人がいない』
『3回目のデートまでなかなか行かない』

といった方はもちろんのこと、これまで婚活パーティーや婚活アプリで成果が出ず、これから結婚相談所での活動を検討している人にとっても

◎成婚者=既に結果を出した人

の特徴をあらかじめ知っておくことは、活動をする上での大変参考になると思います。

また、成婚した方の20の特徴を【行動編】【心構え編】といった形に分けてご紹介します。

それでは1つ1つ順を追って説明していきます!

【行動編】
【心構え編】


【行動編】

1.人によって態度を変えない

210201-01.jpg


結婚相談所で成婚した多くの成婚者の特徴の1つ目は、『人によって態度を変えない』ということです。

成婚者の中で、お見合い相手から

『つまらなそうな態度を取っていた』
『時間ばかり気にしていた』
『私に興味がなさそうだった』

といったクレームを言われた方はこれまで1人もいません。

彼らはお相手がどんな方でも誠実な対応が取れていました。

また、カウンセラーである私に対する対応もとても丁寧で、こちらが何か質問をすればしっかりと答えてくれました。

一方、残念ながら成婚できずに中途退会された方の特徴としては、お見合い相手からのクレームが度々入ったり、私が聞いた質問をスルーしたりする方が多かったのが特徴です。


2.自分を変えることができた

どんなに自分と合わないと思ったり、自分と価値観が違うと思ったりしても、お見合い相手や交際相手を自分の思う通りに変えることはできません。

成婚者はそのことを分かっていて、お相手に合わせて自分を変えることができていました。

またカウンセラーとのやり取りの中で、自分ができていない点に気付き、反省点や課題を次のお見合いやデートに活かして、PDCAを回しながら活動ができていました。

一方、中途退会された方は、自分のやり方に固執し、最後まで自分を変えることができませんでした。

結果、婚活を始める前と退会時を比べて、人としての成長があまり見受けられませんでした。


3.お相手のダメ出し、悪口を言わない

成婚者からはお相手のダメ出し、悪口をほとんど聞いたことがありません。

彼らも内心はお相手に文句の1つや2つは言いたかった時もあると思いますが、それをカウンセラーに伝えてきたことはまずありませんでした。

成婚者は、お相手に文句を言う暇があったら、『自分にできることはなかったか』、そういったことを私に相談してきました。

一方、中途退会された方は、カウンセラーに対してもお相手に対する痛烈なダメ出しをしてきます。

お相手に対するダメ出しをすればするほど、成婚が近づくのであれば、大いにやっていただいて良いのですが、実際はその逆です。

人のダメ出し、悪口、文句を言っている間は、自分の行動を改めることはできないので、自己成長することができません。

そして、自分が成長しなければ、結婚は難しいでしょう。


4.上手くいかないことを、周りのせいにしない

210201-04.jpg


成婚者は、婚活が上手く進まないことを環境のせいにしたり、お相手のせいにしたりすることはありませんでした。

お相手はお相手です。

自分がコントロールすることはできません。

◎お相手のLINEの返信がマメでない
⇒成婚できる人は、まずはお相手のペースに合わせます。

◎お相手から最近連絡がない
⇒成婚できる人は、数日置いて、再度自分から連絡します。

◎お相手がお店の予約をとってくれなかったから、テンションが下がった
⇒成婚できる人は、女性でもデートコースを考えて、お店の予約をします

お相手異性の態度、言動、行動のせい、自分の置かれた環境のせいにしたところで、結婚は近づきません。


5.お相手からのお見合いの申し込みに、たくさんOK返事を出す

成婚者は、お相手からのお見合いの申し込みに対して、10件に1件程度はOK返事をしていました。

仮に50人から申し込みを受けたら、5人くらいにはOK返事を出している計算です。

写真やプロフィールで『見た目』や『条件』はわかりますが、実際に会ってみないと『フィーリング』や『波長』などは分かりませんよね。

多少希望条件から外れていたり、お顔が好みのタイプとは少し違っていたとしても、会ってみたらすごく楽しいかもしれません。

プロフィールはあくまで参考程度と捉え、とりあえず一度会ってから考える。

彼らはそういった姿勢でお見合いに臨んでいました。

一方、中途退会された方の大きな特徴は、お相手からのお見合いの申し込みに対してOK返事をする確率が極端に低いです。

100人に申し込まれても、OK返事を出すのは0件~多くて3件程度。

97人の方に対しては、一度も会う前にNG判定をします。

97人の中には、会ってみたらとても楽しいと思える人がいたかもしれません。

しかし、年収、年齢、学歴、身長、顔の好みなどが条件から外れているという理由だけでお断り。

自ら、多くの出会いのチャンスを捨てていました。


6.とりあえず3回くらいデートしてから判断する

成婚者の多くは、プレ交際に進むと、多くの異性と3回くらいはデートしていました。

彼らは、

『まずは3回くらい会ってみないと、お相手のことはわからない』

と考えていて、価値観の違いなど多少があっても、何回かデートを重ねます。

実際、価値観が違っていても結婚生活は幸せに送れますし、価値観が全く一緒の人などいません。

価値観の違いを

『なんだか違和感がある』

と捉えるか

『自分にはなかった価値観だけど、逆に面白い!』

と捉えるかで、同じ状況を見ていても、楽しいと思えることが増えるはずです。

一方、中途退会された方は、ほとんどのお相手と1、2回しかデートをできないのが特徴です。

そういった方は、お相手を見る目が極端に厳しかったり、神経質だったりするので、少しでも違和感を覚えると、すぐに自分から交際終了を申し出てしまいます。

したがってお相手の良い面を知ることができず、また『良い面を見つける力』も身に付かず、いつまでも人間関係の構築ができません。


7.お見合いの回数は5回~15回程度とさほど多くない

210201-07.jpg


成婚者の多くは、お見合いをいつまでもしていません。

お見合いをすると、確率的には4割前後はプレ交際に進みます。

5人とお見合いをすると、2名ということです。

2名の方とプレ交際に進んだら、お相手の良い面を知るためにも、3回くらいデートをしないとわかりません。

お相手との良好な関係を構築するには、とにかくたくさん会うことが大切ですから、できれば、週に1回はお会いした方が良いでしょう。

すると、2人と交際をしていたとしても、1人の方と月4回会う計算になるので、デートは月8回です。

そうすると、お見合いを毎週のようにやっていたら、デートをする時間が犠牲になってしまいます。

ですので、『プレ交際に進んだ方をよく知ること』を優先させると、必然的にお見合いをする時間は無くなってきます。

でもそれでいいんです。

少ない人数の方と、繰り返しデートを重ねることで、お相手のことが分かってきます。

そして、交際スタートの時期(つまりお見合い日)を少しずつずらしながら、3~5人くらいのプレ交際相手とそれぞれ3回くらいのデートをしていると、その中から真剣交際に進みたいと思えるお相手が見つかってきます。

これが、成婚者が真剣交際まで進めるスタンダードな流れです。

もちろん、成婚者が全てのプレ交際相手と3回以上デートをしている訳ではなく、中には1回のデートで交際が終了になることもあります。

ただ、その割合は中途退会者に比べると圧倒的に低く、結果的にお見合いの回数も少なくなります。

一方、中途退会された方は、お見合いの回数が30回とか、50回とか、総じて多いです。

他の相談所さんでは、お見合いがほとんど組めなくて中途退会される方もいらっしゃるようですが、プロスペクティブスタートの会員さんに限っては、お見合いが全然組めない人はいません。

しかし、お見合いをやり過ぎて、『自分にはどんな異性が結婚相手として良いのか』がわからなくなっている人はいました。

お見合いをやり過ぎる方の特徴は、お相手に対する条件が厳しい人で、スペック面の条件(年収、年齢、学歴、外見など)を重視する傾向があります。

そして、これらの方は、ご自身の条件面のスペックも高いのが特徴です。

男性なら年収1000万円以上の方だったり、女性なら20代後半~30代前半の若くてきれいな方などです。

これを読んでいるあなたは

『そういう人なら、お相手に求める条件が高くても、結婚できないの?』

と思うかもしれませんが、こういう方は既に交際している方よりも

『さらに上、もっと上、もっともっと上!』

であるお相手を次から次へと求め続け(ご本人は気付いていないのですが・・・)、いつまでもお見合いを繰り返します。


8.淡々と婚活を続ける人

婚活を続けていれば、

『理想の方とお見合いが組めない』
『お見合いでお相手から不愉快の態度を取られた』
『交際相手と思うようにデートができない』
『真剣に結婚を考えていたお相手からある日突然、交際終了の申し出を受けた』

といったことが度々起こります。

あなた1人に対してお相手異性が何万人もいるならあなたは選びたい放題ですが、現実はあなたと同じように婚活を頑張っている異性がごまんといます。

ですので、あなたもお相手から選ばれる立場でもあり、ライバルがいれば残念ながら選ばれない時もあります。

成婚者も活動を続ける中で、こういった挫折を経験しています。

全てが順調に行く方など、ほとんどいません。

しかしその中でも成婚者の特徴として、どんなに凹むことがあっても、自分を奮い立たせて、休むことなく婚活を淡々と続けます。

そういった行動を取っているうちに、自然と運命の人と出会えるのです。

ちなみに、『運命の人』とは

『自分の条件を全て満たした人』

ではなく、

『いくつかの条件は満たしていないけど、一緒にいて楽で、フィーリング、波長がとっても合う人』

のことです。

成婚者は条件を広げて婚活をしているので、比較的早く、運命の人と出会うことができます。

一方、中途退会される方は、活動の仕方に『ブレ』が多いような気がします。 

婚活していて上手くいかないことが起こるところまでは、成婚者も中途退会者も同じなのですが、そういったことが起きた時に、中途退会者の方は、気持ちの落ち込みが行動にまで影響してしまいます。

具体的には、お見合いのペースが落ちたり、まだ交際中の人がいるのに自分から交際終了をしてしまったり、休会をするなどのケースです。

続けていれば、いつか良い出会いに巡り合えるはずなのですが、淡々と継続しないので、良いご縁を逃してしまう傾向があります。

ちなみに淡々と活動を継続するポイントとしては、お相手のちょっとした言動で、1回1回落ち込まないことです。

お相手の不機嫌な態度や失礼な態度は『あなたの価値』とは関係ありません。

お相手の態度は『あなたの人格』を反映したものでもありませんし、いちいち気にする必要はないのです。

『気持ちの部分』、『気分の落ち込み』に引っ張られ過ぎる傾向がある人は、一旦気持ちは脇に置いておいて、具体的な行動に移してみてください。

具体的な行動とは

◎毎週何人にお見合いの申し込みをすると決めて、その通りに申し込みをする
◎お見合いの申受けを受けたら、5~10人に1人くらいはOK返事を出す
◎お見合いをしたら、2人に1人にはOK返事をしてプレ交際に進む
◎プレ交際に進んだら自分から積極的にデートに誘い、お相手のことを知るために、まずは3回会ってみる

最初から

『恋愛対象になりそうか?』
『結婚相手として見られるか?』

を考えたりすると、3回会うのが気乗りしないと感じるかもしれませんが、

『ただの友達』

場合によっては

『異性の婚活仲間』

くらいに思っていれば、3回会うのもそれほど苦ではなくなると思います。

最初から相思相愛、ラブラブなんてことは、99.9%ありません。

実際、職場や学校などで出会って好きになる人も、恋愛対象とは関係のない状態で何度も会っているうちに、ある日を境に異性として気になり始めるという流れでしょう。

『まずは3回会ってみる』というのは、職場などで普通に会っている状況を、意図的に作り出して、疑似体験するようなイメージです。

あなたが落ち込んでいる間も、成婚できるような方は、このような形で婚活を続けています。

落ち込んでいる暇はないはずです。

このように具体的な行動を取っているうちに、

『自分の気持ち優先』
『自分の気持ちに振り回されていた婚活』

が、実は上手くいかない方法だったことに気付くタイミングがあると思います。

でもご安心ください。

これまでお伝えした行動を続けることで、徐々に気持ちも上がってくるはずです。

気持ちを上げるためにも、まずは行動してみてください。


9.自分でできることは自分でやる人

成婚者の多くは、まずは自分でやってみたり調べたりして、自分だけでは解決できない問題をカウンセラーに聞いてきます。

成婚者も私にたくさんの相談をしてきますが、それは内面的な悩みや葛藤についての相談が多いです。

一方、上手く行っていない人は自分でできることも調べない人、基本的な質問をしてくる人が多いです。

例えば、お見合い場所のURLが貼ってあるのに、クリックすらせず、

『駅を降りたら、どちらの出口に行けば良いんですか?』
『駅から何分くらいですか?』

など、婚活以前のとても初歩的なことを聞いてきます。

また、デート場所の相談にしても、上手く行っている人は、

『この2つのデートプランを考えたのですが、2回目のデートの場合、どちらが良いと思いますか?』

といった具体的な相談の仕方をしてくるのですが、上手く行っていない人は

『(自分はよくわからないので)横浜でおススメのお店を教えてください』

といった聞き方をしてきます。

私から教えることも可能ではありますが、これをやっていたら、ご本人がいつまでも進歩しませんし、主体性を持って自分で調べたり考えたりしないと、いつまでもデートのレパートリーが増えません。

そうすると、お相手とデートしていても、

『(自分はわからないで)、行きたいところを教えてください』
『(行きたいところを聞かれても)、どこでもいいです』

といったとっても残念な受け答えになってしまい、お相手に負担を与える人になってしまいます。

こういうことを繰り返していると、当然婚活が上手く進まず、休会、中途退会に至ってしまいます。

補足ですが、デートコースをしっかりと自分で考えてくる人の中には、意外にも恋愛経験の少ない方も多いです。

こういった方は、恋愛経験が少ないなりに

『自分でできることは自分でやろう』

と主体的に活動しているので、当然、デートの回数は自然とのびて、真剣交際、成婚退会に進む可能性も高まります。


10.デート報告機能を使ってしっかりと報連相をしている

210201-10.jpg


成婚者の多くは、マメにデート報告をしてきます。

デートの内容やその時々の心境をリアルタイムにカウンセラーに伝えることで、カウンセラーもその会員さんの状況が把握でき、早い段階で軌道修正することも可能となり、交際が良い方向に進みます。

一方、こちらから交際の状況を伺っても、あまり返事のない会員さんも中にはいます。

そういった方は、カウンセラーが交際の状況を把握できず、お相手異性の相談所カウンセラーさんと、お互いの気持ちを確認しようにも確認ができないので、大切なご縁を自らダメにしてしまうケースもあります。

実際、IBJ(日本結婚相談所連盟)のデータでは、デート報告機能を使ってしっかりとデート報告をしている人の成婚率が6割を超えるのに対し、デート報告をほとんどしていない方は、2割台の成婚率といった結果になっているようです。

上手く行っている時も、上手く行っていない時も、まずはカウンセラーにご報告いただくのが、一番の成婚への近道となると言えそうです。


11.条件面が少し外れている人とも積極的にお見合いをして、交際に進む

先ほども少し触れましたが、成婚者は自分の条件からは少し外れていても、

『実際に会ってみないとわからない』

と考え、積極的にお見合いを受け、交際に進みます。

こういうことを説明すると、必ず反論としてあるのが

『好きでもない人と、交際をするのは相手に悪い』

という意見です。

確かにごもっとものようにも聞こえます。

でも、考えてみてください。

たった1時間のお見合いで、お相手のことを『NG』と判断してお断りする方が、お相手に失礼ではありませんか?

1時間でお相手のことが全てわかる人はいないと思います。

ですので、成婚者はお見合いの段階で

『好きといった感情がなくても』
『恋愛感情が湧かなくても』

お相手のことをもう少しよく知るために、よほど決定的にNGな部分がなければ、交際に進み、結果として運命の人を引き寄せています。

プロスペクティブスタートのある女性成婚者も、

『顔も全く好みではないし、背も160cm台で、理想とはほど遠かったけど、一緒にいて楽しかった』

という理由で、結婚を決めました。

一方、年齢、年収、外見、学歴などお相手の条件面に厳しい人のほとんどは活動が上手く進んでおらず、その人の周りにも条件でお相手を見る異性が集まってくる気がします。

ハイスペック男性とハイスペック女性の交際はその典型です。

男性は女性の『若さ』と『美貌』でお相手を見ていて、女性は男性を『年収』、『学歴』、『外見』などで見ています。

お互い、内面よりも条件重視なので、今のお相手の『若さ』、『美貌』、『年収』、『学歴』、『外見』が更に上の異性が現れたら、そちらに乗り換えようとします。

自分がお相手を条件でしか見ていないと、お相手からも条件でしか見られないのです。

結果、『類は友を呼ぶ』と形で、自分に跳ね返ってくるということです。


長くなりましたが、前半の【行動編】はいかがでしたでしょうか?

次は、【心構え編】について、ご説明します。


【心構え編】

12.お相手を知るために一歩踏み込める

210201-12-2.jpg


成婚者がまずは3回くらいデートをするというお話はしましたが、デートをした結果、もしかしたら嫌な思いをするかもしれません。

でも、デートをして嫌な思いをするかどうかは、デートをしてみないと分かりません。

男性なら、

『女性のファッションがイマイチでテンションが上がらなかったらどうしよう』
『お店を予約しても、感謝して貰えなかったら予約した甲斐がない』

といった不安があるかもしれませんし、女性なら

『デートのお店を予約してくれていなかったらどうしよう』
『割り勘と言われたら、一気にテンションが下がる』

という不安もあるでしょう。

でも何故か、上手く行かない方は

『女性がとてもお洒落をしてきて、テンションがめちゃくちゃ上がる』
『お店を予約してしたことを、すごく喜んでくれる』
『素敵なお店を予約してくれている』
『支払いを全額持ってくれる』

といったことは想像しません。

つまり、まだ実際に起こってもいないのに、ネガティブなことばかり想像して、

『そんな嫌な思いをするくらいなら、デートはしたくない』

と勝手に思い込み、場合によっては交際を終了させてしまいます。

しかし『ネガティブなことが起きる』という思いこみは、『ただの妄想』かもしれません。

そういったネガティブなことが起こるかどうかは、実際に次のデートをしない限り、わからないのです。

成婚者も、ネガティブなことが起こることも多少は想定していると思いますが、それでもやはりデートをしてみなとわからないので、ある程度リスクを覚悟して一歩踏み出します。

プロスペクティブスタートのある女性成婚者は、スキンシップがとても苦手でした。

カウンセラー経由でも先方男性のカウンセラーさんにその旨伝えていたのですが、ある日のデートの終わりに、ハグをしたいと言われてきたようです。

普通なら、そこで『ハグは難しい』と答えれば良いと思うのですが、この女性は苦手なスキンシップにもかかわらず、ハグを受け入れました。

結果として彼女は、

『交際が深まらない段階でスキンシップを取られることは苦手』

ということを認識し、この男性とはお別れしましたが、彼女のペースに合わせてスキンシップを取ってくれた男性と成婚退会しました。

交際を終了するのは、もう1回デートをしてからでも遅くありません。

彼女はもう1回デートをした結果、苦手なスキンシップを要求されるという経験もしましたが、彼女は

『自分も断ろうと思えば断れたことなので、お相手男性は悪くありません』

といったことを仰っていました。

でも、男性のスキンシップを覚悟して受け入れたことで、彼女は

『どのくらいのペースでスキンシップを取ってくれる男性が自分にとって良いのか』

がわかり、成婚することができました。

一歩進めば、傷ついたり嫌な思いをしたりすることもありますが、そこから学べることも多いはずです。

学びがあれば、成婚も近づきます。


13.性格が大らか

成婚者の多くは、性格が大らかで、穏やかな方が多かったことも特徴です。

ただし、彼らも完璧ではないので、心穏やかにいれない時もあり、

『デートをしていて、お相手のこういった発言が気になりました』

といったことを口にする場合もあります。

しかし、私にお伝えしていくるトーンはあくまで控えめ。

また、お相手の気になることを言っていても、一方で

『自分もこういうところが至らなかった』

とか、自分の言動についてもしっかりと振り返りをしています。

一方、中途退会された方は、総じてお相手に厳しい方が多かったです。

また、お相手に対してネガティブな発言をされる頻度も、成婚者に比べて中途退会された方は高かったのが特徴です。


おそらくですが、成婚者はお相手の『良い点』に目を向ける習慣があるのに対し、中途退会者はお相手の『悪い点』にばかり目を向けるクセがついているのだと思います。

ですので、中途退会者からするとつまらないと感じるデートコースやお相手の態度でも、成婚者はそのデートの中の良い点をたくさん見つけることができるので、結果的に楽しい時間を過ごすことができます。


14.自らの言動を振り返り、反省、内省ができる

成婚者の多くは、自分の行動を振り返り、いわばしっかりとPDCAを回せる人が多いのも特徴です。

また、自分の頭で考えるということをするので、最初はぼんやりとしていたお相手の条件がだんだんと明確になったり、本当に譲れない2、3のポイントがわかってきたりします。

結果的に、中途退会者のように

『あれも気になる、これも気になる』

といった状況に陥らず、譲れないポイントだけしっかりと確認して、その他の些細な条件については、気にならなくなったり、大目に見ることができます。

人間誰しも、完璧な人間などいない訳ですから、お互い様ですよね。

ちなみに反省と内省についてですが、『反省』とは、悪い点を見直し、良いものにするように改めることです。

お見合いやデートで自分ができていなかったことに注目し、次に生かすということです。

一方『内省』とは『良い』、『悪い』の区別はなく、自分の中の価値観や本音などの存在に気付いたり、認めたりすることです。

婚活でいえば、

『自分はなぜ結婚したいのだろう?』
『結婚と恋愛は違うというが、結婚相手に向くお相手とは、どんな方だろう?』
『パートナーとどんな結婚生活を送りたいのだろう?』
『年収500万円以上という条件があるが、500万円以上の異性に自分は何を求めているのだろう?500万円と450万円の違いはなんだろう?』
『35歳以下という条件があるが、35歳以下の異性に自分は何を求めているのだろう?どうして35歳以下でなければならないんだろう?』

といったことを深く考えることです。

この答えに良い悪いはないのですが、こういったことを深く考えていないと、お相手に対する条件も、表面的な条件だけになってしまい、自分が本当に何を大切にしているのかを見つけることができず、婚活が迷走します。

つまり、成婚者はこういったことを深く考えて自分の中に落とし込み、しっかりとカウンセラーに自分の言葉で伝えることができます。

一方、中途退会者はカウンセラーがこのような質問をしても、しっかりと考えることができず、

『本当はどんな結婚生活を送りたいのか?』
『それには、どういう人と結婚すれば良いのか?』

がわからないまま婚活を続けているので、なかなか上手く行きません。


15.プライドが高くない

210201-15.jpg


プライドが高くないというと、あまり良いことでないと思われるかもしれませんが、そうではありません。

婚活や夫婦関係においてプライドが高過ぎると、お相手の言葉を素直に聞けなかったり、頭では自分の間違えに気付いていても、それをお相手の前では認めなくなったりします。

成婚者の多くは、自分にも至らない部分はたくさんあることをわかっているため、お相手の至らない部分も許容できます。

またプライドが高くないことで、1つ前でも説明した『反省』と『内省』を素直にできるようになります。

プライドが高いと自分の非を認めづらくなって『反省』ができなかったり、カウンセラーから『内省』を促されても、カウンセラーのアドバイスを聞くこと自体に抵抗があったりするので、なかなか自分を変えることができません。

そうするとPDCAを回すことができず、次に活かせないのです。

プライドが高い方は、自分の信念をしっかりと持っていたり、恋愛経験が多かったり、しっかりとした職業についていたりもすることも多く、そのこと自体は素晴らしいことですが、一方で自分のこれまでの考えを見直す柔軟性も、婚活には必要だと思います。

異性に対しても、お相手に合わせて自分を変えたり歩み寄ったりすることで、良い関係を築くことができます。


16.『お相手から選ばれる立場』いうことを理解している

結婚では、自分もお相手のことを選ぶ一方で、お相手から選ばれる立場でもあります。

あなたがどんなに結婚したいと思っても、お相手が選んでくれなくては、結婚することはできません。

こう考えると、『選ばれる立場』ということがわかってくると思いますが、『選ばれる立場』であることをちゃんと理解している人は、自分を『選んでくれた人』をとても大切にして、興味を持って接します。

具体的には、自分にお見合いを申し込んでくれた人や、自分とデートをしてくれる人に興味を示します。

仮に、これらの人が自分の条件から少し外れていたとしても、

『こんな自分と会ってくれるなんて、ありがたいこと』

と考え、お相手のことをよく知ろうとします。

また、お相手に対する感謝の気持ちも頻繁に口にします。

一方、『選ばれる立場』ということをきちんと理解していない人は、自分から選ぼうとして、

◎自分を選んでくれる人(お見合いを申し込んでくれた人、デートをしたいと言ってくれる人)

には一切興味を示さず

◎自分を選んでくれない人(お見合いを申し込んでもOKをしてくれない人、デートの誘いに応じてくれない人)

ばかりを追い求め続けるため、いつまでも選ばれず、先に進めません。


17.自分の主張を通さず、譲ることができる

成婚者の多くは、自己主張がそれほど強くなく、基本的に些細なことなどは、お相手に譲ることができます。

一方、中途退会されるような方は、ご自身の主張を通そうとすることが多いです。

もちろん、絶対に譲れないポイントは譲る必要はありません。

成婚者はこの点もはっきりしていて、絶対に譲れないポイントを真剣交際に行く前にお相手に確認したりしています。

ただ、ここでお伝えしたいのは、絶対に譲れないような大事なポイントを譲りましょうという話ではなく、もっと些細なことです。

例えば、お見合いの日程調整。

お見合いの日程調整、場所の調整は、基本的にお見合いを申し込まれた側(お見合いを受けた側)に優先権があります。

ただ、上手く行かない人は、その権利を高らかに主張し、自分は申受け側だから、場所は必ず自分の家に近いところを選んできたり、対面お見合いまたはオンラインお見合いの希望も、自分の希望を曲げようとしません。

一方、上手く行く成婚者は、こういった些細なところで、権利を主張したりしません。

自分が申受け側であっても、お相手の地域を確認して、お互いの中間地点を提案したり、自分が対面お見合いを希望していても、お相手がオンラインを希望するのであれば、それに合わせようとします。

正直、お見合いの日程や場所などの問題であまり主張を通すよりは、ここはお相手に譲った方が、お相手からの印象はぐっと良くなります。

そうすれば、それはあなたにプラスの形で戻ってきて、お見合いでOK返事をもらえる可能性も増えるはずです。

もう1つ副次的なメリットですが、お相手に譲ることであなたは『少し良いことをした』という気分になれると思います。

例えば、電車で席を譲った時と同じ感覚です。

席を譲り、感謝された時、あなた自身も『良いことをした』と思えて、気分が少し明るくなるのと同じです。

譲れる部分はたくさん譲ることで、あなた自身も明るい気持ちになれるはずです。


18.『足るを知る』ということを理解している

210201-18.jpg


成婚者の多くはお相手にそこまで多くのことを求めません。

また、上手く行かない人なら絶対に気付かないようなお相手の小さな言動に感謝をします。

『お相手のちょっとした気遣いが嬉しかった』
『私は本当に幸せ者』
『こんな私と毎回会ってくれて、本当にありがたい』

という言葉を成婚者からはよく聞きます。

私が思うに、お見合いや交際が上手く行っていない人も、そういう場面に遭遇しているはずなのですが、きっと気付いていないのだと思います。

どちらかというと『嫌な部分』、『違和感がある部分』、『気になる部分』ばかりに目が向くので、小さなことに気付かないのかなと感じます。

というのは、成婚者の多くは、中途退会される方だったら絶対に断りそうなスペックの異性にも積極的に会っていて、そういった方とのデートを楽しんでいます。

デートの内容を聞いていると、ごく普通のデートで、支払いも男性が全て出している訳でもなかったりするのですが、その部分は特に気になっていません。

また男性の場合、中途退会される方なら絶対にお見合いしないような『ごくごく普通の容姿の女性』と会っていても、その女性の魅力をたくさん見つけ、楽しいデートにしています。

成婚者は『小さなことに幸せを感じられる』ことができるので、更に幸せになってきます。

中途退会者、上手く行かない方は、お相手が色々とやってくれていることに全く気付かず、不平、不満、文句を口にしているので、自ら不幸せになっていきます。

幸せも、不幸せもスパイラル状に広がっていくのです。


19.成婚できるまで諦めない

まずは言葉の通り、成婚できる人は、成婚できるまで諦めません。

スラムダンクの安西先生も言っています。

『あきらめたらそこで試合終了ですよ?』と。

何事も自分が諦めないうちは、失敗にはなりません。

もちろん、婚活を続ける過程で、傷ついたり、たくさんの挫折を経験したり、上手く行かないことを悩むことはあるでしょう。

そして上手く行かないことが続くと

『そこまでして無理に結婚したいと思わない』

といった思いが浮かんでくる場合もありますが、それは本当にあなたの本心でしょうか?

きっと、今なかなか婚活が上手くいっていないから、そのように感じている部分もありませんか?

実際、あなたと波長の合う異性が現れて、毎回楽しいデートができていれば

『そこまでして無理に結婚したいと思わない』

といった思いはどこかに飛んでいってしまい、

『早くこの人と結婚したい!』

と思うはずです。

であれば『そこまでして無理に結婚したいと思わない』という思いは、『早く結婚したい』という思いと『でも現実、婚活が上手くいかない』という現状とのギャップの整合を取るために、自分にそのように思い込ませている部分もあると思います。

もしも婚活が上手くいかず、諦めたくなった時、そして『そこまでして無理に結婚したいと思わない』と思った時は、婚活を始めた時の初心を思い出し、本当に結婚しなくても良いのか、自分と向き合ってみてください。

『交際が順調に進んでいる異性がいても、結婚したいとは思わないのか?』

といった問いかけに対する答えが『ノー』なのであれば、あなたは、今、婚活が上手く行っていないから、結婚したいという思いにフタをしている可能性があります。

もしそうなのであれば、諦めずに婚活を続け、先に説明した反省と内省を繰り返すことで、素敵な出会いに巡り合えるはずです。


20.決断できる人

婚活者の中には、結婚相談所では

『好きでもない人と結婚させられる』

という誤解を持っている人のいるようですが、そういったことは100%なく、会員さん自身で決められます。

おそらくこのような誤解があるのは、仮に条件に合った好みの異性でなくても

『まずは一度お見合いをしたらいかがですか?』

とか

『生理的に受け付けないレベルであれば、交際に進んだらどうですか?』

と促すことあるのが理由だと思います。

こういったことを促すのは、あなたの考えていた条件が全て満たされたお相手と結婚したからといって『幸せな結婚生活』が実現できる訳でもなく、逆にあなたの考えていた条件のほとんどが満たされなくても『幸せな結婚生活』は実現できるからです。

ほとんどの場合、『幸せな結婚生活』とお相手の『年齢』、『容姿』、『年収』、『学歴』などの条件面は関係ありません。

なぜかというと、こういった条件面が外れていても幸せな結婚生活を送れている人はたくさんいますし、プロスペクティブスタートの成婚者の方たちも、条件から外れた方と結婚していても、実際、幸せな結婚生活を送っています。

話が脱線しましたが、結婚相手は会員さん自身で決められます。

でもそれは言い方を変えれば、カウンセラーに結婚相手を決めてもらえるのではなく、自分で決めなくてはならないということです。

そのためには、表面的な条件でなく、あなたが理想とする結婚生活を送るために本当に大切なポイントを明確にし、そのポイントを満たしてくれるお相手かを確認しないと、結婚相手は決められません。

『本当に大切なポイント』と『譲れるポイント』を整理し、お相手と1つ1つ確認しながら、交際を進めていく。

その過程で小さな決断を積み重ねていき、最終的に

『この人と本当に結婚してもいいのか?』

といった質問に、

『たくさんの方を見てきたけど、自分にはこの人が一番合っている』

と自分の中に落とし込み、

『お相手も完璧な人ではないけど、私も完璧ではない。結婚した後も、お互いの仕事が変わったり、子供を授かれたり、授かれなかったり色々あるかもしれないけど、どんな時も二人で支え合って、これからの長い人生、一緒に歩んでいく!』

という決断をしないと成婚、結婚はできません。

まだ現実味があまりないかもしれませんが、ご成婚される方は程度の差はあれ、このような決断をして成婚退会されています。


【まとめ】

210201-21.jpg


さて、本当に長くなりましたが、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

新たな気付き、学びはありましたか?

このブログでお伝えしたことが全てではないのですが、成婚できる人と成婚できない人のイメージは何となく持てたと思います。

あとは実践をするだけなのですが、頭では分かっていても、実際の行動に移すのが一番難しくもあります。

今一度、結婚相手に求める条件などを整理し

『その条件は、自分の考える理想の結婚生活に本当に必要か?』

とあなた自身に質問してみてください。

そして『頭では分かっているけど行動に移すのが難しい』と感じたら

『自分はどうしたいのか?』
『どういう人と結婚したいのか?』

ではなくて

『本来、どうあるべきなのか?』
『どういう人と結婚すべきなのか?』
『どういう人と結婚したら幸せな結婚生活を送れるのか?』

といった判断基準に照らし合わせると、一歩、行動に踏み出せるようになるかもしれません。

今年こそは結婚したいと思っているあなた!

2021年こそ、幸せな結婚を掴みましょう!!!

心から応援しています!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★1ヶ月間100%返金保証。入会金、登録料、月会費、お見合い料を100%ご返金

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.274 お見合いにドタキャンされた20代女性の驚きの第一声

201228.png


こんにちは!

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤香織です♪

今日は「Vol.274 お見合いにドタキャンされた20代女性の驚きの第一声」といったテーマで書こうと思います♪

クリスマスも終わり、年越しに向けてラストスパートですね。

つい先日のことです。

プロスペクティブスタートの20代後半女性が、お見合い当日にまさかのドタキャン。

したのではなく、されたーっ!!

その日はZOOMお見合い。

時間になってもお相手男性、画面に現れず・・・

ホストとして入っていた先方カウンセラーさんから、とりあえず待つよう指示。

開始時間から15分ジーっと待つ。

シーン。

そこで初めて主人にLINEでヘルプ要請。

『こういった場合、どれくらいまで待てば良いのでしょうか・・・』

ひぇ~っ(゚Д゚)ノ

緊急事態発生、緊急事態発生、ピーポーピーポーッ☆

代表カウンセラー、佐藤大輔出動!!

先方より、男性会員と連絡が取れないので、今日はなしでとのこと。

えっ?

連絡取れないってどういうこと?

残業?体調不良?日時の勘違い?事故?

一年中、どこかしらでお見合いが行われている中で、たまーにドタキャンはあります。

ただねぇ、カウンセラーが本人と連絡取れないってことは、そうそうありません。

これ、うちの会員さんが同じ状況になったら、かなり焦るわ。

お見合い相手が待ってるのに連絡取れないなんて、焦りすぎて沸騰して湯気でるレベル。

みんな、お見合いするために時間を作って、身だしなみを整えて、緊張しながら心の準備をして、本番に臨んでいます。

連絡なしのドタキャンはお相手にキレられても仕方がありません。

お見合いじゃなくても、怒るわ!

それにしても、連絡が取れないのが謎。

何はともあれ、その日のお見合いはなしねってことになりました。

そしたらうちの女性会員さんから、神のひとこと。

『お相手が何かあったとか、トラブルでないといいのですが(>_<)』

えっ?

怒らないの?

同じ状況になったとき、キャンキャン吠えて、ニャーッと噛みついてくる人たち、結構いるのに。

『もぉ~、ドタキャンとかあり得ないんですけどぉ~』

『連絡取れないって、信じられな~い、ブーブーブヒーッ』

『もうお見合いするテンションじゃないので、お断りで』

うんうん、これが普通の反応だわね。

もう一回、素晴らしいお言葉を紹介。

『お相手が何かあったとか、トラブルでないといいのですが(>_<)』

お相手のトラブルを真っ先に心配する。

あなたは仏さまですか?

それともアンガーマネジメントの権威かなにか?

まるでマザーテレサのように、慈愛に満ちておられるではありませぬか~。

ドタキャンされたら、誰しもショックだし、腹も立ちます。

それが当たり前の感情です。

それなのに、自分の負の感情を出すのではく、まずはお相手の安寧を願う。

これぞ、婚活女子の鑑であります!!

きらきらきら~☆

いやぁ~参りましたよ。

自分の気持ちにゆとりがないと、なかなかお相手を先に気遣うことは出来ません。

内閣に思いやり大臣とかできたら、任命しても大丈夫だと思う。

男性は女性の思いやりや気遣い、優しい言葉に触れたときに、どうなるのでしょう。

まずは癒しを感じて、外で着ている重い鎧を脱ぎます。

そして、自分がほっと安心できる居場所を、その優しい女性に見い出すのです。

男性が結婚相手に求めるものは、癒し、やすらぎ、安心感なのです。

今回のドタキャンは、お相手男性のお見合い日時の勘違いによるものだと判明。

交通事故にあったとか、突然の体調不良じゃなくて良かったです。

結果的に、うちの女性会員さんしっかり者だから、スケジュール管理できない方だと見なし、そのお見合いはキャンセルになりました。

まぁ、仕方ないよね。

婚活において、スケジュールの管理はとても大切になります。

時間や日にちの勘違いによるドタキャンは、お相手から即アウトになる可能性が高いです。

仕事や体調不良で、予定通りにいかないと思ったら、速やかにカウンセラーに相談すること。

イレギュラーなことは誰にでも起こり得ます。

今回のお相手は勘違いだったので、悪気はなかったと思いますが、スケジュール管理が出来ておらず、結果的に大事なご縁を一件逃してしまいました。

せっかく成立したお見合いを、素敵なご縁に繋げるために、スケジュール管理はしっかりと整えていきましょう♪

明日から娘たちの園が冬休みに入るので、もれなく私も育児にシフトです。

今年の妻ブログは今回がラストになります。

また、来年もボチボチ、箸休めのお新香ブログを書いていきますので、どうぞご愛読のほど、よろしくお願いいたします。

それではみなさま、良いお年をお過ごしください(^^♪


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.259 お見合い時間のルールを知り、スマートに婚活する

201103.jpg


はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

今日は「Vol.259 お見合い時間のルールを知り、スマートに婚活する」いったテーマでお話ししたいと思います。

結婚相談所での出会いで絶対に避けては通れないこと、それは『お見合い』です。

このお見合いについて、『時間』を切り口として、

◎お見合いの適正時間
◎待ち合わせ時間
◎到着時間
◎お見合いからお見合いの時間

についてご説明したいと思います。

このブログを読むことで、お見合いの際の時間に対する悩みが解消し、お見合いの失敗を最小限に留めることができます。

是非最後までお読みいただけたらと思います。

まずは『お見合いの適正時間』についてです。


お見合いの適正時間

お見合いの時間は一般的に1時間程度ですが、これは絶対に守らなければいけないルールなのでしょうか?

先方の都合(お見合い後の予定)もありますが、話が盛り上がっているのであれば、1時間半、2時間のお見合いも有りだと思います。

実際、私は結婚相談所での婚活の時、妻とのお見合いで2時間話していました。

既にお伝えしました通り、先方のお見合い後の予定にも気は配る必要はあります。

しかし1時間ほど経過した時に、先方の時間に配慮するつもりで、

『お時間は大丈夫ですか?』

と聞くと、先方の感じ方によっては「この人、自分が早く帰りたいのかな?」と受け取られる可能性もあるので、聞き方も大切かもしれません。

その場合は、

『私はまだ○○さんとお話していたいのですが、お時間は大丈夫ですか?』

などと聞くと、こちらは話していたいことが伝わるので良いと思います。

とは言え、さすがに2時間以上は長いでしょう。

どんなに盛り上がったとしても、知らず知らずのうちに疲れてきてしまったら、逆効果です。

最大2時間を目途にしていただけたらと思います。

一方、どうしても1時間話すことが苦痛の場合はどうしたら良いでしょうか?

お見合い時間の目安は1時間くらい(オンラインお見合いの場合は40程度の場合もあり)なので、30分程度で切り上げようとするのはさすがに露骨だと思います。

ここは1つ、あなたが大人の対応をしていただき、1時間くらいになるようお相手のお話を聞いていただきたいと思います。

フィーリングが合わない人と1時間話すのはキツイかもしれませんが、合わない人とでも会話を1時間持たせるコミュニケーションスキルを身に付ければ、フィーリングが合う人と出会えた時、長い時間会話をすることが楽に感じるはずです。

次は『待ち合わせ時間』についてです。


待ち合わせ時間

これは、お見合いの開始時間は朝何時から夜何時くらいまでが適正かということです。

結論から言うと、朝は早くて10時開始、夜は遅くて8時開始だと思います。

土日とは言え、朝の9時開始のお見合いはさすがに早過ぎます。

また、平日の仕事帰りとは言え、夜9時開始のお見合いはさすがに遅過ぎます。

ただし、zoomなどのオンラインお見合いの場合は、自宅にいるので夜9時開始でも大丈夫かもしれませんが、こちらも先方との調整が必要です。

平日の夜に関しては、7時開始は、残業の多いサラリーマンにとっては案外厳しい時間設定です。

ましてやお見合いの遅刻は厳禁です。

予約の取れないラウンジも多く、その場合、早めに行って席を抑える必要もあります。

そう考えると、夜7時開始に余裕を持っていくのには、会社からお見合い場所までの時間にもよりますが、ほぼ残業なしで帰社しなくてはなりません。

しかし、サラリーマンであれば、当日の就業間際に上司から突発の仕事の依頼を受けることもありますよね。

ですので、私は婚活時代、平日のお見合いは夜8時に設定しておりました。

プロスペクティブスタートの会員さんにも活動前にはこの話をしています。

お仕事によりますが、夜8時であれば、多少残業があっても間に合う時間かと思います。

お見合いでは、とにかく時間に余裕をもって行動することがとても大切です。

次は『到着時間』についてです。


到着時間

お見合いのラウンジへの到着時間は、お見合い開始時間の1時間前に着くことをおススメしたいと思います。

『なぜ1時間も前に着かなくてはいけないの?』

と思われるかもしれませんが、当日何があるかわからないからです。

◎電車が遅延している
◎電車を1本乗り過ごす
◎途中でお腹が痛くなる
◎駅からホテルまでの道で迷う
◎ホテルに着いたのにラウンジがなかなか見つからない
◎ラウンジが最上階で、エレベーターがなかなか来ずに時間が掛かる
◎お見合い前に緊張して、最後にもう一度トイレに行きたくなる

などなどです。

上記の内、2、3個が当てはまったら、すぐに30分程度、予定していた時間よりもずれてしまいます。

また当たり前ですが、お見合い前に最後の身だしなみのチェックの時間も必要です。

お見合い開始10分前には所定の待ち合わせ場所(ラウンジ入口付近、お席など)に到着しているのもルールです。

そう考えると、1時間前に待ち合わせ場所のラウンジに着く気持ちで行動してちょうど良いと思います。

電車の人身事故で2時間電車が止まってしまった時などはどうしようもないですが、ちょっとした電車の遅延程度でお見合いに遅れてしまうようなことでは、余裕が無さ過ぎです。

1時間前に着くつもりで行動していれば、多少のトラブルには対応できます。

1つ1つのお見合いが『運命の出会いになるかもしれない』と考え、余裕を持って行動していただけたらと思います。

最後に『お見合いからお見合いの時間』です。


お見合いからお見合いの時間

1日に2件、3件のお見合いの予定が入ることも場合によってはあります。

その時の、お見合いからお見合いの時間はどれくらい余裕を持てば良いでしょうか?

これはお見合いの場所にもよりますが、お見合いの開始時間を3時間~3時間半程度ずらしていた方が無難です。

お見合いの時間は先にお伝えした通り、1時間程度が目安である一方、盛り上がれば1時間半、2時間となる場合もあります。

仮に1日に2件のお見合いが入っていて、1件目のお見合いのお相手異性がすごくあなたの好みのタイプで、実際に会ってみても話がすごく盛り上がったのに、次のお見合いのためにぴったり1時間で切り上げるのってすごくもったいなくないですか?

時間に余裕がないと、せっかくお見合いが盛り上がっているのに、あなたは時間を気にしながら次のお見合いに行かなくてはなりません。

また、先にお伝えしたように到着時間はお見合い開始1時間前が理想です。

もし移動時間をギリギリにしていたら、電車が少し遅延した段階でアウトです。

移動時間に掛かる余裕、バッファも必要です。

混んでいる時間帯だったら、お会計に時間が掛かるかもしれません。

お見合い後、トイレに行きたくなるかもしれません。

タッチの差で、予定していた電車に乗れないかもしれません。

上記のようなことは「普通に起こりえること」と想定して、移動時間を設定してほしいと思います。


まとめ

いかがでしたか?

ついついお見合いを詰め込み過ぎたり、時間の無駄がないように効率よくお見合いをしたい気持ちも分かりますが、それにより当日慌てて困ることになるのはあなた自身です。

時間にゆとりを持つことで、不測の事態にも対応できますし、心にもゆとりも持ってお見合いに臨むことができます。

ご参考にしていただけたらと思います。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.233 お見合い申し込み245件で遂に成立!そのままプレ交際へ!

200720.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

今日は「Vol.233 お見合い申し込み245件で遂に成立!そのままプレ交際へ!」といったテーマでお話ししたいと思います。

最初にブログの本題とは全く違う話ですが、最近4歳の長女の言葉が達者になってきて、日々驚かされます。

先日

「今年の夏休みは、おばあちゃんのおうちに遊びに行けるかな?」

と聞いたら、

「行けないかもしれないね。コロナウィルスがいっぱいいるから」

と返ってきました・・・

全国的に新型コロナウィルスの感染者数が急増していることを把握しているのでしょうか???

また、最近は言い訳も覚えてきて

「これ、○○ちゃん(自分の名前)がやった訳じゃないし」

と言います。

例えば、散らかしっぱなしのおもちゃを片付けるように言うと、1歳の妹が出したものだから自分は片付けないと言ったり、私が代わりに出したおもちゃも

「○○ちゃんが出した訳ではない」

と言ったりして片付けようとしません。

「○○が出せないからお父さんが出したんだろうが!」

と思わず大人げなくツッコミを入れたくなりますが、4歳の長女なりに、自分に有利に物事が進むように親と交渉しているのだなと思うと、それはそれで成長を感じる今日この頃ではあります。

さて、だいぶ話が逸れてしまいましたが、本日の本題に行きます。

5月の末にプロフィール公開した30代前半の男性が、ようやくお見合いが成立し、晴れてプレ交際に進みました!

プレ交際成立後もすぐに初回デートができて、滑り出しはとても順調です。

でもここまでの道のりは本当に大変なものでした。

彼(Aさんとします)は5月末のプロフィール公開後直後に左腕を骨折して手術や一時的に入院していたこともあり、始めての申し込みは6月4日。

それから7月初旬に掛けて、Aさんがお見合い成立までに申し込んだ件数はなんと245件。

お見合いに申し込まれた件数は0件。

245件のお見合いに申し込むまでの道のりを説明する前に、彼がお見合い成立に苦労したと思われるプロフィール内容に触れておきましょう。

◎1点目は年収が300万円台であったこと
◎2点目は身長が150cm台であったこと

おそらくですが、この2点が理由でお見合い成立が難しかったと予想されます。

プロスペクティブスタートの会員さんだと、お見合いに申し込み始めて、早い方だとその日の内、遅くとも1、2週間の内にお見合いが成立する方がほとんどです。

ですので、お見合いに申し込み始めてから1週間経ってもお見合いが成立していなかったため、活動の感想を伺ってみました。

するとはやり

「どうしたらお見合い成立率が上がるのか」

といったことに悩んでいました。

成立率が低い理由の1つとしては、Aさんに限ったことではないのですが、男性の場合、理想の女性を聞くと

「価値観、フィーリングが合う人、優しい人」

などと言っていたはずなので、ふたを開けてみるとお顔、年齢重視で申し込んでいる方がほとんどで、Aさんもその傾向がありました。

外見がきれいな女性、かわいい女性は毎月100件以上の男性から申し込まれるので、その中でOK返事をいただくのは至難の業です。

更にいうとそういった人気の女性は、常にプレ交際相手が3人ほどいて、お見合いをストップしている人もたくさんいます。

そうするとAさんの申し込みは、お相手女性には届いておらず、カウンセラーのところでお断りされているケースも多々あります。

平均的には20件申し込めば1件成立するので、お見合い成立率が低いのは、お申し込みが多い(外見が良い)女性に申し込んでいる可能性が多々あります。

しかしAさんの理想の人は前向き、ポジティブ、行動的な女性。

そして

「前向き、ポジティブ、行動的な女性」と、
「外見がきれいな女性、かわいい女性」

との間に、何も相関は無いと思いませんか?

こういったことをご説明し、検索方法をキーワード検索に切り替え、

「前向き」
「ポジティブ」
「行動的」

などのワードを入れて、検索を掛けてもらいました。

また彼が趣味として打ち込んでいる

「創作活動」
「絵を描くこと」

など、共通点がある女性にもターゲットを絞り、外見で判断するのはなく、プロフィール文を読んで判断し、お見合いの申し込みをしてもらいました。

申し込んだ数は数十件。

・・・果たして結果は?

お見合い成立・・・0件。

そう簡単には行くとは思っていませんでしたが、視点を変えて申し込んだのに、この結果は本人もカウンセラーの私もショックでした。

しかしショックを受けているだけでは何も始まりません。

そこで、再度どんな女性に申し込んで行くかを考えました。

ここまでは、あくまでもAさんの条件や好みに合わせて検索して、申し込みをしておりました。

しかしAさんのお見合い申し込みを受けるかどうかを決めるのはお相手女性です。

ですので、

「どんな女性がAさんとお見合いをしてくれそうか?」

ということを、Aさんと二人で話し合いました。

色々と考えた中で、Aさんから

「自分はこれまで女性から『かわいい』と言われることが多かった」

といったヒントが出てきました。

そこから更に、Aさんのことを「かわいい」と感じる女性はどんな女性かを考え、Aさんよりも年上の女性がそう感じるかもしれないという仮説を立てました。

したがって基準としては

「Aさんよりも年上の女性」

に申し込むことにしました。

更に年上の女性であれば、Aさんの300万円台という年収についても、年下の女性ほどは気にならないかもしれません。

また「選ばれる視点」に立ち、プロフィールの自己PRには

「自炊をすること」
「将来のパートナーに料理を振舞いたいこと」

など、女性に喜ばれるポイントも追加しました。

ここからAさんは本当に健気に申し込みを続けました。

34歳のAさんは、最初36歳の女性に絞って申し込みをしました。

しかし36歳の女性数十人に申し込んでも一向にお見合いは成立しません。

次にAさんは37歳の女性数十人に申し込みました。

それでも結果は出ません。

そして次は38歳の女性達へ。

お見合いは1件も成立しません。

実は、Aさんとの面談では

「年上の女性に申し込みしましょう」

とまでは話し合っていたのですが、具体的に何歳の女性という話はしていませんでした。

つまりAさんは自分で考えて、年齢を1歳ずつ上げていったのです。

しかし結果は出ませんでした。

私は健気に申し込みを続けるAさんを見守りながら、

「何とか1件、成立してほしい」

そう願っていました。

そんな矢先、年上女性にターゲットを絞っていた中で、たまたま申し込んでいた30代前半の女性とお見合いが成立しました!

Aさんは人生初のお見合いに向けて

「せっかく組めたお見合いなので、お相手に楽しんでもらえるように頑張りたい」
「自分はプレ交際に進むつもりでお見合いに臨みたい」

といったことを仰っていました。

お見合い成立まで苦労したAさんだからこそ、1件のお見合いをとても大切にし、結果として、1件目のお見合いで見事プレ交際に進むことができました。

お見合いはたくさんやればいい訳ではありません。

なまじお見合いをたくさん組めることで、1件1件のお見合いを大切にできない人もいますし、お見合いをやり過ぎて、自分にはどういう人が合っているのか分からなくなり、迷走してしまう人もいます。

Aさんのプレ交際は始まったばかりなので、この先はまだまだ分かりませんが、交際が順調に進むよう、お相手女性の相談所とも連携し、しっかりとサポートして行きたいと思います。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.229 お見合いとプレ交際相手との時間、どちらを優先する?

200707.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

今日は「Vol.229 お見合いとプレ交際相手との時間、どちらを優先する?」といったテーマでお話ししたいと思います。

結婚相談所で婚活をスタートすると、おそらく多くの方が、

「これまでの婚活が嘘のようだ!」

と感じるくらい、多くの異性と1対1で会う機会を作ることができ、すぐに交際、デートが始まります。

その理由は

◎結婚相談所には真剣に結婚を考えている婚活男女しか登録していないから
◎カウンセラーによるサポートがあるから

という2つの理由です。

お互いが少しでも会ってみたいと思えば、比較的は早くお見合いが組め、プレ交際に進むことができます。

では一体どれくらいの方が早期にお見合いが組め、プレ交際に進めるのでしょうか?

プロスペクティブスタートでこれまで活動されてきた会員さん、現在の会員さんのプロフィール公開後の

◎1ヶ月以内のお見合い成立率
◎1ヶ月以内の交際成立率

を改めて算出してみました。結果は、

◎1ヶ月以内のお見合い成立率=91.6%
◎1ヶ月以内の交際成立率=83.3%

という高い割合でした。

このように多くの会員さんが1ヶ月にお見合いが組め、プレ交際相手ができ、デートが始まっています。

他の婚活サービスで、サービス利用開始後、1ヶ月以内で8割以上の方に交際相手ができることはまずないと思います。

また、1ヶ月以内にはお見合いが組めなかった方、プレ交際相手ができなかった方の多くが、2ヶ月目にはプレ交際相手ができています。

つまりほぼ全員の方が、活動を開始すれば交際相手とデートをするところまで行けるのが、結婚相談所での婚活です。

一方で、たくさんの方とお見合いができ、プレ交際相手とのデートができる結婚相談所ならではの悩ましい問題もあります。

これは多くの会員さんが一度は通る道かもしれません。

それは、

「既にプレ交際相手が複数いて、1人1人とちゃんとデートする時間がない」
「お見合いをたくさん組み過ぎてしまって、プレ交際相手とデートする時間がない」
「お見合いをしても、プレ交際相手が既にたくさんいるから、プレ交際に進めない」
「お見合いをしても、今後もお見合いが控えているから、プレ交際に進めない」

といった、いわゆる

「時間がいくらあっても足りない」

という問題です。

最初は、婚活が上手く進むのが嬉しくて、皆さんたくさんのお見合いを組みます。

しかしその後、

「お見合いの日程調整が大変」

ということに気付きます。

しかも一気に複数のお見合いが成立してしまうと、日程調整だけで疲れてしまうことも。

最初の1ヶ月はこのようなケースになることはよくあります。

でも徐々に結婚相談所での婚活のやり方を掴んでいかなくてはなりません。

それでは一体、

「どの時間を優先して」

婚活を進めていけば良いのでしょうか?

私が考える正しい優先順位となります。

①プレ交際相手とのデートの時間
②既にお見合いをして、素敵だと思った方へのOK返事およびデートの時間
③既にお見合いが決まっている方とのお見合いの時間
④今後のお見合いを申し込む方、OK返事をする方とのお見合いの時間

この優先順位は、既にあなたの近くにいる人方から順に優先して時間を割くようになっています。

一番はなんといっても、

「①プレ交際相手とのデートの時間」です。

プレ交際相手は既に交際中の方です。

プレ交際相手との時間を犠牲にして、ひたすらお見合いをしていても、いつまで経ってもプレ交際相手との交際は深まりません。

結果、真剣交際に進むこともできません。

次は「②既にお見合いをして、素敵だと思った方へのOK返事およびデートの時間」です。

これが2番目に来るのはどういうことかというと、これからお見合いをする方(③、④の方)は、正直どんな方か、会ってみるまでわかりません。

その③、④番の方、いわゆる

「まだ見ぬ方」

に期待を寄せたり、時間の確保を心配したりして、既にお見合いをして「素敵!」と思えた方とプレ交際に進むことを諦めるのはもったいないということです。

常に今、目の前にいる素敵な人を犠牲にして、これからのお見合いする方との時間を優先していたら、いつまで経ってもプレ交際に進むことができません。

お見合いの次のステップはプレ交際です。

プレ交際に進むためにお見合いをしています。

なのに、次のお見合いをするために、プレ交際に進むことを諦めることは、順序が逆で、本末転倒です。

ここまでは理解していただけたでしょうか?

次は

「③既にお見合いが決まっている方とのお見合いの時間」と、
「④今後のお見合いを申し込む方、OK返事をする方とのお見合いの時間」

の優先順位の理由ですが、これは「既に決まっているお見合いの時間=③」で時間がいっぱいなのに「次のお見合い=④」をどんどん組んでしまっては、ますます時間が足りなくなってしまうからです。

ここが逆になっていると、「③のお見合い」をしても「④のお見合い」が控えているという理由で、お見合いをした方をお断りしてしまうケースもあります。

せっかくお見合いをして「素敵だと思える異性」がいたのに、次のお見合いが控えているからお断りしていては、いつまで経っても先に進めませんよね。

そんなことになるなら、「④のお見合い」の予定は、そもそも入れなければ良かったのです。

そうすれば「③のお見合い」で素敵な方と出会えたら、そのままプレ交際に進むこともできます。

とはいえ、常にこの順番通りにいくものでもありませんし、この順番を逆にしたい場合もあると思います。

例えば、「①プレ交際相手とのデート」ですが、

「プレ交際相手のこともまだよくわからない」
「1回デートしたけど、イマイチだった」

といった場合、

「②お見合いをして、素敵だと思った方」

と、新たにプレ交際に進みたいと思うのは自然でしょう。

これはこれで良いと思います。

ただし、以前からプレ交際していた①の方が本当にイマイチで、

「今後も無いな」

と思うのなら、その方とのプレ交際は早めに終了した方が良いのです。

そうすれば、②でお見合いしてプレ交際に進んだ方が、今度は①に昇格され、また活動を続けていくことになります。

一番良くないのが、ズルズルと交際を続け、交際終了の申し出を自分からしないこと。

これは、交際は上手くいっていないのに、その方との交際を今後どうしようか常に気になっている状態です。

ダメならダメで、早い段階で区切りを付けるのが、次の出会いに繋がるきっかけにもなります。

結婚相談所で活動されている会員さん皆さんが通る道ですが、今日のお話を頭の片隅に入れておいていただけば、何か迷った時に、解決の糸口になると思います。

あなたの婚活、応援しています!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.228 好印象間違いなし!お見合い待ち合わせの3つのコツ

200701.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

今日は「Vol.228 好印象間違いなし!お見合い待ち合わせの3つのコツ」といったテーマでお話ししたいと思います。

結婚相談所で婚活をしたことが無い人にとって、

お見合いは未知の世界

そう思っていても無理はないかもしれません。

私も結婚相談所で婚活をするまで、お見合いが何たるものか分かっていませんでした。

でもご安心ください。

お見合い場所こそ

「シティホテルのラウンジ」

などで若干格調は高いものの、お見合いの1時間で話す内容は

「お仕事のこと」
「趣味のこと」
「休日の過ごし方」

など、当たり障りのない内容で全く問題ありません。

むしろ最初から

「なぜ結婚相談所で婚活しているのか」
「結婚したらどこに住みたいか」
「将来、自分の両親の介護をしてもらえるか」

などといったことは間違っても聞かないようお願いします。

初対面の人にそのようなことを聞かれても、お相手も戸惑ってしまいますし、どう答えたら良いかわかりません。

婚活アプリなどで出会った方も、同じように趣味のことやどんな仕事をしているのかなど、ライトな話題から話を始めるのではないかと思います。

場所はしっかりとしたシティホテルのラウンジとなりますが、話す内容についてはあまり気負わず、お互いがストレスにならいよう、1時間の会話が楽しめるのがよいと思います。

では、お見合いの基本的なことがわかったところで、本日の本題「お相手からの好印象間違いなしの待ち合わせの3つのコツ」です。

お見合いに限ったことではありませんが、人と人と出会いにおいては、

第一印象で好印象を与えること

がとても大切です。

それでは1つ目から順にご説明します。

①待ち合わせ場所には余裕をもって到着すること

まずは待ち合わせ場所に余裕をもって到着することです。

あなたも

「そんなこと当たり前でしょ?」

と思われるかもしれませんが、それでは、余裕をもって到着するとは概ね何分前くらいしょうか?

まずはお見合いの待ち合わせ場所であるホテルのラウンジの
予約が取れているケースで考えてみましょう。

予約が取れている場合の待ち合わせ場所は

「ラウンジのお席」

である場合は多いです。

お席には、10分前までに着席していればOKです。

では、ホテル自体に到着する時間は何分前が良いでしょうか。

私は最低30分前が良いと思います。

できれば、お席でのお待ち時間である10分前の、更に30分前。

つまりお見合い開始時間の40分前。

なぜかと言うと、

「化粧室の場所を確認し、お手洗いを済ませる時間(緊張してお腹が痛くなっている場合もあり)」
「化粧室の鏡の前で、全身の身だしなみの最終チェックをする時間」
「夏場であればインナーのシャツを着替え、制汗シートで身体を拭く時間」
「必要に応じて歯を磨く時間」
「髪の毛を整える時間」
「お化粧を整える時間」
「靴の汚れをティッシュで落とす時間」
「服に付いている埃、汚れを落とす時間」

といった確認や作業を行う時間が必要だからです。

特に気を付けて頂きたいのは男性の方。

これまで初対面の女性と会う前に、歯を磨いたり、靴の汚れを落としたりして来なかったかもしれませんが、女性はあなたの口臭や、汚れた靴が気になっている可能性があります。

お会計であなたが支払いをしているとき、女性はあなたの後姿を

「頭のてっぺんからつま先(後ろ姿なので、かかと)まで」

しっかりと見ているでしょう。

ですので年には念を入れて、お見合い前には靴のかかとを修理し、靴のコバまで磨いておくことをお忘れなく。

次はお見合いの待ち合わせ場所であるホテルのラウンジの
予約が取れていないケースで考えてみましょう。

予約が取れていない場合の到着時間はズバリ

1時間前

が良いでしょう。

「えー!そんなに早く着いていないといけないんですか!?」

と思う方もたくさんいると思います。

でも予約が取れていない場合(多くのホテルのラウンジは予約が取れない場合が多い)、30分以上並ぶケースも多々あります。

更に既にお伝えしているお見合い前に確認や作業に掛かる時間があります。

ですので、ホテルに着いたら最初にラウンジに向かい、並んでいる場合はお席を取るためお名前を記載したりします。

その後、化粧室で一通り最終確認をし、再度ラウンジに向かい、お席に通されたら、一旦着席しています。

着席している間の注意事項としては、居眠りをしていないこと。

お相手女性が思ったよりも早く到着するかもしれません。

第一印象がとても大事なことは先ほどお伝えしましたが、女性が見たあなたの最初の姿が居眠りしている姿だったら、せっかく早くきて席を確保していたことが台無しになってしまいます。

また、予約が取れていない場合は、待ち合わせ場所は

「ラウンジ入口付近」

の場合が多いので、必ず10分前までには入口付近に移動しておくことです。

その際、鞄などはお席に置いておき、貴重品は手元に持っておくと良いでしょう。

あと、予約が取れていない場合の1時間前到着は男性に限ったことではありません。

例えば、横浜市在住の女性と、千葉市在住の男性が、土曜日の朝11時から横浜でお見合いをする場合。

この場合、男性がお見合い1時間前の10時に着くためには、朝8時前に家を出ないといけないかもしれません。

そもそも男性が千葉から横浜まで来てくださるのですから、女性が1時間前に着いて、席を確保しておいても良いと思います。

つい最近、こういうケースもありました。

プロスペクティブスタートの会員さんが女性会員さんです。

土曜日の14時から実施する予定のお見合いが、3日前に、急遽お相手男性に仕事が入った都合で19時スタートに。

19時であれば何とか間に合うとのことです。

私は女性会員さんに

「先方男性は仕事帰りでギリギリかもしれないので、時間があったら○○さん(女性会員さん)が早めに行って席を確保しておいてください」

と伝えておきました。

すると、彼女はお時間があったのもありますが、なんと2時間前にホテルに到着し、お席を確保してくれました!

彼女は周辺を散策するのも兼ねて2時間前に一度ホテルに着いたのですが、男性としても女性がお席を確保してくれていたら、嬉しいですよね(^^♪

ちなみにお時間の関係で、予約が取れていないけど1時間前に到着できない場合は、事前にお見合いホテルのラウンジ以外に、2、3、お見合いに使えそうなカフェをリサーチしておくことをおススメします。

こうすることで、ラウンジに入れない場合(30分前到着位だとかなりの確率で並ぶ可能性、入れない可能性大です)、スムーズに対応できます。

では少し長くなりましたので、「①待ち合わせ場所には余裕をもって到着すること」のまとめです。

・予約が取れている場合は40分前の到着
・予約が取れていない場合は1時間前の到着
・到着してもお席で居眠りをしない
・女性が早く行ってお席を確保しても良い
・10分前には入口付近に移動しておくこと
・1時間前に到着できない場合は他のお見合い場所の候補も事前にリサーチ

では「お相手からの好印象間違いなしの待ち合わせの3つのコツ」2つ目です。


②お相手に気付いたら、すぐにアクションを起こす

お見合い場所では男性から声掛けするのがマナーです。

女性はあなたのことに気付いているかもしれませんが、

「声を掛けたいけど、もしかすると違う人かもしれない」

あるいは

「男性から声を掛けてほしい」

と思いながら待っているかもしれません。

ここは男性からスマートに声を掛けましょう。

しかし、女性へのアドバイスとしては、あなたが先に気付いたのであれば、先に声を掛けても全然問題ありません。

むしろ気付いているのに、気付いていないふりをしていたら、男性からの印象も良くありません。

男女ともですが、目が合ったのに一旦逸らしたりするのは、明らかにマイナスの印象を与えてしまうので注意しましょう。

また、男性が先に待ち合わせ場所で立って待っているとします。

待っている男性は、下を向いてスマホのチェックなどは極力控え、お顔を上げて、全体を見渡しながら、お相手女性を探すようにしましょう。

女性が歩いて近づいてくるのに気付いたら、目が合った段階で軽く会釈をしましょう。

女性も軽く歩みを止めて、同じく会釈をすると、男性に好印象を与えられます。

とにかく第一印象が全てと言っても過言でないくらい重要です。

あなたの姿が相手の目に留まった時から、お見合いはスタートしています。

最後に「お相手からの好印象間違いなしの待ち合わせの3つのコツ」3つ目です。


③笑顔で挨拶する

これも当たり前のことなのですが、案外できていない人が多いと思います。

しっかり相手の目を見て、笑顔で

「初めまして。○○です。よろしくお願いします」
「本日をお見合いのお時間を作っていただき、ありがとうございます」

と最初に伝えることです。

また雨が降っていたら、

「雨の中、ありがとうございました」

雨が既に止んでいたら

「雨の方、大丈夫でしたか?」

暑い日だったら

「暑い中、ありがとうございます」

など、お相手を慮る気持ち、感謝の気持ちも伝えられると更に良いと思います。

また笑顔についてですが、口だけ笑うのではなく、目でも笑ってください。

正しい笑顔は、口角を上げ、目尻を下げることです。

しっかりと笑顔ができているだけで、お相手に与える印象はぐっと上がります。


まとめ

「お相手からの好印象間違いなしの待ち合わせの3つのコツ」いかがでしたか?

各コツのタイトルだけ読んでいると

「なんだ、そんなことか」

と思われたかもしれませんが、意外と気付いていないことも多かったのではないでしょうか?

今日お伝えした内容をしっかりと実践していただけたら、お相手から好印象を持ってもらえること間違いなしです!

是非、参考にしてください。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.227 短期間でプレ真剣交際相手を見つけられる人の3つの特徴

200629.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

今日は「Vol.227 短期間でプレ真剣交際相手を見つけられる人の3つの特徴」といったテーマでお話ししたいと思います。

ここ最近、プロスペクティブスタートに5月にご入会された方の中から続々と

「プレ真剣交際」

のご報告を受けています!

「プレ真剣交際」とは聞き慣れない言葉だと思います。

はい、たった今、私が作った言葉です。

説明しますと、

「真剣交際を考えているお相手異性とのプレ交際」

ということになります。

つまり、プレ交際でデートを3~4回程度重ね、真剣交際をどちらか一方、もしくは双方が考えている状態になります。

実は、5月にご入会され、プロフィール公開後1ヶ月半前後活動されている会員さんのうち、約半数の方が現在この「プレ真剣交際」の状態であるお相手異性がいらっしゃいます。

では何故彼らがプロフィール公開後、たった1ヶ月半程度で、

「真剣交際を考えられるお相手異性」

と出会えたのでしょうか?

「短期間でプレ真剣交際相手を見つけられる人の3つの特徴」

とは、どういった特徴でしょうか?

順を追ってご説明します。
 

①お見合いの件数が少な過ぎず、多過ぎない人

お見合いを組めないと結婚相談所での婚活をスタートできません。

まれに最初の1人、2人目くらいにお見合いした人とそのまま真剣交際に行き、成婚退会する方もいますが、やはり多くの会員さんは、なかなか1人目、2人目とお見合いした人と、そのまま成婚退会まで進む決心は付きません。

そのため、ある程度の件数、お見合いをすることは大切です。

プロフィール公開直後で、まだプレ交際相手がいないときであっても、月に3件から多くても8件くらいが良いと思います。

8件というと週に2回です。

これでもかなり多いと思います。

ただし、これ以上多くなってしまうと、正直お見合いをするのが大変になってきます。

何とかお見合いはこなせても、1件1件のお見合いを大切にすることが難しくなります。

するとお見合いをしても

「お見合いをしてとても素敵な方だった。でも、今後もお見合いがたくさん控えているため、お断り」
「今日、3名の方とお見合いをして、どなたとも楽しく話せたが、3人とプレ交際に一気に進むと時間がないため、2名の方はお断り」

といったことになってしまいます。

でもこれはとても勿体ないことです。

適切な頻度でお見合いをしていれば、良いと思う全員の方とプレ真剣に進むことができたかもしれません。

対面お見合いであれば1日に2件程度、オンラインお見合いであれば1日に3件程度お見合いを組むことはよくありますが、1日に複数件のお見合いを組むことは、たくさんのお見合い相手の中から選別できるというメリットがある一方、本当に相性の良い人を見落としてしまうデメリットもあります。

仮にAさん、Bさん、Cさんと2週間おきにお見合いをしたとします。

3人とも話していて楽しく、優しそうな方だったので、3人とプレ交際に進みます。

ただお見合いの時点では、

「Aさんと一番フィーリングが合っている」

と感じていたとします。

しかし、Aさん、Bさん、Cさんとそれぞれ3回のデートを終えたとき、一番フィーリングが合うと感じるのはBさんになっていました。

お見合いの時期をずらしていれば、このように3人とプレ交際に進み、ある程度時間を掛けて、3人とのフィーリングを確認することができます。

結果として、お見合いの時に一番フィーリングが良いと感じたAさんとはフィーリングのずれを徐々に感じるようになったものの、ある程度の時間を共にして、Bさんと一番フィーリングが合うことに気づきました。

しかし、3人と同じ日にお見合いをした場合、お見合いの時点でフィーリングが一番合うと感じたAさん以外は、デート時間の確保の都合でお断りしなくてはならないかもしれません。

でもAさんとは3回デートした時点でフィーリングずれを感じるようになりました。

そして4回目のデートの後、Aさんともプレ交際が終了してしまいました。

必ずしもこのような結果になるとは限りませんが、お見合いを組み過ぎると、

「お見合いをとにかくこなすこと」

自体が目的になってしまい、

「時間を掛けてお相手の良さを知ろうとすること」

がおろそかになってしまう可能性があります。

では結婚相談所でご成婚している先輩たちは、実際どのくらいの件数、お見合いをしているのでしょうか?

プロスペクティブスタートが加盟している日本結婚相談所連盟(IBJ)の成婚者のデータでは、男女別、年代別に以下の平均お見合い回数と平均在籍期間のデータが出ています。

男性
25~29歳 平均お見合い件数 9.8回/平均在籍期間 274日(約9.0ヶ月) 
30~34歳 平均お見合い件数 15.2回/平均在籍期間 357日(約11.7ヶ月)
35~39歳 平均お見合い件数 18.2回/平均在籍期間 425日(約13.9ヶ月)

女性
25~29歳 平均お見合い件数 11.3回/平均在籍期間 291日(約9.5ヶ月) 
30~34歳 平均お見合い件数 13.9回/平均在籍期間 349日(約11.4ヶ月)
35~39歳 平均お見合い件数 15.4回/平均在籍期間 431日(約14.1ヶ月)

(ちなみにこの数値は平均値であって、極端に多くお見合いをしている方や、極端に長く在籍している方に引っ張られて、平均値は上がる傾向があるため、多くの成婚者のお見合い件数、在籍期間は上記数値よりも下回ります)

このデータから、平均約9ヶ月~14ヶ月の間に、約10回~18回程度のお見合いをしていることがわかります。

ただし在籍期間期間中、ずっとお見合いをしている訳ではなく、実際にお見合いをしている期間は、

実際にお見合いをしている期間
=在籍期間-(真剣交際期間+プレ交際期間中のお見合い未実施期間※)

※プレ交際期間中であってもプレ交際相手が複数いたり、真剣交際間近の交際相手がいたりすると、多くの会員さんがお見合いを自主的にストップします。

となり、おおむね在籍期間の半分程度だと思います。

すると在籍期間が約9ヶ月~14ヶ月でも、実際にお見合いをしているのは約4.5ヶ月~7ヶ月。

その期間に約10回~18回程度のお見合いをしているので、

1ヶ月当たりのお見合い件数=月2.2回~月2.5回

と言えます。

もちろん、毎月ぴったりこの件数をやっている訳ではなく、プロフィール公開直後は月4、5件程度、プレ交際相手2名ほどいるときは月1件までなど、強弱はつけて良いと思います。

とはいえ、全活動期間を通じて、多くても20名くらいの方とお見合いをすれば、成婚できるということです。

これ以上お見合いをしても真剣交際に全く進む気配がないとすると、いわゆる

「いつまで経っても決められない人」

になってしまいます。

30人とお見合いしても、50人とお見合いをしても真剣交際に進めないとすると、

100人とお見合いしても、1000人とお見合いしても決められないでしょう。

100人、1000人はわかりやすくするために例として出した数値なので、さすがにこんなにお見合いする人はいませんが、仮に50人以上とお見合いをしても決められない人は、

「運命の人と出会えていない」

から真剣交際に進めないのではなくて、

「お相手に合わせようとする努力が足りていない」
「お相手に歩み寄ることができていない」

から、真剣交際に進めないのだと思います。

最後は少し厳しめの言葉になりましたが「お見合いの件数が多過ぎる人」は得てしてこのような傾向があると考えられます。

1つ目の特徴がかなり長くなりましたが、次は「短期間でプレ真剣交際相手を見つけられる人の3つの特徴」の2つ目です。


②相手からの申し込みにOK返事を出す確率が高い人

お相手異性からのお見合いにOK返事を出すことで、自分からの申し込みでしかお見合いをしない人に比べて、単純にお見合いの組める確率が倍になります。

中には、自分に申し込んでくれたお相手にOKを出すだけで、毎月適切な件数のお見合いを組める人もいます。

こういう会員さんは、

「申し込んでくれた方のプロフィールを読み込み、お見合いをするだけで時間が掛かるんで、自分からは申し込んでいる時間がありません」

と仰る場合すらあります。

また、自分からお見合いの申し込みをしても、なかなかOK返事を貰えない場合は、申し込まれたお見合いにOK返事をすることはとても有効な方法で、出会い(お見合い)の機会が広がります。

更に、ここが一番のポイントなのですが、

「お相手にOK返事を出す人は、人に対する許容範囲が広く、自分に興味を持ってくれる人に興味を持ち、良い点を見つけようとする傾向がある」

と言えます。

このような人はプレ交際を上手く進められるのはもちろんのこと、結婚生活も上手く行く確率が高い思います。

自分を許し、興味を持ち、良い点を見つけてくれるパートナーに対し、悪い感情を抱く人はまずいないためです。

最後に3つ目の特徴です。


③プレ交際相手が2~3人になったら、お見合いをストップできる人

これもとても大事です。

「短期間でプレ真剣交際相手を見つけられる人の特徴」でもあり、
「短期間で成婚退会できる人の特徴」とも言えますが

たいていの場合、カウンセラーの方から特に声を掛けなくても会員さんの方から

「プレ交際中のお相手との交際に集中したいので、佐藤さんの方でお見合いの取り次ぎをストップしてもらえますか?」

と連絡がきます。

こういった連絡をいただくと、私は

「この会員さんは、結婚をする心の準備が整ってきたな」

と感じます。

こういう会員さんは、直感的に

「今、目の前にいるプレ交際相手と真剣に向き合うことが、結婚への近道」

であることを感じており、裏を返すと

「このままお見合いをやり続けることが、決して良い結果を生む訳ではない」

ということに気付いているということだと思います。

30件、50件、100件とお見合いを続けている間に、自分の年齢も上がっていき、結果として婚活市場における市場価値が下がっていくこともわかっているのです。

だから、勇気を出してお見合いをストップすることができ、短期間でプレ真剣交際相手を見つけることができるのです。


まとめ

「短期間でプレ真剣交際相手を見つけられる人の3つの特徴」、いかがでしたか?

「短期間でプレ真剣交際相手を見つけられる人」が全てこういう特徴である訳ではないのですが、今日紹介した3つの特徴を持っている人は、高い確率で「短期間でプレ真剣交際相手を見つけられる人」であることをご理解いただけたのではないでしょうか。

結婚相談所で活動することになったら、今日お伝えした内容を頭の片隅に置いて、婚活を進めていただければ、きっと「良い結果=ご成婚」に繋がると思います。

あなたの婚活、応援しています!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.226 お見合いでやる気のない態度を取り続ける人の結末

200627.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

今日は「Vol.226 お見合いでやる気のない態度を取り続ける人の結末」といったテーマでお話ししたいと思います。

3月末に新型コロナウィルスによる肺炎で亡くなった志村けんさんの追悼番組が先日テレビでやっており、たまたま夕飯時だったので、家族で見ていた我が家。

普段お笑いの漫才などがテレビでついても見向きもしない4歳の長女。

その4歳の長女がドリフをじーっと見ていて

「これ面白い」

と言ったのです。

これから令和の時代を生きていく彼女が、昭和の「笑い」を面白いと感じる。

それはなぜだろうと考えました。

きっと時代を超えて子供たちの気持ちを掴むものがあるのに違いない。

私が真っ先に思い浮かんだことは

「わかりやすさ」

です。

私はお笑いには全く詳しくないのですが、ドリフの笑いは、

「オーバーアクションで同じことを何度も繰り返し」
「見ている側も次に何が起こるかわかっていて」
「見ていて安心する」

のだと思いました。

私はお笑いをほとんど見ないのでどうのこうの語る資格はないのですが、あるベテラン芸人が

「最近のお笑いは洗練されているといえばそうなのかもしれないが、わかりにくい場合がある」

みたいなことを言っていることを聞いたこともあります。

それが理由なのか、うちの4歳の娘だと内容についていけなくて興味を示さないのかもしれません。

でもドリフの笑いには、4歳の子供でもわかる

「わかりやすさ」

があるし、

「時代を超えるもの」

がある。

これを婚活に当てはめるとどうなるでしょうか?

「わかりやすさ」は

「お相手異性に対するしっかりとしたリアクション」
「LINEなどでのこまめな連絡(連絡がないと相手が何を考えてるのかわからない)」
「相手を安心させる、笑顔での挨拶」

だったり、こういった「当たり前」のことだと思いました。

また「時代を超えるもの=時代を超えて大切なこと」とは

「お見合いやデートの時間に遅れない」
「目の前にいるお相手に興味をもって接する」
「ご飯やお茶をおごってもらったら、ありがとうとお礼をいう」

とか、これもどれも「当たり前」の内容です。

でも実は、こういった「当たり前」のことができていない人も中にはいます。

これらは

「異性との出会い」

の以前に

「人として当たり前のこと」

のなのですが、不思議なことに「異性との出会い」の場になると「人として当たり前のこと」ができなくなってしまう人がたくさんいます。

その中でも一番多いのが

「好みの異性でないと、やる気のない態度を取ってしまう」

というものです。

こういった行為はその人の

「徳が積まれず」
「品位が落ち」
「信用が落ちる」

行為以外の何物でもなく、やってもメリットは全くありません。

これをやってしまう人は、感情を理性でコントロールできないタイプの人です。

自分の感情がついつい態度に出てしまう。

ちょっとしたことですぐに機嫌が悪くなる。

なんだかいつも不平不満を言っている。

おそらくこのような方と結婚したいと思う人はあまりいないと思います。

さらにこのような行動をしていると、結婚相談所の場合、カウンセラーに報告が挙がってきます。

例えばプロスペクティブスタートの男性会員Aさんが別の相談所の女性Bさんとお見合いをして

「Bさんのやる気が全然なかった」

という報告がAさんから挙がってきたとしましょう。

後日、女性Bさんがプロスペクティブスタートの別の男性Cさんにお見合いを申し込んでくるケースもよくあります。

すると私は何事もなかったかのように、とりあえずCさんに取り次ぎますが内心は

「Bさんはまたお見合いの席でやる気のない態度を取らないだろうか?」

と心配になっています。

お見合い後、Cさんからまたしても

「Bさんは私に全く興味がないのか、話をしていても全く相槌を打ってくれなかった」

という報告を受けたらどう感じるでしょうか?

おそらく

「Bさんは要注意人物だな」
「今後、うちの男性会員さんに申し込みがあっても取り次ぐかどうか迷うところだな」

と思うでしょう。

更にBさんは他の相談所の男性会員さんにも同じようなことを繰り返していたら?

おそらく、Bさんの知らないところで

「ブラックリスト入り」

されている可能性もゼロではありません。

自分の取った行動、態度が、思わぬ形で自分の婚活を窮地に追い込むことになります。

でも文句を言っても仕方ありません。

全て自分で蒔いた種です。

今日のお話は少し怖い話になってしまいましたが、こうなることを避ける方法はもちろんあります。

それは私が常日頃色んなブログ記事で伝えていますが、

「どんなお相手にも誠実に接すること」

です。このような誠実な態度が取れていると、お見合い後、お相手異性に「お断り」の返事をしたとしても

「残念ながらお断りとの結果ですが、弊社会員からは○○様にはお見合い中、すごく誠実に接していただけましたとの感謝の報告を受けております」

といったお言葉さえ頂くこともあります。

ブラックリストに入ってしまう人とは雲泥の差です。

誰にでも誠実に対応できる人は、多くの方からOK返事をいただき、婚活が長引かず、比較的スムーズに成婚退会できる傾向にあります。

頭ではわかっていても、誰にでも誠実に接することは意外と難しいことですが、結果として自分のためもなることですし、人としての成長にもつながることです。

是非、実践していただけたらと思います。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.221 振ったり振られたりしながら結婚に近づいていく

200609.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

今日は「Vol.221 振ったり振られたりしながら結婚に近づいていく」といったテーマでお話ししたいと思います。

プロスペクティブスタートには5月、6月も多くの方がご入会されています。

5月にプロフィール公開された方の中には既に20件近くのお見合いが成立し、日々それをこなしている人もいますし、一方、5月末頃プロフィール公開した方の中には、まだお見合いが成立していない人もいます。

また、プレ交際に進んでいる方もたくさんいらっしゃいます。

プレ交際が成立するには、お見合いをしてお互いがもう一度お会いしてみたいと意思表示することが必要ですが、通常、プレ交際が成立する確率は41%程度。

ただ、最近は新型コロナウィルスの影響によりお見合いも「オンラインお見合い」が増えていたこともあり、「プレ交際成立率」も50%程度まで上がってきているようです。

理由としてはオンラインお見合いでは実際にお会いしていないので、一度会ってから判断したいと考える人が増え、「プレ交際成立率」が上がっているのだと思います。

「プレ交際成立率」が上がっていること自体は喜ばしいことですが、一方、プレ交際に進んだからといって交際が順調に進んでいくとは限りません。

そこには

「お互いの価値観」だったり、
「フィーリング」だったり、
「LINEでのやり取り」だったり、

そういったちょっとしたことの

「違い」
「違和感」
「ズレ」
「もつれ」

によりプレ交際の関係にヒビが入ってしまうことも多々あります。

お相手のことを良く知っていれば、ちょっとしたやり取りですぐに関係がダメになってしまうことはないのですが、プレ交際初期は本当にちょっとしたことでお互い、あるいは一方のモチベーションが下がってしまうことはよくあります。

実際、5月も6月もたくさんのプレ交際が成立しましたが、また多くのプレ交際が終了していきました。

プロスペクティブスタートの会員さんが振ることもありますし、振られることもあります。

まだ真剣交際には入っていないものの、お相手異性とのデートを楽しみにしていた会員さんの中には、ちょっとしたショックを受けている方もいます。

一方でその方も、他の異性を振ったり、お見合いをして「お断り」の返事をしていたりする訳です。

プレ交際で1、2回程度デートして、振るなり、振られるなりして「交際終了」というのは、ある意味そこまでお相手との時間を使っている訳ではないので、言い方を変えれば

「早い段階で気付いてよかった」

とも取れると思います。

一方で、会員さんによっては

「お相手の良さは何回かお会いしないと分からないので、私は、最低3回はお会いしてから判断したい」

と考える人もいます。

会員さんの中には

「自分から申し込んでOKを貰いに行く人」
「お相手からの申し込みにOKする人」

「お見合いがたくさん組める人」
「お見合いがなかなか組めない人」

「プレ交際相手ができたら、お見合いをセーブする人」
「プレ交際相手ができても、お見合いのペースは緩めない人」

「プレ交際相手と一度も会う前に関係がもつれてしまうケースがたまにある方」
「プレ交際相手と一度も会う前に関係がもつれてしまうケースがほとんどない方」

「プレ交際相手とのデートが1、2回で終わってしまう確率の高い方」
「プレ交際相手とのデートが3、4回できる確率の高い方」

などなど、様々な方がいます。

5月にプロフィール公開された会員さんの中には、早くも1人のお相手異性と、3回のデートをしている方もいます。

プロフィール公開後たった1ヶ月でもお見合いをして、その後3回のデートをしている訳です。

婚活している方の目的は「幸せな結婚」だと思いますので、一旦そこをゴールと考えると3回デートをしただけでは、ゴールまでの道のりはまだまだ先です。

(「一旦そこをゴールと考えると」と説明したのは結婚自体がゴールではなく、あくまで長い結婚生活のスタートだからです)

とはいえ、3回目のデートをしてもお互いに大きな違和感を覚えず、関係が良好なのであれば、そのお相手は実は結構合っているのもしれません。

考えてみれば3回デートできる人と出会えるまで、

「50人、100人、200人という方に申し込んだり申し込まれたりして」
「5人、10人、15人とお見合いして」
「その中で5人くらいとプレ交際に進んで」
「1、2回で振ったり振られたりして別れてしまう人もいて」

ようやく3回デートができた訳です。

これってまあまあすごい確率だと思いませんか?

場合によったら200分の1程度です。

わずか0.5%。

するとこういう人は大切にしていかないといけませんよね。

自分でこういったことに気付ける人は早く結婚できます。

私も3回デートできた人は、「真剣交際相手の候補」として考えはじめて良いと思います。

「3回目のデート」に至る過程は説明しましたが、結婚相談所で「結婚」まで進む道のりには更にいくつかの段階が追加されます。

「お見合いを組めるか、組めないか」
「プレ交際に進めるか、進めないか」
「プレ交際で1、2回のデートで終わってしまうか、3、4回目のデートまで進めるか」
「真剣交際に行けるか、行けないか」
「真剣交際後、スムーズに関係が構築できるか、できないか」
「最終的にプロポーズまで行けるか、行けないか」

少し考えただけでも6段階くらいあります。

自分は今この段階のどこで躓いているのか。

躓いている理由はなんなのか?

それを改善するには自分の行動をどう変えればいいのか?
(お相手や環境があなたのために変わることを期待してはいけません)

分からなかったら、もちろんカウンセラーに相談してみてください。

しかし、最終的には自分自身が「腹の底から納得」できないと、結婚は上手く行きません。

だって、結婚するのは「あなた」ですから。

たくさん悩んで、自分なりの答えを見つけられたとき、「幸せな結婚」ができるはずです。

あなたの「幸せな結婚」も応援しています。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.219 【男女必見】お見合いでケーキは食べる?食べない?

200606.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

今日は「Vol.219 【男女必見】お見合いでケーキは食べる?食べない?」といったテーマでお話ししたいと思います。

私は活動開始前の面談で、男性会員さんに対しては、対面お見合いの場で、会ってすぐにお相手女性のことが気に入ったら

「ケーキを勧める」

よう、アドバイスしています。

具体的どのように女性にケーキを勧めれば良いかというと、

男性「○○さんって甘いもの食べられますか?」
女性「大丈夫です」
男性「すみません、私夕飯(もしくは昼ご飯)をまだ食べていなくて、お腹が減っているのでちょっとケーキを食べたいのですが、○○さんも一緒にいかがですか?」
女性「え、いいんですか?」
男性「全然いいんです。むしろ、1人で食べるのは恥ずかしいので、一緒に食べていただけるとすごく助かります!」
女性「ありがとうございます。それであれば私も頂きます」

といった形で会話を勧めるよう、お伝えしています。

また、女性会員さんにもケーキを勧められた場合、

「ありがとうございます」

とお礼を言って、「食べても良いのではないか」と説明しています。

「食べても良いのではないか」と遠慮がちなのは、お見合いでのお茶代は男性が支払うのがルール&マナーだからです。

そうなるとケーキについても同様に男性が支払うことになります。

女性によっては

「支払いは男性なのに、ケーキまでご馳走になるのは図々しいのでは?」

と考える女性もいます。

こういう風に女性に感じさせてしまうには、男性の勧め方にも問題はあると思います。

例えば、お席に着くなり男性に

「ケーキ食べますか?」

と聞かれたらどうでしょうか?

女性からすると

「これってどういう意図?」
「もしかしてトラップ?」
「ここですぐに『いただきます』って言ったら『こいつ一度は断れよ』とか思われない???」

などという考えが一瞬頭をよぎり、

「いえ、大丈夫です(いりません)」

となり、男性も

「そうですか・・・」

となり、何となく気まずい雰囲気になる。

この場合の1番の問題は、男性の勧め方です。

女性もきっぱり断るのではなく「▲▲さんは食べるのですか?」と伺えばまた別の展開があるとは思うのですが。

コミュニケーションが苦手な方は、「コミュニケーションが丁寧でない」というか、「唐突感」があるのだと思います。

ですので1段ずつ階段をゆっくり上るようにお相手に確認したり、ケーキを勧める場合についても、お相手女性が「それでは、お言葉に甘えていただきます」と答えやすいように勧めることが良いと思います。

また先日はある会員女性さんから

「お茶(コーヒー、紅茶)を飲むスピード」

について、相談を受けました。

その女性会員さんはあるお見合いで、30分弱でお茶を全て飲み切ってしまい、男性からお茶のお替りを勧められたようです。

コーヒーなら無料でお替りができるところもありますが、アイスティーなどは無料ではお替りできないので、新たにオーダーとなります。

ここも女性としては迷うところ。

なぜならお茶代は男性持ちだから。

こちらの対処法としては女性が「お冷をいただきましょうか」と提案して男性の分を合わせた2人分のお冷をお願いすること。

もう1つは、そもそも男性にお茶のお替りを勧められないように1時間程度のお見合いであれば、50分位かけて3分の2くらいまで飲み、残りの3分の1を最後の10分で飲み、

「○○さんのお話伺えてとても楽しかったですが、そろそろお時間ですね」

といった感じでスマートにお見合いを切り上げるという方法。

女性としてはこのようなペースでお茶を飲めば、男性に気を遣わせる必要もないかと思います。

男性からすると、お冷を勧める訳にもいかないので、女性側がこのような配慮をしていてくれると助かるはずです。

ちなみに女性にもう1点注意してほしいことは、お茶は飲み残さないということ。

お見合いを行うシティホテルのラウンジのお茶は1,000円~1,500円程度しますので、お茶を半分以上残す女性に対し、男性は

「支払いしているはこっちなんだから、せめてちゃんと飲んでほしい」

と思う方もいらっしゃいます。

お互いがお互いの気持ちを考えて行動することでお見合いの場はスムーズに流れ、お互いにとって居心地の良い時間になります。

ご参考にしていただければと思います。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.216 お見合い戦略は人それぞれ

200603.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

今日は「Vol.216 お見合い戦略は人それぞれ」といったテーマでお話ししたいと思います。

先日、5月にプロフィール公開した20代後半女性会員さんと、zoom面談を行いました。

プロフィールを公開して多くの方とお見合いが組め、実際に複数のお見合いをこなしてきました。

そこで、これまでの活動の振り返りを行いました。

通常、「無料相談」、「ご入会手続き」、「初回面談」などでどの会員さんにも共通してお話することがあり、それは

「お見合いの申受けに対してOK返事をする際の基準はあまり厳しくせずに、お写真などでピンと来なくても、生理的に受け付けないレベルであればまずはお会いすることとをおススメします」

といった内容です。

何故このようなお話をさせていただくかというと、お見合いに申し込んで成立する確率(OK返事をもらえる確率)は一般的に5%程度と低いため、お相手から申し込んでもらったお見合いについては、大事にしましょうという意味もあります。

皆さんが多くの異性に申し込んでいるから、確率が低いというのもありますが、お相手に課す基準が高過ぎるのも理由の1つです。

場合によっては100人に申し込まれてもどなたにもOK返事を出されない方もいます。

そういった方でもお見合いに自分から積極的に申し込み、お相手からOK返事をもらえるなら問題ありません。

しかし、お相手からもOK返事を貰えないとなると、全くお見合いが組めないという結果になります。

そのため、自分に申し込んでくれた人には、お会いする前に判断するのではなく、生理的に受け付けないレベルでなければ、まずはお見合いしましょうというお話をさせて頂いていいます。

しかし、今回の女性会員さんについては、彼女がお見合い申し込みにOKを出す確率は何と25%。

実に4人に1人にOK返事を出している計算です。

プロフィール公開後、約10日間で35名の方に申し込まれて、9名の方にOK返事を出されました。

平均的な5%という割合だと1~2名程度の方にOK返事を出す計算なので、彼女がいかに多くの方にOK返事を出しているかがわかると思います。

彼女のお見合いに対する姿勢は大変素晴らしく、皆さんにお手本にしてほしいのですが、贅沢な悩みも発生します。

それは、

「お見合い調整が大変」

だということ。

彼女は自分からも約10日間で80名の方に申し込み、8名の方からOK返事をいただきました。

わずか10日間の活動で、合計17件のお見合いが成立です。

このペースで行くと、1ヶ月で51件のお見合い。

さすがにこれは1ヶ月にこなせるお見合い件数の限界を超えています。

ただし現時点で、約10日で17件のお見合いが組めていても何とか回せているのは

「オンラインお見合い」

だからです。

オンラインお見合いは移動時間もないため、多ければ土日に5件ずつくらい予定を入れることも可能です。

彼女も1日に3件、4件とお見合いを入れているため何とかこなせています。

しかし、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言も5月末で解除されたため、6月からは対面のお見合いも増えています。

お見合いは双方の意向を尊重して「オンライン」とするのか、「対面」とするのかを決めますが、今後場合によっては対面でのお見合いも増えてくるかもしれません。

するとやはり、今のペースでお見合いが成立していくと、キャパオーバーになります。

今日のお話は、お見合いが月に1~2件くらいしか組めない方からすると

「なんて贅沢な悩みなんだ・・・」

と思われるかもしれませんが、これだけお見合いが組めている最大の理由は、彼女が「4人に1人」にOK返事を出した結果です。

ただ、ここまでOK返事を出すとやはり大変でもあります(^^;

普通はしないアドバイスなのですが、彼女には

「もう少し、お見合いにOK返事を出す基準を厳しめにしましょう」

とお話しました。

仮にお見合いはこなせて、お見合いした3人に1人くらいとプレ交際に進んだ場合、プレ交際人数が一気に5人、10人と膨れ上がってしまいます。

たくさんお見合いしてプレ交際に進んでも、次のステージとして、プレ交際相手と週1回程度のデートをする時間を確保できないと、真剣交際には進めません。

今後彼女が自分の中での最適なペースを掴み、お見合いからプレ交際、そして真剣交際に繋げられる流れを作れるよう、サポートして行きたいと思います。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.208 お見合い希望日時を出さないのは奥ゆかしさ?主体性の欠如?

200526.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

今日は「Vol.208 お見合い希望日時を出さないのは奥ゆかしさ?主体性の欠如?」といったテーマでお話ししたいと思います。

結婚相談所での出会いの始まりは「お見合い」です。

今日はこのお見合いの日程調整についてのお話になりますが、まずは結婚相談所でのお見合いの日程調整の基本についてご説明いたします。

お見合いの日程調整は双方会員さんの希望日時を、双方会員さんのカウンセラーが間に入って調整します。

ここでは「男性Aさん」が「女性Bさん」にお見合いを申し込むケースについてご説明します。

まずは、お見合いに申し込まれて「OK返事」を出した女性会員Bさんから、第3希望まで日程を提示します。


例えばこんな感じです。

【お見合いの希望日時】

第1希望:2020年5月30日(土)10〜12時頃
第2希望:2020年5月31日(日)13〜16時頃
第3希望:2020年6月3日(水)17時以降

こういったイメージです。

こちらの日程をご自身のカウンセラーにお伝えし、カウンセラーは先方カウンセラーさんにお伝えし、先方カウンセラーさんから女性会員Bさんにお伝えします。

そうすると通常は先方カウンセラーさんを通じて、女性会員Bさんから

「第2希望の5月31日(日)13〜16時頃であれば調整が付くのですがいかがでしょうか?」

といったお返事が返ってきます。

今度は女性会員Bさんの予定を男性会員Aさんにお伝えし、Aさんから

「そうしましたら5月31日(日)14時でお願いします」

といった感じで日時が決定します。

こちらがごくごく一般的な日程調整の流れです。

しかし、中には申し込まれた側が、最初の希望日時を提示して来ないケースもあります。

ここからのお話は実際にあったケースです。

今回のケースに当てはめて説明すると、女性会員Bさん側から

「こちらは比較的に調整が付きますので、Aさんの希望日時を教えて頂きたく思います」

といった返事がありました。

ここまではたまにあるケースなので、とりあえず上記の旨を男性会員Aさんにお伝えし、Aさんの希望日時を第3希望まで出してもらいました。

(※厳密には、本来は女性会員Bさんが希望日時を出すべきです。というのは、希望日時を出すと、その日程を全て空けておかなくてはならないため、男性会員Bさんに負担を掛けさせる形になるためです)

話は少し脱線しましたが、男性会員Aさんから出てきた第3希望までの日時を、先方カウンセラーさんを通じて、女性会員Bさんにお伝えしました。

すると、驚いたことに女性会員Bさんからは

「いずれの日程も調整が可能ですので、Aさんのご都合に合わせます」

という返事がきました。

実は上記のお返事と一緒に先方カウンセラーさんからは補足のメッセージとして

「女性会員のAはいずれの日程でも良いと申しているのでが、頂きました希望日時のうち、〇月〇日〇時でいかがでしょうか?」

と添えられていました。

おそらくですが、先方カウンセラーさんはこれでは男性会員Aさんに失礼だと思い、このようなメッセージを添えてきてくれたのだと思います。

あなたは女性会員Bさんのこと、どう思われますか?

本来、最初に希望日時を提示する立場のBさんは、それを男性Aさんにお任せし、今度はせっかくAさんが出してきていくれた希望日時に対しても「いつでも良いです」と答える。

これって

「奥ゆかしさ」

を通り越して

「主体性の著しい欠如」

だと思いませんか?

たかだか日程調整1つを取っても自分の意見を全く言わないということだと、Bさんの今後の婚活が本当に心配です。

コミュニケーションの基本はキャッチボールで、それは日程調整についても同じです。

Bさんは自分からはボールを一切投げず、ひたすらAさんにボールを投げることを要求しています。

さらに投げてもらったボールに対しても、一切投げ返すことをしません。

これではキャッチボールは全く成立しません。

今日ご紹介したBさんの行動を反面教師として、あなたの婚活にも活かしていただけたらと思います。


【入会金・初月月会費無料】ご入会数、ご成婚数達成記念キャンペーン!

(※2020年9月28日更新)

プロスペクティブスタートは、2020年8月末時点で、

◎2019年のご入会数、ご成婚数を上回ったことへの感謝を込めて

2020年10月1日~12月最終営業日までにご入会される方の入会金を無料にさせて頂きます!

さらには、ご友人と同時入会(1ヶ月以内)で、お二人の初月月会費も無料とさせていただきます!

詳しくは以下のブログをご覧ください。

Vol.252 【入会金・初月月会費無料】ご入会数、ご成婚数達成記念キャンペーン!


私たちのプロフィール&お問合せはこちらまで♪

200727.JPG


(※2020年9月28日更新)

★入会部門・成婚部門でダブル受賞
プロスペクティブスタートは、2020年上半期のIBJ(日本結婚相談所連盟)の表彰にて、
「入会部門」、「成婚部門」でダブル受賞いたしました!
このような素晴らしい賞を頂けたのは、多くの会員さんが
「プロスペクティブスタートで婚活しよう!」
と決心してくださり、婚活を通してご自身と向き合い、ご成婚まで至った結果だと思っています。
これから婚活を始める皆さんの勇気ある一歩も、全力でサポートいたします!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.206 コロナの今、対面お見合いでマスクはする?しない?

200524.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

婚活歴10年、結婚相談所で6ヶ月で成婚した元婚活者。

プロスペクティブスタートの佐藤です。

今日は「Vol.206 コロナの今、対面お見合いでマスクはする?しない?」といったテーマでお話ししたいと思います。

昨日のブログでは、

「Vol.205 対面お見合い復活!今後はオンライン、対面を選択する時代へ」

といったテーマで、今後の婚活ではオンラインなのか、対面なのかを当事者である会員さん同士の意向を尊重し、選択していく時代になるというお話をさせていただきました。

そして今日のブログはタイトルからもわかる通り、

◎新型コロナウィルス感染拡大が一旦落ち着いたとはいえ、対面お見合いではマスクはしなくても良いのか?それともするべきか?

といったテーマとなります。

まずは大前提として、現在のような新型コロナウィルスがなかった時の世の中であれば、お見合いではマスクはしないことが常識です。

マスクで顔の半分を覆ってしまっていては、お相手の表情が掴めません。

何度も会ったことのある人同士ならいざ知らず、初対面のお見合いで、お相手のお顔の半分近くが隠れていては、その後の交際に進むかどうかといった判断をすることが難しいと思います。

ですので、多少風邪を引いていても、お見合いの1時間だけはマスクを外して、お相手にはっきりとお顔が見える状態でお見合いに臨むのがベターでしょう。

と、通常であれば、こういったことになるのですが、新型コロナウィルスはただの風邪とは全く違います。

お相手異性は新型コロナウィルスに罹っていないとしても、お見合いのラウンジに感染者絶対にいないとも言い切れません。

しかし、

「お見合いでお相手がマスクをしていなかったら、自分だけマスクをしにくい」

「でも心配だから、万が一に備えてやはりマスクはしておきたい」

「自分はマスク無しで良いと思うが、この時期、デリカシーの欠ける人と思われないか?」

このような不安、疑問がある場合、どうすれば良いでしょうか?

それは、お見合いの前に確認をしておくことです。

しかしお見合いの当日、お見合い開始前に当人同士で確認することはあまりおススメしません。

場合によってはそこで

「何らかのもつれ」

「意見の食い違い」

「押し問答」

などが発生してはお見合いが始まる前に気まずい雰囲気になってしまいます。

でもご安心ください。

そんな時はカウンセラーを通じて、事前にお相手に確認をしておけば良いのです。

カウンセラーからお相手カウンセラーに対して、

「お見合い当日、マスクはされるか否かですが、貴社会員○○様のお考えはいかがでしょうか?」

「当社会員の△△は、マスクをするとお互いに表情が分からないため、現在の感染者数の推移をみれば、マスクをしなくても良いのではという考えですが、○○様がやはりご心配とのことであれば、最初だけ外してお会いし、途中はマスクをしてお話するなどでも構いませんとのことです」

「事前に確認しておきたいと思いまして、ご連絡いたしました」

といった形で、連絡を取らせていただいきます。

事前にカウンセラーを通じて、「お互いの考えのすり合わせ」ができていれば、当日はマスクをするかしないかでヤキモキせず、お見合い自体に集中できます。

是非あなたも結婚相談所で婚活をする際は、わからないことはカウンセラーに相談し、クリアにしてからお見合い、デートに臨んでいただけたらと思います(^-^)


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.205 対面お見合い復活!今後はオンライン、対面を選択する時代へ

200523.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

今日は「Vol.205 対面お見合い復活!今後はオンライン、対面を選択する時代へ」といったテーマでお話ししたいと思います。

4月に入ってから、新型コロナウィルスの感染拡大、外出自粛要請、緊急事態宣言の発令などにより婚活の形は

◎対面でのお見合い、デート

から

◎オンラインでのお見合い、デート

変わりました。

コロナによる外出自粛要請といった、これまでに私たちが体験したことのない環境の中でも「オンライン」を使って婚活を続けていた人は、婚活の足を止めることなく、活動を続けることができました。

しかしながら、実際に対面でお会いできなかったことも事実。

最初はオンライン会議ツール「zoom」でお見合いの練習をしたり、最適な設定などを試行錯誤しながら、婚活を進めてきました。

一方、外出自粛要請も次第に解けてきていて、東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県においても、早ければ5月25日(月)にも解除される見通しです。

それもあってか、最近はお見合い日程調整をしていても、対面でのお見合いを希望されている人が増えてきています。

実際、プロスペクティブスタートの会員さんの中でも、5月30日(土)以降のお見合いについては、対面でもお見合いも既に何件か組まれています。

ただし、緊急事態宣言が解かれたとしても、新型コロナウィルスの感染リスクが無くなる訳ではなく、一定のリスクは伴います。

おそらく、ワクチンが開発されるまでの2年程度は、コロナが落ち着いたり、再度感染が拡大したりといったことが繰り返されることでしょう。

そうすると、今後のお見合い、デートは

◎オンラインか、対面(オフライン)か

を、婚活者の方が選ぶ時代になると思います。

そしていずれかが「オンライン」を希望したら、やはり感染リスクの少ない「オンライン」に合わせる形が望ましいでしょう。

そのようなケースになった時、現在既にオンラインお見合い、オンラインデートを経験している方は、他の婚活者よりも一歩リードできると言えそうです。

例えばお相手異性から「オンラインお見合い」を希望されても、オンラインお見合いに対応できる準備が整っていない方は、お見合いの日程調整自体を保留とし、コロナが落ち着くまで延期とするしかありません。

そうこうしているうちに、「オンラインお見合い」を既に経験していて、すっかり慣れている婚活者の方たちにどんどん先を越されてしまいます。

とはいえ、今からでも決して遅くはありません!

オンラインをいち早く自身の婚活に取り入れた方は、これからの

「オンラインか対面を選択する時代」

において、ライバルよりも一歩リードできるはず。

あなたもライバルに先を越される前に、スタートしていただけたらと思います。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.203 お相手にOKを出すか?自分からOKを貰いに行くか?

200521.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

今日は「Vol.203 お相手にOKを出すか?自分からOKを貰いに行くか?」といったテーマでお話ししたいと思います。

結婚相談所での婚活のスタートラインは「お見合い」です。

お見合いでは、シティホテルなどのラウンジで1時間程度お茶をし、お互いがもう一度会ってみたいとなった場合は、その後のプレ交際に繋がります。

現在の新型コロナウィルスによる外出自粛の状況下では、zoomなどの「オンラインお見合い」も増えています。

オンラインお見合いでは対面のお見合いよりも少しお時間が短く、40分程度でお見合いをするのが主流です。

いずれにせよ、お見合いをして、その後のプレ交際に繋がっていくのですが、お見合いが成立するパターンは2通りあります。

1つ目は、

◎自分からお相手へ申し込み、お相手からOK返事をいただきお見合いが成立するパターン

2つ目は

◎お相手からお見合いの申し込みがあり、自分がOK返事をしてお見合いが成立するパターン

になります。

この2つのどちらが良いかという正解はないのですが、結構人によって分かれるのが特徴です。

というのは、ある人は50人、100人のお相手から申し込まれても、誰にもOK返事を出さず全てお断りをする方もいます。1つ目のパターンの方です。

このような方は、比較的に多くのお相手に申し込む傾向にあります。

自分でも50人、100人の方にお申し込みをし、そのうち何名かの方とお見合いが成立します。

一方、2つ目パターンの方は、例えば10名くらいの方に申し込まれたら、3人くらい、多ければ5人以上の方にOK返事を出します。

このような方はお相手からの申し込みだけでお見合いがどんどん成立していくので、あまり自分からは多くの方にお見合いの申し込みをしない傾向にあります。

では、1つ目のパターンの方は何故たくさんの方に申し込まれているのに、OK返事を出さないのか?

理由として挙げられるのは

「申し込まれる人の中には自分が良いと思える人がいない」

という理由が大半です。

そのため、自分から積極的に好みの異性に申し込みをします。

一方、2つ目のパターンの方の方は、何故多くのOK返事を出すのかというと

「自分のことを良いと言ってくれる人と会う方が気分的に楽」

といった理由が多いです。

またこのような方は

「自分に申し込んでいただいている方は、どの方も自分にはもったいないくらい素敵は人ばかりで、スケジュールの関係でお断りしている方の中にもお会いしたい人はたくさんいる」

といったこと仰います。

ですので、スケジュールさえ空きがあれば、さらにOK返事を出してお見合いをしたいということですね。

あなたは1つ目のパターン、2つ目のパターンのどちらのタイプですか?

1つ目のパターンで成婚退会される方もいますし、2つ目のパターンで成婚退会される方もいるので、どちらが正解という訳ではありません。

強いて言うと、1つ目のパターンの方は、結果をお相手に委ねるタイプ。

こちらからの申し込みに対してOK返事をするか否かを決めるのはお相手だからです。

2つ目のパターンの方は、自分で結論を出すタイプ。

お相手はもう自分に会いたいと言ってくれているのですから、後は自分次第です。

交際が始まってからも同じことが言えます。

お相手から

「ぜひ○○さんと真剣交際に行きたい」

といったアプローチを受けて真剣交際に行くタイプと、

お相手に対して

「○○さんと真剣交際に行きたい」

といったアプローチをして、真剣交際に行くタイプ。

最初にアプローチをするのは、男女関係なくどちらからでもOKです。

例えば女性の方からカウンセラーを通じて真剣交際に進みたい旨のアプローチをし、男性からの告白を間接的に引き出すという方法もあります。

先にもお伝えした通り、どちらのパターンが正解ということはありません。

だだし、いずれのパターンでもない場合、全く婚活が進まない結果となります。

それは、お相手からのお見合い申し込みなどのアプローチには全てお断りの返事をし、自分からもほとんどお見合いの申し込みをしないパターン。これを3つ目のパターンとします。

消極的かつお相手に対する許容範囲も狭すぎるとこのような結果になってしまいます。

今日お伝えした最初の2つのパターンの他、お相手からの申し込みに対してもそこそこOK返事をし、自分からもそれなりに申し込むというパターンの方の中にはいらっしゃいます。
これを4つ目のパターンとします。

おそらくこの4つ目のパターンの方が、一番婚活がスムーズに進むかもしれません。

3つ目のパターンの方の婚活が難しいのは言うまでもありませんが、是非ご自身の性格と照らし合わし、他の3つのパターンのいずれかの形で婚活をすることで、幸せな結婚を掴んでいただけたらと思います。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.197 楽しく話せたのに次に進まない理由って何!?

200515.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

今日は「Vol.197 楽しく話せたのに次に進まない理由って何!?」といったテーマでお話ししたいと思います。

今日は本題に入る前に、プロスペクティブスタートで最近婚活をスタートした皆さんの状況について簡単にお伝えします!

直近では昨日5月14日(木)、34歳男性がご入会手続きをされました。

5月13日(水)は、29歳女性より無料相談のご予約が入り、その日に無料相談、そして無料相談の後、メールにてご入会したいとのご連絡をいただき、即日ご入会が決まりました。

5月11日(月)は25歳女性のご入会手続き。

本日5月15日(金)は、先日ご入会された31歳男性新規男性の初回zoomオンラインお見合いが明日に控えているため、明日のお見合いを想定した最終確認をzoomにて行います。

明日5月16日(土)は、38歳女性の無料相談予約が入っています。

ここ最近はzoomでのオンラインお見合いも連日組まれている一方、会員さん同士が希望される場合は、6月頃から対面でのお見合いも再開されそうな動きも出ています。

いずれにせよ、最近ご入会されている方は、コロナの状況においても工夫して婚活をされています。

私も皆さんの婚活意欲をひしひしと実感しており、サポートにも力が入ります(^^)/

また、今入会されている方は、コロナ収束後、スムーズに対面でのお見合いに移行できそうな気がします。

もう婚活準備は済んでおり、スタートしている訳ですから、あとは対面でお見合いしたり、何回かオンラインでデートした方と対面でデートすれば、距離も一気に縮まりそうです(^^♪

さてさて、前置きが長くなりましたが、本日の本題です。

皆さんもデートなり、お見合いなどで、

「今日は楽しく話せた!」
「すごく盛り上がった!」
「お相手も笑いながら聞いてくれていた」

はずなのに、その後のLINEが素っ気なかったり、場合によっては急に既読スルー、音信不通になるという経験、これまでにありませんでしたか?

何故あなたが楽しく話せて盛り上がったはずなのに、お相手があなたの前からフェードアウトするのでしょうか?

ここで、プロスペクティブスタートの会員さんのお見合いが成立しなかった理由として、過去実際にあった例をお伝えします。

プロスペクティブスタートのある女性会員さんは、お見合い後、お相手男性とプレ交際に進みたいということで、「交際希望」とのご連絡を頂きました。

交際を希望する理由は

「会話がはずんだから」

という理由でした。楽しい時間が過ごせたのでしょうね。

しかし、お相手男性からのお返事は残念ながら「お断り」。

私の方から、お相手男性のカウンセラーさんに理由を伺ったところ、なんとその理由が

「会話がはずまなかったから」。

え?女性会員さんは「会話がはずんだから」交際を希望しているのに、お相手男性は「会話がはずまなかったから」お断りをされました。

何故、2人の感じたことが正反対なのでしょうか?

どうしてこのようなことが起こると思いますか?

理由は、残念ながら、

◎女性会員さんだけが会話がはずみ楽しかったと感じていたため

と思われます。

逆にこの女性会員さんが、

「お相手男性は会話を楽しめているか」
「私だけが盛り上がっていないか」

をお見合いの最中に気を配ったり、あるいは

「自分が話す時間よりもお相手男性が話す時間を多くする」
「お相手男性がたくさん話せるよう、色んな質問をする」
「お相手男性を楽しませることに意識し、会話をしっかり拾って掘り下げたり、笑顔でリアクションする」

といった工夫をできていれば、結果は違ったと思います。

おそらくこのケースではお相手男性が女性会員さんのお話をしっかり聞き、たくさん質問をし、楽しませていてくれたのだと思います。

でも自分にはあまり質問もしてもらえず、あまり話せなかったため「会話がはずまなかったから」という理由で「お断り」になったのだと思います。

この女性会員さんもその後のお見合いでは交際に繋がっているので、現在はしっかりとお相手男性を楽しませることにも気を配れているはずです。

このケースから、あなたにも覚えておいてほしいことは、

◎あなたがいくら楽しくても、会話がはずんでも、盛り上がっても、お相手異性があなたと一緒にいて楽しいと思わなかったら、次はない

ということです。

あなたが楽しむだけではダメなんです。

お相手をしっかりと楽しませないと次に進めないということです。

あなたと

「次もデートするか」
「お付き合いするか」
「結婚するか」

を決めるのは誰だと思いますか?

それはあなたではなく、お相手異性です。

この視点が抜け落ちている人は、いつまで経っても上手く行きません。

ぜひ「お相手異性を楽しませる」ことに意識を向けながら、デートをしてください。

お相手異性が楽しんでくれているのを感じたら、あなたも楽しいはずです。

「自分が何かしてももらう」

だけではなく

「お相手異性に何かしてあげる」

という視点です。

是非こういった視点を忘れずに、お相手異性とのデート、お見合いを楽しんでください。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.179 オンラインお見合い立ち合い実施!メリット、ポイントを整理!

200427.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。

今日は「Vol.179 オンラインお見合い立ち合い実施!メリット、ポイントを整理!」といったテーマでお話ししたいと思います。

昨日は3月末にご入会された30代前半女性会員さんの「オンラインお見合い」に立ち会いました!

彼女にとっては初めての「オンラインお見合い」でした。

彼女が無料相談、入会手続きをした時は新型コロナウィルスによる影響は多少あったものの、大々的に外出自粛要請などは出ておらず、通常通り対面で無料相談、入会手続きをしておりました。

しかし、プロフィール公開後くらいから、外出自粛要請、緊急事態宣言と続き、一気に雲行き怪しくなりました。

ですので、2週間ほどなかなかお見合いが成立しない時期が続きました。

4月の初旬頃は、現在と比べてまだまだ「オンラインお見合い」が活発ではなかったので、

「外出自粛要請」=「お見合いができない!?」

と思われていた時期でした。

でも現在はすっかりと「対面でのお見合い」から「オンラインお見合い」へと移行しており、婚活者の皆さんもすっかりこの環境の変化に適応されています。

そして、既にお伝えした通り、昨日は彼女にとっては初めての「オンラインお見合い」。

彼女とは事前に一度、オンライン会議ツール「zoom」による「オンライン面談」もやっており、画面の見え方など色々と調整をしてきました。

「オンラインお見合い」について詳しく知りたい方はこちらのブログもご覧ください♪

「Vol.154 zoomオンラインお見合いデモを実施!課題は何?」

そして昨日は13時からのお見合いだったのですが、私は10分前から「zoomオンラインお見合い」をスタートさせ、彼女にも時間があったら少し早めに参加するようお声掛けしておきました。

お見合い相手とお話する前に、事前にカウンセラーの私と最終確認をしたり、少し話していた方が、リラックスもできますしね(^^♪

お見合い直前のこの時間に、

「オンラインお見合い、緊張しますか?」

と伺ったら、

「特に緊張はしていません!むしろ対面でのお見合いの方が緊張すると思います」

「自宅なので、ホテルのラウンジに行かなくてはならない訳でもないですし、気分的にも楽です♪」

といったお返事が返ってきました。

ここが今日お伝えしたい「オンラインお見合い」のメリットの1つです。

また「対面でのお見合い」であれば、鞄や持ち物、足元にも気を配らなくてはなりませんし、移動時間、早めの到着、交通費、男性であればお茶代など、諸々の負担は決して軽くありません。

でも「オンラインお見合い」であれば、こういった負担が減り、彼女のいうように精神的な負担も少ない。

更に土日であれば1日にお見合いが2件、3件と組まれることもありますが、こういった場合、3件とも同じホテルのラウンジであればまだ良いのですが、お相手の場所に合わせたりすると、大抵違う場所になります。

すると、余裕を持った移動時間なども考慮しなくてはお見合い時間の設定ができません。

しかし「オンラインお見合い」であれば、移動時間はゼロ。

1日に3件のお見合いでも楽々こなせます♪

「気軽に」
「効率よく」
「おさいふへの負担も少なく」

と三拍子揃っているのが「オンラインお見合い」のメリットと言えます。

さらに対面であれば通常1時間程度のお見合いも、「オンラインお見合い」の場合は40分程度で実施されることもあります。

理由は「対面に比べて、若干沈黙になる可能性が高い」から。

しかしその分、時間を40分程度に短縮することで

「もう少し話したかった」

という状況でお見合いを終えるため、プレ交際に繋がりやすいんです!

これって大事な時間も短縮できて、プレ交際にも繋がりやすいなんて、いいことずくめですよね!?

また先ほどお伝えしたように

「対面に比べて、沈黙になる可能性が高い」

とはいえ、電話に比べたら、お相手の顔が見えているため遥かに話しやすく雰囲気もわかりやすいです。

更に副次的に期待される効果としては、「オンラインお見合い」をし、「オンラインデート」を重ねてお互いのことを知ったカップルが、ようやく「対面」で出会えた時の

「喜び」

って大きいと思いませんか!?

「ようやく出会えた!」
「オンラインでも素敵な人だと思っていたけど、実際に会ったらもっと素敵だった!」

なんとこともあるかもしれません(^^♪

オンラインだと分からない部分がありますが、それが相手のことを更に知りたい!という興味に繋がるのも事実。

「オンラインお見合い」
「オンラインデート」

たくさんいいことありそうですね。

最後に、「オンラインお見合い」での1ポイントアドバイス。

それは、背景に

「観葉植物」

を置くこと。

実は昨日の「オンラインお見合い」のお相手男性様がお部屋の中に素敵な観葉植物を置かれていたんです。

しっかりとした大きさがあったので、1mくらいありました。

でもこれくらいしっかりとした観葉植物があると、イメージも上がりますし、画面に緑が入り、お相手も癒されて、かつ、「お洒落感」も演出できますので、是非おススメします!

「オンラインお見合い」、「オンラインデート」を始めとする「オンライン婚活」、どんどん普及しています。

あなたもこの波に乗り遅れないよう、是非挑戦してみてください(^^)/


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.161 『zoom活用説明会』に参加。コロナ後の婚活の形とは?

200409.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。


今日は「Vol.161 『zoom活用説明会』に参加。コロナ後の婚活の形とは?」といったテーマでお話ししたいと思います。

本日は、プロスペクティブスタートが加盟する日本結婚相談所連盟(IBJ)主催による「zoom活用説明会」に参加いたしました。

この説明会の参加者、なんと700名以上となりました。

「え!?この緊急事態宣言が出された直後のタイミングで、700人の説明会とかヤバくない位ですか!?」

と思われた方もいらっしゃると思いますが、ご安心ください。

この説明会自体がオンライン会議ツール「zoom」を使って実施されました。

プロスペクティブスタートでは、既に「zoomオンラインお見合い」、「zoom無料相談」についてご案内しており、懇意にさせて頂いている他社の結婚相談所の方々とも既に何度もzoomでの打合せ、プロフィール交換会などを実施しています。

今週末には会員様との「zoom面談」の予定も入っています。

しかし今回700人もの人が集まった「zoom活用説明会」に参加して、あらためて「オンライン」で人々が集うことのすごさを感じました。

700人が集まる会議室を用意しようとしたら相応のコスト、会場設営の手間などの人件費も掛かります。

それが、オンラインであれば、オンライン会議を立ち上げ、参加者が閲覧できるインターネット上の場所にURLを貼り付けるだけで完了です。

会場も借りる必要はなく、主催者側も社内の小さな会議室とパソコンが1台あれば実施可能です。

会議や打合せの開催を決めるタイミングも、参加者への連絡さえできれば、前日や当日に決定して、実施することも可能です。

とにかくコスト、手間、スピード、どの点を取っても優れていると思いました。

新型コロナウィルス感染拡大を機に、国や地方自治体がテレワークを推奨したり、企業独自で導入する流れもあるようですが、今後は私たちの日常生活のあらゆるシーンで「オンライン」によるサービスが加速することが予想されます。

それは「婚活」においても例外ではありません。

既に各所でスタートしている

「zoomオンラインお見合い」

の他、

「zoomオンラインデート」

というのも普及するかも知れません。

もちろん、オンラインのデートでは、お相手と実際の同じ場所にいないですし、どこかに出掛けることができる訳でのないので、そういった面では遥かに対面でのデートに劣ります。

しかしながら、新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令されている今、全く会えず、LINEや電話のみでのコミュニケーションしか取らないよりや、そこに「オンラインデート」を加えることで、コミュニケーションの量、質ともに上がり、結果として、二人の距離が縮まると思います。

また、新型コロナウィルス感染拡大が落ち着き、私たちが以前の日常を取り戻した後でも、オンラインでのデート、お見合いは有効であると思います。

例えば、毎週1回、月に4回デートをしているカップルだったら、そこに「オンラインデート」を週1回プラスすることで、毎週2回、月8回のデートが可能になります。

対面のデートの代わりに「オンラインデート」をするという発想ではなく、対面でのデートにプラスして、「オンラインデート」で更に関係を深めると考えれば、かなり有効なツールになりえると思います。

お見合いについては、基本的に1人の方とは1回限りなので、できる限り対面でのお見合いが望ましいかもしれません。

とはいえ、現状の緊急事態宣言が出された状態の中で

「お見合いを全くしないため、婚活がスタートできない」

といった状態よりは、多少不便な部分があるとしても、オンラインお見合いを活用した方が良いかもしれません。

オンラインでの婚活については、まずは婚活者である皆さんの希望、意向を第一優先としながらも、希望がある際は対応できる体制を整えていきますので、是非お気軽にお問い合わせください!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.154 zoomオンラインお見合いデモを実施!課題は何?

200402.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。


今日は「Vol.154 zoomオンラインお見合いデモを実施!課題は何?」といったテーマでお話ししたいと思います。

一昨日のブログ

「Vol.152 オンラインお見合いスタートします。メリットとデメリットは?」

でもお伝えしました通り、プロスペクティブスタートは、昨今の新型コロナウィルス感染拡大といった社会情勢を踏まえて「オンラインお見合い」を導入します。

オンラインお見合いのメリットとデメリットについて、一昨日のブログでもお伝えしましたが、再度おさらいします。


【メリット】

◎離れた場所にいながらお見合いができること。
◎お見合いによる新型コロナウィルスの感染リスクと無縁となること。


【デメリット】

対面ではないので、お相手の全体の雰囲気や、以下に挙げる内容などがわからない。

◎立ち振る舞い
◎実際に並んだ時の身長差
◎姿勢
◎靴、財布、鞄などの持ち物のセンス
◎匂い
◎清潔感
◎ラウンジでのマナー
◎お支払い時のスマートさ(男性)
◎お支払い後の対応(女性)
◎店員さんに対する態度

このようなことを、一昨日のブログ

「Vol.152 オンラインお見合いスタートします。メリットとデメリットは?」

でお伝えさせていただきました。

しかし、

「デメリット、課題は本当にこれだけなのか?」

「せっかくオンラインお見合いをやったのに、何らかの不具合、トラブルが起こることで、会員様にご迷惑を掛けてしまうことはないか?」

「ぶっつけ本番で会員様にオンラインお見合いをやってもらうのではなく、私たち結婚相談所のカウンセラーがやってみないと!」

そこで!

昨日、早速やりました!

Zoomを使ったオンラインお見合いの「デモンストレーション」。

どういうことかと説明すると、常日頃懇意にさせて頂いている結婚相談所6社の代表カウンセラーが集まり、オンラインお見合いを想定したデモンストレーションを実施しました。

「オンラインお見合い」については、結婚相談所各社、手探り状態ではあると思います。

オンラインお見合いの実施の検討をしていない相談所もあると思われ、各社対応は分かれています。

そんな中、現時点で考えられる課題をどこよりも詳しく解説していると思いますので、少し長くなりますが、是非ご覧ください!

まずはオンラインお見合いの流れのイメージをお伝えします。

4月5日(日)14時開始のオンラインお見合いを実施する場合でご説明します。


【オンラインお見合いの流れのイメージ】

①一方の結婚相談所(A相談所)のカウンセラーがホスト(主催者)となり、4月5日(日)14時開始のオンラインお見合いを作成する。

②上記の日時の「オンラインお見合い」専用のURLが発行される。

③会員様が利用する婚活システム(アプリ)を通じて、以下の流れでURLを共有する。
A相談所⇒B相談所
A相談所⇒A相談所会員様
B相談所⇒B相談所会員様

④当日のお見合いの開始時間になったら、ホストとなったA相談所カウンセラーがオンラインお見合いを「開始」させる。

⑤オンラインお見合いが開始したら、ホスト以外のメンバーもであるB相談所カウンセラー、A相談所会員様、B相談所会員様も、共有済のURLよりオンラインお見合いに参加する。

⑥お見合い開始直後の設定(会員様のお名前など)を行い、音声、通信状況などに問題が無さそうであれば、A、B相談所のカウンセラーは退席する(こちらはケースバイケース)。

⑦会員様お二人でオンラインお見合いをする。

⑧お見合いが終了したら、「チャット」より主催者に終了連絡を入れ、オンラインお見合いより「退出」する。

以上が簡単ではありますが、「zoomオンラインお見合い」の流れのイメージとなります。

昨日、上記の流れに沿って、6社の相談所で実施した中で、いくつかの課題が見えてきました。


【オンラインお見合いの課題】

①Wi-Fi環境によっては、会話がワンテンポ遅れる場合がある。
Wi-Fi環境により、映像がスムーズに流れなかったり、一瞬止まってしまったり、音声が遅れる場合などがあります。
自宅の固定Wi-Fi、ポケットWi-Fiなど複数持っている場合は、それを切り替えることで改善することもあります。

②何らかのトラブルで音声が出ないことがある。
昨日のデモンストレーションでも、6名のうち、1名の音声が最後まで出ませんでした。昨日はデモでしたので「チャット」機能を使い、会話に参加してもらいました。

③お相手の雰囲気が正確に伝わりにくい。
これは「動画と音声」のみのオンラインお見合いでは避けらない宿命ですが、昨日の私たちように、よく知っている仲間同士であれば問題はないのですが、初対面の会員様同士だと、対面でのお見合いに比べて、やはり雰囲気が分かりにくいと思いました。

④沈黙になる確率が高い。沈黙が気まずい。
これは何かデータがある訳ではないのですが、会って話している時と、電話で話している時を比べると、電話の方が沈黙がより気まずいと感じたときはありませんか?
それと同じように、対面でお話している時よりも、パソコンの画面越しでお話している時の方が、沈黙が気まずくなると感じました。

⑤実際の外見よりも悪く見えてしまう。
これも人によるとは思いますが、室内の照明の状況などにより、zoom上の画面が暗く映ってしまったり、レンズの状況などにより魚眼レンズで撮影しているように見えてしまうことがある可能性があります。
私も画面の自分の顔を見ていて、レンズに使づいたりすると、魚眼気味に見えると感じました。
画面の明るさについてはzoom上でも若干調整することはできましたが、やはりお部屋の照明自体を明るくすることが大切だと思いました。

⑥生活感がお相手に分かってしまう。
zoomオンラインお見合いをどこでやるかによりますが、新型コロナウィルス感染防止の観点で実施するのであれば、喫茶店などでやっても意味がありません。
それなら普通にお見合いをした方がいいですよね。。。
そうなるとやはり自宅になると思いますが、自宅だと生活感がお相手に伝わってしまう可能性があります。
昨日私は、オフィスにしている自宅の一室でzoomに参加していたのですが、画面に本棚が映っていました。場合によっては本のタイトルが見えるかもしれません。気になる方は、なるべく「白背景」の場所で参加するなど、工夫が必要です。

⑦上記①~⑥により、オンラインお見合いが微妙な雰囲気になる。
おそらくこれが最大の課題かと思いますが、特に
「声が聞き取りにくい」
「音声の遅れによりテンポが悪いと感じる」
「沈黙になりやすい」
「暗くてお相手の表情が分かりにくい。顔色が悪く見える」
などの理由により、オンラインお見合い自体が微妙な雰囲気になってしまう可能性があるということです。
こういった事態になってしまった時のためにも、一定時間、双方会員様のカウンセラーがオンラインお見合いに参加した方が良いと感じました。
そして事前に双方相談所、双方会員で確認し、
「オンラインお見合いが微妙な雰囲気になった場合は、双方のカウンセラー判断で、お見合いを中断することができる」
といった取り決めを作ってオンラインお見合いに臨む方が良いというのが、昨日時点での6社の結婚相談所の中で見解でした。
中断したお見合いについては、再度改めて設定することとし、その時は対面でのお見合いを実施するのが良いかもしれません。

さて、だいぶ長くなってしまいましたので、そろそろお疲れですね。

今日はオンラインお見合いの「流れのイメージ」、そして後半は「課題」についてご説明させていだきました。

特に後半を読むと「色々と課題はあるんだな」、「難しそうだな」と感じたかもしれませんが、今後も新型コロナウィルスの収束が見られないままであれば、徐々に浸透していくとは思います。

とはいえ、各社の方針により、オンラインお見合いを採用しない結婚相談所もあるかもしれません。

プロスペクティブスタートではできるだけ皆さんの婚活をバックアップすべく、会員様が希望する場合は、オンラインお見合いを積極的に採用していきたいと思っています。

ただ、お相手の相談所がオンラインお見合いに応じてもらえないと結局は実施できません。

そこで、昨日集まった6社を中心に、オンラインお見合いが可能な相談所のグループを作り、その輪を広げていきたいと考えています。

またお見合いは対面でしたいけど、婚活はしたいというニーズに応えるべく、複数の会員様、カウンセラーが気軽に参加できる

「オンライン飲み会」
「オンライン合コン」

なども企画、検討して行きたいと思います!

今日は「zoom」を使ったオンラインお見合いをメインに説明しましたが、皆さん自身が希望するのであれば、スカイプ、LINEのビデオ通話でのオンラインお見合いも、プロスペクティブスタートとしては実施可能とさせていただきます。

しかしzoomに比べると、スカイプやLINEはIDという個人情報がお相手様に知られてしまうため、双方会員様が合意のもと行う必要があります。

かつ、交際に至らなかった場合は、後日個人情報を消去するという取り決めも必要です。

自由に外出することもままならず、婚活するのも大変な時期ではありますが、1人で悩まず、まずはご相談いただけたらと思います。

もちろん、無料相談もzoomなどでの実施が可能です!

まずはお気軽にお問い合わせください♪


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.152 オンラインお見合いスタートします。メリットとデメリットは?

200331.jpg


(※このページは2020年12月22日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。


今日は「Vol.152 オンラインお見合いスタートします。メリットとデメリットは?」といったテーマでお話ししたいと思います。

現在、新型コロナウィルスのニュースを聞かない日はありません。

そんな中、最近よくご相談を受けることは

「皆さん、デートはどうしていますか?」
「皆さん、お見合いはどうしていますか?」

の2点になります。

デートについては、これまでも以下のブログなどで、たびたびお伝えさせていただきました。

Vol.146 【新型コロナウィルス】マイクロ飛沫感染に要注意!

Vol.120 【新型コロナウィルス】影響拡大。『おうちデート』は?

交際がスタートすれば、屋外のデートスポットを選んだり、会えない日はお電話でお互いの距離を縮めることも可能です。

しかしながら、お見合いはお相手異性との初対面の場となります。

対面が大原則。

プロスペクティブスタートの会員様に限ってお話すると、関東と関西、関東と九州など、遠方の方とのお見合いであっても、必ず対面でお見合いをしていただいておりました。

他の相談所でもそのような対応をされているところがほとんどだと思います。

しかしながら、現在は東京、神奈川などでは外出自粛要請も出ており、これまでのように自由に外出することが難しくなっています。

それはお見合いも例外ではありません。

こういった経緯もあり、今後は

「オンラインお見合い」

を導入いたします。

具体的には、

オンライン会議ツール「zoom」を利用したお見合いとなります。

「オンラインお見合い」の最大のメリットは離れた場所にいながらお見合いができること。

パソコンの画面を通じてお相手のお顔を見ながらお話する形になります。

新型コロナウィルスの感染リスクも無縁となります。

一方で、デメリット色々もあります。

それはやはり対面ではないので、お相手の全体の雰囲気が分からないということです。

具体的には

◎立ち振る舞い
◎実際に並んだ時の身長差
◎姿勢
◎靴、財布、鞄などの持ち物のセンス
◎匂い
◎清潔感
◎ラウンジでのマナー
◎お支払い時のスマートさ(男性)
◎お支払い後の対応(女性)
◎店員さんに対する態度

といったことが、実際にラウンジにて対面でお茶をしている訳ではないため、確認することができません。

その他オンラインお見合いならではの、会員様側の事務的な負担などもあります。

ですので今日ご紹介するオンラインお見合いについては、新型コロナウィルスにより外出がままならない間における期間限定の特別措置となります。

またお相手様が

「やはりお会いしてお見合いしたい」

と希望された場合や、お相手の相談所がオンラインお見合いに対応していない場合も、実施することができません。

つまり、皆さん自身、お相手様、お相手様相談所、そして当相談所の4者の意見がまとまったとき、始めてオンラインお見合いが可能となります。

プロスペクティブスタートにおいては、現在の状況であれば、オンラインお見合いにも対応していきたいと考えますので、気になる方をお気軽にお問い合わせください。

また、無料相談(無料カウンセリング)についてもお電話やLINEビデオ通話などでも可能ですので

「無料相談に行きたいけど、外出は心配・・・」

という方でもまずはお気軽にご予約いただければと思います。

こういったご時世ですと、今一歩婚活に踏み出せないこともあろうと思いますが、そんな方のためにも柔軟にサポートをさせていただきたいと思います。

皆さんの婚活、心から応援しています(^^)/


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.147 男性が『ドン引き』したお見合いでのあり得ない話題

200326.jpg


(※このページは2020年12月28日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。


今日は「Vol.147 男性が『ドン引き』したお見合いでのあり得ない話題」といったテーマでお話ししたいと思います。

今日の内容は、実際にプロスペクティブスタートの男性会員さんから伺ったお話です。

お見合いでの話題は「こういうことを話さなくてはならない」という決まりはありません。

お互いのお仕事の話であるとか、趣味の話、休日の過ごし方、最近あった面白い出来事、何でもOKです。

「お見合いでの1時間を楽しく過ごす」という観点で考えていただければ良いと思います。

上記に挙げた話題の他にも、今日の天気でも、最近のニュースでも、何でも構いません。

「これを絶対に話さなくてならない」というルールはありません。

したがって、他愛もなく、当たり障りのない、気軽に話せる話であれば、何でもいいんです。

一方、お見合いで「話してはいけない話題」のルールは存在します。

それは

■プライバシーに踏み込む話題
■唐突過ぎる質問

などです。

「プライバシーに踏み込む話題」の中には

◎何故、結婚相談所で活動しているのか?
◎これまでどんな恋愛をしてきたのか?どうして別れてしまったのか?
◎住所や最寄り駅などの詳細過ぎる質問

などが含まれます。

また「唐突過ぎる質問」には

◎結婚したら子供は何人欲しいですか?
◎自分の親と同居してくれますか?
◎貯金はどれくらいありますか?

などです。

このような質問をするなんて「あり得ない」と思うかもしれませんが、こうしてブログに書くのは、一定数このような質問をしてしまう人がいるからです。

そしてこのような質問をしてしまうのは、女性よりは男性の方が多いような気がします。

しかし先日、ある男性会員様より報告を受けた内容にはさすがに私もびっくりしてしまいました。

男性会員様からの報告なので、ある女性会員様が発したお見合いでの言葉です。

それは

「○○歳であれば、年収○○○○万円くらいほしいです」

という内容でした。具体的には

「50歳であれば、年収2,000万円くらいほしいです」

とその女性は仰ったようです。

これを初対面のお見合いの場で聞かされたということでした。

ちなみにこの男性はかなりのハイスペック男性で、おそらく50歳の頃にはこの女性のいう年収2,000万円に達しそうな収入を現在得ています。

しかしそれでもこの発言を聞いて、

「さすがに引いた」
「悲しい気持ちになった」

と仰っていました。

このブログを読んでいる皆さんの中には、さすがにこんな発言をされる方はいないとは思うのですが、ハイスペック男性を狙っている女性だと似たようは発言をされる方はいます。

他にも私が聞いたことがある話としては

「将来は港区で3LDKのマンションに住める経済力のある方と結婚したいです」

という話しなど・・・

誤解してほしくはないのですが、ご自身の希望としてそういった条件があるのは全然構いません。

でも、それって初対面の異性に話す話題でしょうか???

聞いた方がどう感じるかを考えれば、どういった発言が適切ではないかがわかると思います。

今日挙げた発言はあくまで一例ですが、皆さんも今後の婚活でお見合いをする機会がありましたら、お相手が気分を害するような「NGワード」はくれぐれも言わないよう、注意して頂けたらと思います。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.138 女性必見!お見合い時に絶対にやってはならないこと3選

200317.jpg


(※このページは2020年12月28日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。


今日は「Vol.138 女性必見!お見合い時に絶対にやってはならないこと3選」といったテーマでお話ししたいと思います。

婚活女性の方でも、結婚相談所で活動をされた方でないと、なかなか「お見合い」をした経験がある方は少ないと思います。

また「お見合い」という言葉から、

◎着物を着た仲人の女性がいて、お座敷でお話をする

こんなイメージを持たれている方も、もしかしたらいるかもしれませんね(^^;

でも実際はお座敷でお見合いをすることはまずありません。

というか私の知る限り、最近のお見合いでお座敷を使うことはまず100%あり得ません。

それでは一体どこでお見合いをするかというと、たいていはシティホテルのラウンジとなります。

そして1時間程度、お茶をします。

「そうなんですね!お座敷とかではないのなら、そこまでハードル高くないですね!」

と思った方も多いでしょう。

確かに普通のデートのお茶とそこまで変わらないのですが、婚活アプリや婚活パーティーで会った男性とデートするのとは、少し違うと思います。

今日はお見合いならではのルールを説明しながら、「お見合い時に絶対にやってはならないこと3選」をお伝えします。


お見合い時に絶対にやってはならないこと:その①

「15分以上遅刻する」

これはもう言うまでもありませんね。

婚活パーティーなどでは遅刻したり、あるいはドタキャンしたことがある方もいると思います。

パーティー主催者側としては非常に困ることではありますが、大きなパーティー会社だと、ある程度ドタキャンも見込んでいる部分もあろうかと思います。

また婚活アプリでもドタキャンや遅刻をされたことがある人も、したことがある人もいるかもしれません。

しかし、お見合いでは、ドタキャンはおろか、遅刻も絶対にダメです!!!

1件のお見合いを組むのに、あなたも、お相手男性も相応の時間や労力を使っているはずです。

あなたと会うためにプライベートの予定をずらしたり、前の週から普段より多めに残業し、お見合いの日に絶対に残業にならないように調整したりしている訳です。

それではなぜ「15分以上」なのでしょうか?

結婚相談所では遅刻を「15分未満」と「15分以上」に分けて考えます。

基本的には、10分前に現地に着いていること大原則ですが、それでも電車の大幅遅延などにより多少遅れることはあるかもしれません。

この多少の目安を「15分未満」と考えます。

もちろん「15分未満」の遅刻ならいいのかというと、1分でも遅刻は遅刻です。

ですので、遅刻したことをしっかりと謝らなくてはならないのは言うまでもありませんが、「15分以上」の遅刻はお相手が「お見合いをすること無理」と判断するレベルと考えます。

言ってみれば

「こっちは30分も前に着いて席を取っているのに、いったいどれだけ待たせるんだ」

「大事なお見合いに15分以上も遅刻する人では今後が思いやられる」

と思われてしまっても無理はありません。

また「15分以上」の遅刻をした場合、遅刻をされた側の判断で

「今回のお見合いは無かったことにしましょう」

と言うことができ、それに対して、反論することもできません。

せっかくお見合いが組めたのに、これでは勿体なさすぎますよね。

是非とも時間には十分ゆとりを持って行動して頂けたらと思います。

ちなみに私が使っていた方法は、仕事帰りで普通に行けば18時30分には着ける見込みである場合でも、1時間の余裕を見て19時30分でお見合い時間を設定していました。

こうすれば、どんなトラブルがあっても対応できます。

遅刻しないためには、このくらいの事前準備をしておくと良いと思います。

なにより、早く着けば、心にゆとりを持ってお見合いに臨むことができるはずです。


お見合い時に絶対にやってはならないこと:その②

「カジュアルな服装で行ってしまう」

お見合いは決して特別なものではありませんが、婚活アプリや婚活パーティーでの気軽な出会いとは違います。

その場に適した服装というものがあります。

男性は、スーツまたはジャケパンスタイルに、ネクタイをします。

男性がスーツやジャケパンなら、女性もそれに合う服装でなくてはなりませんね。

当たり前ですが、ジーパンにスニーカーなどはもっての外。

明るめの色のワンピースやブラウスなどを選ぶと良いでしょう。

靴はできれば少しヒールがあるものが良いですね。

まだまだ寒い日が続きますが、いくら寒いからといって、厚手のニットやハイネック、ダウンジャケットではお見合いにはふさわしくありません。

女性の皆さんも男性がジーンズやチノパンでお見合いに来たらガッカリすると思います。

人間は中身が大切ですが、入り口部分の服装でNGを出されないよう、男性も女性も気を付けたいものです。


お見合い時に絶対にやってはならないこと:その③

「お支払いのお礼を言わない」

お見合いのお茶代は男性が支払うのがルール&マナーとなっています。

でもここで勘違いしないでいただきたいのが

「ルールなんだから、男性が払うのは当然」
「男なら、お茶代くらい払って当然」

と考えることです。

こういう考えの女性の中には、お礼が言えない人もいます。

お見合い中は話が盛り上がったとしても、男性がお支払いを終えた後、

「お支払いしていただき、ありがとうございます。ごちそう様でした。」

と言えなくてはいけませんよね。

この一言が無いのは、男性が

「割り勘でいいですか?」

と聞くのと同じくらい致命傷です。

しっかりとお礼を伝え、男性を気持ち良い気分にさせてください!

さて、今日の「お見合い時に絶対にやってはならないこと3選」は基本中の基本です。

しかしこの3つをしっかりやらないと、お見合いから交際に繋げることはかなり難しくなってきますので、是非とも頭に入れて頂き「しっかりと実践」してほしいと思います。

皆さんの婚活、心より応援しています!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.107 真剣交際直前にお見合いはすべきか、否か。

200215.jpg


(※このページは2020年12月28日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。


今日は「Vol.107 真剣交際直前のお見合いはすべきか、否か。」といったテーマでお話ししたいと思います。

結婚相談所では、お相手とお互いの価値観、フィーリングなどを確認するための期間として、「プレ交際」期間があります。

この期間は言わば「友達以上、恋人未満」とも言えると思います。

プレ交際期間であれば、複数の方とプレ交際をすることも大丈夫ですし、お見合いを続けることも可能です。

例えば、プレ交際中のお相手異性のAさんがいるとします。

Aさんとは本日2月15日(土)時点で、お見合いからもうすぐ2ヶ月。

お見合い日は12月18日(水)です。

デートは5回していて、お互いフィーリングも合っていると感じています。

ただ、本当にこの人と真剣交際に進んで良いのか、まだ、決めかねている状態でもあります。

この場合、お見合いを続けることは、結婚相談所でのルール上、もちろん可能です。

そしてこの後のお見合いの予定として、2月22日(土)に1件、2月23日(日)に1件、3月8日(日)に1件、計3件のお見合いが決まっているとします。

しかし、Aさんとのお見合いからもうすぐ2ヶ月。

結婚相談所では、お見合いから成婚退会までのルールは3ヶ月です。

最大6ヶ月まで延ばすことはできますが、期間を延ばせば良くなるわけでもありません。

3ヶ月で決められない人は、ズルズルと6ヶ月かけても決められないことが多いのです。

実際に、成婚退会される方のボリュームゾーンは、3~4ヶ月に集中しているというデータもあります。

そう考えると、Aさんとはそろそろ真剣交際に行くか、判断をする時です。

Aさんからはカウンセラーを通じて、大変自分に好意を持ってもらっている旨、伺っています。

ただ、Aさんもこちらがグズグズと決めかねていると、他の人とお見合いをしたり、プレ交際に進んでしまうかもしれません。

そんなこともあり、週末にAさんとの将来、結婚生活を真剣に考えた結果、2月17日(月)、Aさんと真剣交際に進む決断ができました。

そして真剣交際に進みたい旨を、担当カウンセラーにもお伝えしました。

ただ、ここで1つ問題があります。

それは「成立したお見合いはキャンセルできない」というルールです。

やむを得ずキャンセルする場合は、所定の違約金が発生します。

前日までのキャンセルは1万円、当日のキャンセルは2万円です。

(※この違約金のルールがあるのは、安易にお見合いをキャンセルしにくくするためで、これにより、皆さん自身もお相手様にドタキャンされるリスクから守られています)

このあと、3件のお見合いが控えています。

一番最後のお見合いは3月8日(日)で、あと3週間近く先です。

この場合、皆さんならどうしますか?

1つ目の判断は、ルールを守って、成立したお見合いはしっかりとこなすという判断です。

お見合いのお相手にご迷惑は掛かりませんし、皆さんとのお見合いがちゃんとできたという点については満足でしょう。

しかし、ただ「消化」するだけのお見合いをする皆さんのお気持ち、そしてAさんのお気持ちはどうでしょうか?

まだ、Aさんのカウンセラーさんにも、真剣交際に進みたい旨を伝えていなければ、お見合いをしていることを正直に伝えることはありませんが、3週間のうちに、Aさんの気持ちが皆さんから離れてしまうリスクがあります。

一方、Aさんカウンセラーさんを通じて、Aさんにも「真剣交際に進みたい」旨を2月17日(月)時点で伝えた場合はどうでしょうか。

「Aさんとは真剣交際に進みたいのですが、3件のお見合いが成立しているので、そのお見合いをやってから、真剣交際に進ませていただきたいと思います」

と伝えるか、お見合いが成立していることは伝えず

「Aさんと真剣交際に進みたいので、次回のデートの際に、Aさんに直接お伝えします」

とだけ伝え、違約金を支払って、成立したお見合いを速やかにキャンセルするか、否かです。

非常に難しい選択ですが、ここは皆さん自身と、Aさんのお気持ちを優先して判断するのが、私はいいと思います。

そうなると「成立した3件のお見合いは、違約金3万円を支払ってキャンセルし」、「Aさんと速やかに真剣交際に進む」ということになります。

お見合いが成立していた3件の方は、皆さんとのお見合いを楽しみにしていたはずなので、「自分だって忙しい時間を調整してお見合いを組んだのに、キャンセルするなんてひどい!」と感じると思います。

しかし皆さんはAさんと真剣交際に進むことを決めたのですから、3件の方には大変申し訳ありませんが、私はこの選択、判断はありだと思います。

皆さん自身の考え方、結婚相談所の担当カウンセラーさんの考え方、色々とありどれが正解というのはありません。

基本的にルールを守ることは大切ですが、ルール以上に大事なのは2人のお気持ち、2人の今後です。

結婚相談所で婚活をする際は、ご参考にしていただけたらと思います。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.86 年収800万円台男性にお見合いを申し込むと、成立率は2%

200125.jpg


(※このページは2020年12月28日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。


今日は「Vol.86 年収800万円台男性にお見合いを申し込むと、成立率は2%」といったテーマでお話したいと思います。

女性の皆さんは結婚相手の年収、やはり気になりますよね。

以前のブログ「Vol.78 【女性向け】年収500万円以上の未婚男性はわずか○、○%!?」では、野村総合研究所の調査による20歳~49歳までの「バツなし未婚男性」の年収と、それぞれの年収に占める男性のパーセンテージは以下の通りとお伝えしました。

~400万円未満     ⇒ 83.9%
400万円~500万円未満 ⇒ 8.4%
500万円~700万円未満 ⇒ 4.9%
700万円~1000万円未満 ⇒ 2.4%
1000万円以上      ⇒ 0.4%

一方、プロスペクティブスタートが加盟しているIBJ(日本結婚相談所連盟)で婚活している男性会員様は、どのような年収分布になっているのでしょうか。私も詳細が気になったので調べてみました。野村総合研究所の条件と同じにして、20歳~49歳のデータを掲載します。

~400万円未満     ⇒ 15.5%
400万円~500万円未満 ⇒ 21.8%
500万円~700万円未満 ⇒ 36.0%
700万円~1000万円未満 ⇒ 17.4%
1000万円以上      ⇒ 9.3%

私はある程度想定はできていたのですが、この数値を見て、婚活女性の皆さんはどう思われましたか?

多くの女性が希望する「500万円~700万円未満」の男性は一般的には4.9%しかいませんでしたが、結婚相談所では36.0%もいらっしゃいます。まさに年収「500万円~700万円未満」の男性が、結婚相談所で婚活するボリュームゾーンとも言えるでしょう。

年収だけで男性を判断してほしくはないのですが、結婚相談所で婚活することを躊躇している女性からすると、1つの安心材料とは言えそうですね。

それでは今日の本題です。結婚相談所での中でもハイスペックと言える年収800万円~900万円の男性会員にお見合いの申し込みをすると、どこくらいの確率でお見合いが成立するのでしょうか?

プロスペクティブスタートには年収800万円~900万円、40代前半のさわやかなイケメンがいらっしゃいます。彼の例でお話します。

彼は活動9ヶ月で648名の女性から申し込みを受けました。1ヶ月平均、72名の女性からお見合いを申し込まれたことになります。

そして9ヶ月で14名の女性とお見合いをしました。

お見合い成立率は2.16%です。

何故ここまでお見合いの成立率が低いのでしょうか。

理由の1つは、このようなハイスペック男性はお見合いをすると直ぐ交際が成立し、プレ交際相手が2~3名になったところで、お見合いをいったんストップするためです。年収が高い分、仕事も多忙であるケースが多く、2~3名と交際するのが限度という場合が多いのです。

お見合いをストップしている期間は、お見合いの申し込みをいただいても、大変申し訳ないのですが彼には取り次がず、私のところでお断り返事をしています。

彼の場合、9ヶ月の活動期間で、お見合いをしていた期間は3ヶ月未満です。残りの6ヶ月超は、交際相手が2人以上いて、お見合いをしている時間がないのです。

よって、彼にお見合いをして頂いた方の7割くらいは、タイミングが合わずにお見合いが成立しなかったということになります。

ここが一番女性の皆さんにお伝えしたいことなのですが、ハイスペック男性にお見合いを申し込むと、タイミングが合わないという理由でお断りされていることが多々あるので、「私のどこが悪かったんだろう」と落ち込む必要はないということです。

皆さんは「どこも悪くない」ことがほとんどです。何故なら男性本人からお断りされているのではなく、既にプレ交際中の方が複数いて、タイミングが合わなかっただけだからです。

ただ、交際相手が2~3名いても、「お見合いが来たらとりあえず繋いでほしい」という会員様も中にはいらっしゃいます。その場合は、全員の方を取り次ぎ、ご本人に判断していただきます。

しかし「今プレ交際中の女性に集中したいので、お見合いは取り次がないで大丈夫です。」という方が多いという印象です。

100件、200件とお見合いを申し込んでも成立しない時は「たまたまタイミングが合わなかっただけ」と自分に言い聞かせ、深く考え込まずに、前を見て婚活していきましょう!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.85 結婚相談所でのお見合い申し込みの5つのポイント

200124.jpg


(※このページは2020年12月28日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。


今日は「Vol.85 結婚相談所でのお見合い申し込みの5つのポイント」といったテーマでお話したいと思います。

結婚相談所では、毎月決まった件数のお見合いを申し込めることになっている相談所がほとんどだと思います。

ただ、やみくもにお見合いを申し込んでも、簡単に成立するものでもありません。

何故ならお見合いを申し込んで成立する確率は5%~10%だからです。ライバルの方も多くの異性にお見合いを申し込んでいます。

では、結婚相談所でのお見合い申し込みの5つのポイントをお話していきたいと思います。


ポイント① 申し込み件数の上限がなるべく多い相談所を選ぶこと

先にもお伝えした通り、結婚相談所でお見合いに申し込んでも成立する確率は5%~10%です。つまり10件~20件申し込んで1件成立する程度となります。ですので、お見合いの申し込み件数の上限が20件程度だと、1件も成立しない可能性があります。特に皆さんが人気の異性に申し込む場合は、更に倍率は上がって、50件、100件申し込んでもOKを頂けるか分かりません。何故ならそういう方には申し込みが集中しているからです。

皆さんが月に1件のお見合いができるかできないかくらいでも構わないなら話は別ですが、週に1件くらいのお見合いをするには、月50~100件以上のお見合いを申し込める相談所をまずは選びましょう。なお、プロスペクティブスタートが加盟している日本結婚相談所連盟のお見合いの申し込み件数の上限はシステム上200件ですので、200件のお見合い申し込みが可能な相談所を選ぶことで、理想の結婚相手と出会える可能性が最も上がります。


ポイント② 月初に、お見合い申し込み可能件数を全て使い切らないこと

月の最初に、お見合い申し込み可能件数を全件使い切ってしまうと、どのようなことが起きるのでしょうか。

もし全て使い切って、1件もお見合いが成立しなかったら、その月にもう活動することがなくなってしまいます。異性からの申し込みがあれば良いのですが、それもない場合は、1ヶ月間無駄になってしまいます。

逆に100件のお見合いを月初に申し込み、10件がほぼ同じタイミングで成立してしまったらどうしましょう。一度に10件のお見合い日程調整をするのは正直無理があります。何故なら、お見合い成立後は原則1ヶ月以内にお見合いをしなくてはならないためです。1ヶ月に10件のお見合いをするのは時間的にも難しいでしょうし、お相手の都合もあります。仮にお見合い成立後、1ヶ月以上先の日程でお見合いをしたとしても、お相手のテンションは既に下がっている可能性が高いです。


ポイント③ 毎月のお見合い申し込み件数を、4週に分けて使う

例えば100件の申し込み件数でしたら、4週に分けて、毎週25件ずつお見合いを申し込むことで、調整をしながら申し込むことができます。最初の週に25件申し込んで2~3件お見合いが成立したら、次週のお見合い申し込みは一旦お休みするなど、コントロールすることも可能です。


ポイント④ 「お似合い路線」と「チャレンジ路線」を意識して申し込む

「この方と自分は、客観的に見ても似あっているし、お見合いが成立する確率も高いだろう」という方と「成立は難しいとは思うけど、チャレンジしたい」という方を意識して申し込みをします。もしご自身では「お似合い路線」と思っていた方からも、20件以上申し込んでも1人からもOKを頂けないのであれば、それは「チャレンジ路線」かもしれないので、軌道修正する必要があります。

ちなみに「チャレンジ路線」とはいわゆる条件の良い人です。条件重視路線とも言えます。男性であれば年収の高い方、女性であれば若くてきれいな方などです。こういった方は当然人気があるのですが、その方とあなたの価値観やフィーリングが合うとは限りません。皆さんが「お似合い路線」と考えている方の中にも、実際にお会いすれば、素敵な異性はたくさんいるはずです。


ポイント⑤ 申し込みをするタイミングは金曜日~土曜日辺りが良い

多くのお見合いは、土日に組まれます。そうすると、水曜日、木曜日辺りはお相手の方も土日のお見合いのことを考えています。そのタイミングで申し込みが来ても「土日のお見合いの結果を見て、交際に繋がらなかったら、お見合いするかどうか考えよう」となります。

しかし、土日のお見合いが終わったタイミングで交際に繋がらなかったとしても、タイミング良く申し込みが届いた方のプロフィールを先に見てしまい、わざわざ3日も、4日も前に申し込んできた皆さんのプロフィールを見てくれることはないかもしれません。

申し込み相手の異性からみて、皆さんが文句なしにOK返事をしたい方であればいつ申し込んでも良いのですが、そうでない場合は、タイミングよく申しこむことで、OK返事をもらえる確率を上げることができます。金曜日~土曜日辺りに申し込むと、お相手異性のもとにその申し込みが届くのは、ちょうどお見合いが終わった土曜日~日曜日辺りになります。

結婚相談所で活動される場合は、是非ご参考にしてください!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.72 モテない男性がやってしまうお見合いでのミス

200111.jpg


(※このページは2021年1月8日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。


今日は「Vol.72 モテない男性がやってしまうお見合いでのミス」といったテーマでお話したいと思います。

今日は男性向け、さらに言うと、自分はあまりモテないなと思っている男性の方に向けた内容になります。

皆さん、結婚相談所に入ってお見合いと言っても、一体何を話せばよいのか、なかなか分かりにくいのではないでしょうか。

お見合いなので、何か特別なことを話さなくてはならないのではないか、まじめな人ほど色々と考えてしまいますよね。

お見合いなので、事前のプロフィールも見ることができます。そこにはお相手女性のお写真の他、年齢、出身地、お仕事、趣味、ご家族のこと、どんな結婚がしたいのか、お相手に希望する条件など、様々なことが書かれています。当然、お見合いの前にプロフィールには全て目を通し、ある程度頭に入れてお見合いに臨む必要があります。

しかし、プロフィールに書かれていること全てについて、1つ1つ質問をしていったり、もしくは好きな食べ物、好きな色、好きな芸能人のタイプなど、矢継ぎ早に次々の質問をしてはいけません。

基本的に女性は自分の話をするのが大好きなのですが、今1つの話題を話し始めたのに、その話題について十分に話さないまま、次々に質問されたら消化不良になってしまいます。少し優しい伝え方をしましたが、もう少し厳しい伝え方をすると次々に質問をされると女性はその男性に対して「この人、怖い」と感じます。一緒にいて「怖い」と感じる人と、交際に進みたいとは思いませんよね。ではこのように「怖い」と感じられない質問の仕方はどういった質問でしょうか。

それは1つの話題に対して広げて、掘り下げることです。特にこちらが聞いていないのに、女性から何かの話題を話してきたら、間違いなくその話題について話したいと思っているのです。そうしたら、その話題について、色々と質問をしてみましょう。自分が話したい話題についての質問でしたら、女性もどんどん話してくれて、結果的に女性の方が「色々と話せて楽しかった」となる訳です。女性が楽しかったと感じてくれれば、交際に繋がる可能性がぐっと上がりますよね。

お見合い後、交際に発展するには「自分が楽しかった」だけではなくて「相手が楽しかった」と思ってくれないと次に繋がりません。

是非、ご参考にしてください!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.52 結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説!【⑩お見合い編】

191128.jpg


(※このページは2021年1月12日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。


結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説するブログシリーズ、本日は第10弾「結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説!【⑩お見合い編】」になります!

先ずは全13回のおさらいです。

①無料カウンセリング編
②ご入会手続き編
③プロフィール写真撮影編
④初回面談編
⑤プロフィール作成編
⑥プロフィール公開編
⑦お相手探し編
⑧お相手からの申し込み編
⑨お見合い調整編
⑩お見合い編
⑪ご交際編(仮交際&真剣交際)
⑫プロポーズ編
⑬ご成婚退会編

さて、今日はついにお見合い編になります!

これまでの無料カウンセリング、プロフィール写真撮影、初回面談、プロフィール作成等で準備してきた成果を出す場になります。

それではまずはお見合いの当日の流れ、ルール、ポイントをご説明します。


お見合い当日の流れ、ルール、ポイント

初めてのお見合い、緊張しますよね。そもそもお茶をするのに、普段はシティホテルのラウンジに行く人ってなかなかいませんしね。最初は雰囲気に慣れることも大切かと思います。

ただ、その点に関しては、プロスペクティブスタートでは、無料カウンセリング面談、ご入会手続き、初回面談のいずれかで、シティホテルのラウンジを利用しますので、ご安心ください。たいていは、お見合いをやっている場合が多いので、他の方の実際のお見合いの風景をご覧いただけます。

それでは、いくつかのポイントをまとめていきます。

①お見合いは主にシティホテルのラウンジで1時間~1時間半程度でお茶をします。初対面で時間が長くなりすぎると、緊張による疲れも出て、「また会いたい」と思ってもらえなくなる可能性があります。お相手の方に「もう少しお話したかったな」と思わせる時間が1時間~1時間半となります。

②「お茶代」は男性が支払うのがルールです。女性はしっかりとお礼を言葉を伝えましょう。

③シティホテルのラウンジは予約が取れないケースが多いです。お店の予約が取れない場合は、遅くとも30分前には到着し、席を確保しておくことが、お見合いがスムーズに進むコツです。(特に男性の方)

④お見合いの服装は、男性はスーツまたはジャケットにシャツなど、清潔感のある服装が良いでしょう。女性もあまりカジュアルにならないように、スーツ姿の男性に合う、女性らしい服装(パンツスタイルよりはスカートなど)を心掛けましょう。

⑤お見合い時の会話はお相手の婚活の状況(他に交際している人はいるのか?何故結婚相談所に入ったのか?)を聞いたり、連絡先を聞いたり、プライバシーに踏み込む質問はNGとなります。

⑥いきなり、将来何人子供が欲しいかと聞いたり、貯金額を聞いたり、唐突すぎる質問もNGです。また、将来の結婚についての具体的な話も、お見合いではしないでおきましょう。初対面の人のそれを聞かされても、お相手は引いてしまいます。

⑦お相手のプロフィールを事前にしっかり読んで頭に入れておきましょう。間違ってもプロフィールを見ながらお話することは絶対に避けてください。

⑧お見合いは初めて会ってお相手とのフィーリングを確かめる場所です。あまり突っ込んだ内容のお話をするよりは、先ずは「今日はお忙しい中お時間を作っていただき、ありがとうございます」と感謝を述べましょう。その上で、今日の天気の話、休日の過ごし方、趣味などを「当たり障りのない」、「たわいもない」話を心掛けましょう。

⑨話している時間は、自分が3割、お相手が7割を目安に話しましょう。盛り上がってくると、ついつい自分ばかり話してしまいがちです。意識してお相手の話を聞きましょう。

⑩お相手に質問をする際は、多くの質問を矢継ぎ早に聞いていくのではなく、仮に「高校時代にバスケットボール部に入っていた」という話題が出たら、その話題を掘り下げてみましょう。
例えば「ポジションはどこだったんですか?」、「試合に勝った時、どんな気分でしたか?」、「今でもバスケットボール部のお友達とは連絡を取ったりしているんですか?」と質問したり、「部活で仲間と一緒に頑張るって青春ですよね♪」、「私も、バスケットボールやってみたくなりました!」と共感したりするのも良いと思います。

⑪異性と何を話したら良いのかわからないと思う人は「異性であること」を意識し過ぎずに「初対面の人」との会話なら、どういう会話をするか、どうような態度が適切かと考えて接してみましょう。

⑫打ち解けたとしても、初対面で馴れ馴れしい態度を取るのはやめましょう。

いかがでした?少しずつ、お見合いのイメージは湧いてきましたか?お見合いだからといって、そんなに難しく考える必要はありません。

お相手に興味を持ち、一定の節度を持ってお話していれば、何も問題ありません。

次はお見合いに臨む心構えです。


お見合いに臨む心構え

それでは、どういう心構え、気持ち、モチベーションでお見合いに臨めば良いのでしょうか?

こちらも箇条書きで説明します。

①今日、自分のためにお見合いの時間を作ってくれたことに感謝し、誠実に接する。

②写真と印象が違った、会話のトーンが合わない、自分と考え方が違うなどで、気持ちが乗らないと感じても、やる気のなさそうな態度は取らずに、お相手に興味を持って接する。

③自分と違うところがあると思っても、「新しい価値観を学べる」など、プラスに捉える。

④お相手の欠点や悪いところ、違和感を感じるところにばかり目を向けるのではなく、お相手の良いところを見つける。

⑤お相手の良いところを見つけたら、それを言葉に出して伝える。また、自分の中で「今日のお見合いでは最低3つ、お相手の良いところを見つけて、伝える」などと決めて、しっかりと実行する。

⑥全ての人から「OK返事」をもらえるように、誠実に対応する。

いかがでしょうか?

ここで説明した内容は全て「上手く成婚できた方」の特徴です。

お見合いや婚活が上手く行かない人は「自分が気に入った人でもないのに、楽しそうに振舞ったり、思わせぶりな態度を取ったりするのは逆に不誠実だと思います」といった主旨のお話をされます。

これは男女の出会いの部分にだけフォーカスしているとこのような考え方になるのかもしれませんが、先ずは異性とのお見合いであること以前に「人としてどう対応するか」と考えてみてください。

自分のために、忙しい時間を割いて、わざわざ会ってくれている人が目の前にいる。そういう人に対して、こちらの主観で「合わない」と感じるところがあったから、つまらなそうな態度を取る。これではいつまで経っても人間関係は上手く行きません。

このような人は「気に入った人の前ではそのようなことはしない」と言います。

しかし、自分の気分次第でこのような態度を取ってしまう人は気に入った人の前でも「今日は気分が乗らない」とか「相手がいつもと少し違うと感じた」という理由で、また、失礼な態度を取ってしまいます。

自分の気持ちが少し乗っていない時も、相手がいつもと少し違う時でも、誰に対しても変わらず誠実な態度で接することができる人が、実際に早く成婚されます。


まとめ

いかがでしょうか?

心構えの部分では、お見合いよりも少し先のお話をさせて頂きましたが、「どんなお相手にも」「どんな時も」誠実に対応できている人が、多くの方からお見合いで「OK返事」をいただき、結果、意中の人からも「OK返事」を頂いています。

意中の人の前だけでいい態度を取ろうとしても必ずボロが出ます。何故なら、意中の人の前でも、ほんの少し違和感を感じただけで、直ぐに態度に出てしまうからです。

今日は「お見合い編」ということでお話しましたが、特に心構えの部分についてはこの後の交際、さらには結婚生活がスタートしてからも大切な内容になりますので、是非ともしっかりと身に付けてください。

次回はいよいよ「⑪ご交際編(仮交際&真剣交際)」になります!

楽しみにしていてください!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.51 結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説!【⑨お見合い調整編】

191125.jpg


(※このページは2021年1月12日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。


結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説するブログシリーズ、本日は第9弾「結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説!【⑨お見合い調整編】」になります!

先ずは全13回のおさらいです。

①無料カウンセリング編
②ご入会手続き編
③プロフィール写真撮影編
④初回面談編
⑤プロフィール作成編
⑥プロフィール公開編
⑦お相手探し編
⑧お相手からの申し込み編
⑨お見合い調整編
⑩お見合い編
⑪ご交際編(仮交際&真剣交際)
⑫プロポーズ編
⑬ご成婚退会編

本日のブログの「お見合い調整」とは、成立したお見合いの「日時」と「場所」を決めることです。

では、お見合いの調整の流れについてご説明します。


お見合いに「申しまれ込まれた」側から調整がスタート

『申し込んだお見合いに「OK返事」をしてもらった』もしくは『申し込まれたお見合いに「OK」返事をした』のいずれかで、お見合いが成立します。

お見合いの調整は、原則、お見合いに「申し込まれた」側から日時の希望日、場所をご提案してスタートします。

日時については、会員さんのご都合の良い日程を、第1希望~第3希望までカウンセラーにお伝え頂きます。日程連絡の調整はシステムの中の「お見合い管理」画面にて行います。

この際、注意しておいていただきたいポイントがあります。

それは、第1希望~第3希望であげた日時は、お見合いの日程が確定するまで、空けておいて頂きたいということです。

先方に希望日をお伝えし、先方はその希望日に沿って調整しています。それを、後日やはりこの希望日は予定が入ってしまったとなると、いつまでのお見合いの調整ができません。

3つの希望日のうち、先方の都合の付く希望日があれば、そこで日程は確定します。

また、3つの希望日のいずれの日程も、先方の都合が付かない場合もあります。その場合は、今度は先方から希望日があがってきますので、こちらの都合の良い日時の希望日があれば、そこで日程は確定となります。

場所については、先ずは「申し込まれた」側の会員さんが希望するエリアの中で、お見合いに適した喫茶店をカウンセラーがご提案し、調整します。通常はシティホテルのラウンジとなることが多いです。「申し込まれた」側の会員さんとカウンセラーで調整ができたら、カウンセラーより先方に対し、先ほどの第1希望~第3希望までの希望日と一緒にお伝えします。

場所についても、先方からあまりに遠いエリアの場合などで、調整となるケースもあります。

上記の流れで、お見合いの日時、場所を確定していきます。


複数件のお見合いの日程調整はどうすれば良いのか?

お見合いがたくさん組める方や、たまたま時期が重なってしまった場合、どのように日程調整すれば良いのでしょうか?

先ほど、希望日であげた第1希望~第3希望の日程は、お見合いの日程が確定するまでは空けておいてくださいということをお伝えしました。

複数件のお見合いの日程を調整する場合も同様です。例えば2件のお見合いを同時期に調整する場合で、いずれも「申し込まれた」側のケースでは、1件のお相手に対して3つの希望日なので、合計6つの希望日を空けておかなくてはなりません。

これが3件となると9つの希望日となり、そもそも希望日をあげることが難しくなってきます。

お見合い日は、原則、お見合い成立からから1ヶ月以内で、日程を決めるのは1週間以内です。

前回の「⑧お相手からの申し込み編」でも、お相手からの申し込みに対し、「まずはOK返事を出し、実際に会ってみる」といった姿勢が大切な旨はお伝えしました。ただ、1ヶ月以内に会うことができない件数のお見合いを成立させることはやめましょう。

お見合いの申し込みがたくさんある方は、ご自身のスケジュールや、1ヶ月にお見合いのために取れる時間と調整しながら、「OK返事」を出すと良いでしょう。

お見合いの回答期限は申し込みから10日以内ですが、回答を先延ばし、また次のお見合いの申し込みが来てしまう方がいます。そうすると、一度に複数件のお見合いを成立させることとなり、同時にお見合い調整も一気にスタートします。こうなってしまうと、お見合いの調整が困難になりますので、10日間待たずに、早めにお返事するのが良いと思います。


日程調整のお返事はお早めに

結婚相談所での活動は、スムーズに、テンポよく進められる人が上手くいきます。

お見合いの調整も同じで、お返事はなるべく早めにしましょう。先方も他の方ともお見合いしている可能性が高いので、先にお見合い調整が確定した方とお見合いをして、交際がスタートすると、あなたともお見合いはしてくれるのですが、交際には至らないかもしれません。

お見合いが成立したら、速やかに日程調整し、お見合いしましょう。それが、出会いのタイミングを逃さないコツになります。


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.50 結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説!【⑧お相手からの申し込み編】

191121-1.jpg


(※このページは2021年1月12日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。


結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説するブログシリーズ、本日は第8弾「結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説!【⑧お相手からの申し込み編】」になります!

先ずは全13回のおさらいです。

①無料カウンセリング編
②ご入会手続き編
③プロフィール写真撮影編
④初回面談編
⑤プロフィール作成編
⑥プロフィール公開編
⑦お相手探し編
⑧お相手からの申し込み編
⑨お見合い調整編
⑩お見合い編
⑪ご交際編(仮交際&真剣交際)
⑫プロポーズ編
⑬ご成婚退会編

「お相手からの申し込み」と言われても、申し込みがあるかどうかもわからないし、、、といった不安、きっとあると思います。確かにその通りです。ここはあなたでは「コントロールできない=決められない」範疇です。

しかし、もしお見合いの申し込みがあったら、その時どう反応するか?これはあなたが「コントロール=決められる」範疇です。

お見合いの申し込みがあるかどうかを悩んでいても始まりません。それは、これまでのシリーズの「③プロフィール写真撮影編」、「④初回面談編」、「⑤プロフィール作成編」でお伝えした事前準備次第となります。

本日のブログでは事前準備の内容については詳しくお話はしませんが、もしお見合いの申し込みが全くない場合は、再度、プロフィール写真の撮り直しや、自己PR文の修正などが必要になるケースもあります。

でもある程度は安心してください。これまでプロスペクティブスタートで活動された会員様の中で、お見合いに申し込まれたことがない人は1人もいません。

それでは、本日はお見合いの申し込みがあったと仮定してお話を進めたいと思います。


「OK返事」「NO返事」の基準、決まっていますか?

さて、お見合いの申し込みがお相手異性の方からありました。申し込まれたら、「OK返事」「NO返事」をするのですが、どういった基準で返事をすれば良いのでしょうか?

本シリーズの「⑥プロフィール公開編」では、「生理的にNGという点が見つからない方にはOK返事をし、お見合いを成立させる」というお話をしました。

基本的に上記の基準は変わりないのですが、今日はそこを更に掘り下げていきたいと思います。


「プロフィール写真」をどう見るか?

お見合いの返事をする上で、大きく判断を左右するのが、プロフィール写真だと思います。本シリーズでもプロフィール写真の重要性は何度もお伝えしてきました。

だとすると「プロフィール写真を見てビビっと来た人だけにOK返事をする」というのもありでしょうか?残念ながら、この方法だと、お見合いが成立することはあまりないと思います。何故なら、会ってもいない人にビビっと来ることはそうそう無いからです。

ご自身がプロフィール写真を撮るときは、素敵な1枚を撮ることはものすごく重要です。しかし、お相手異性の方のプロフィール写真を見る時は、少し基準を緩くして見ると良いでしょう。

というのは、写真よりも実際の方が良い場合も多々あるからです。

それでも、全くあなたの好みでない人に「OK」返事を出してくださいと言っている訳ではありません。プロフィール写真を見る時の基準は、

最大限、甘めに判断する

ことにしてはいかがでしょうか?

具体的にどういうことかというと、少し笑顔が足りなくても「たまたまコンディションが悪かったんだろう」、「ちゃんと笑えば、もっと素敵な人なんだろう」、ファッションセンスが少し悪いと感じても「自分が流行に疎くて、今こういう服が流行っているのかもしれない」、少し太っていると感じても「たまたま写真の角度の問題で、少し太って見えるだけかもしれない」こんな感じです。

これくらい、甘めに、大目にみてください。こうして最大限甘めに、大目に見た時、「甘めに見れば、まあ許せる範囲かな」と思ったら、プロフィール写真は「OK」という事です。

これは実際にある男性会員さんがやっていた方法で、彼は多くの女性とお見合いをし、見事成婚退会しました。これくらい甘めにみると、出会いのチャンスが大きく広がります。


「自己PR」「担当カウンセラーからのPR」をどう見るか?

「自己PR」も「担当カウンセラーからのPR」も基本的にPRですので、良いことが書いてあります。良いことについては、性善説で考え、その通りなんだろうとプラスに受け止めましょう。

では「自己PR」と「担当カウンセラーからのPR」で、どちらがご本人の性格、考え方が表れるでしょうか?ご本人が書いている「自己PR」ですね。担当カウンセラーのアドバイスにより一部修正も加えられますが、概ねご本人の内側から出たことが表現されているでしょう。

「担当カウンセラーからのPR」は言わばプロが書いているので、ネガティブなことが書かれていることはあまりありませんが、「自己PR」にはあなたにとっては多少ネガティブに映ることも書いてあるかもしれません。「休みの日に一日中ゴロゴロしてしまうこともあります」とか「実はアイドルのライブに行くのも好きです」などです。ここはその方の「個性」「人間らしさ」と捉え、プラスに捉えましょう。

「自己PR」「担当カウンセラーからのPR」を読んで、あなたの価値観に合わない部分を感じても「ただ、違っているだけ」と捉え、婚活を通じて、異なる価値観の人に触れられる絶好の機会と捉えるのも良いかもしれません。

お伝えしたいことは、「自己PR」も「担当カウンセラーからのPR」も、ご自身のものはしっかりと考えて作成することは大切ですが、お相手異性の方のものについては「自己PR」、「担当カウンセラーからのPR」に書いてあることだけで「NO」の判断をしないことが肝要であるということです。


お相手異性への「希望条件」をどう見るか?

お相手異性の方に対する「希望条件」は、無料カウンセリング、初回面談の際に伺います。それと同時に「こういう人だけは絶対に嫌だ」という条件も伺います。

お見合いの「OK返事」「NO返事」の段階の判断基準に使うのは「こういう人だけは絶対に嫌だ」が良いと思います。

例えば、「こういう人だけは絶対に嫌だ」という条件が3つある場合、これらの3つとも当てはまる人からの申し込みが来た場合は、「OK返事」をするか「NO返事をするか」の検討をするが、条件が1つないし2つしか当てはまらない人には「OK返事」を出すなど、最初から決めて置くことです。

仮に女性が男性に求める条件で、「タバコを吸っている人」「太っている人」「身長160センチ未満」が「こういう人だけは絶対に嫌だ」という3つの条件である場合、タバコは吸っていて、太ってはいるが、身長が160センチ以上だったら「OK返事」を出すという事です。

タバコを吸っていて、太ってはいるが、身長が180センチで、優しくて、男らしくて、年収が1,000万円以上の人かもしれません。タバコはやめてくれるかもしれませんし、ダイエットに成功することも十分に考えられます。

また「こういう人だけは絶対に嫌だ」という条件が「冷たい人」とか「感情の起伏の激しい人」などといった、条件では測れない場合はどうすれば良いでしょうか?

これはやはり実際にお会いしてお話してみないと分かりませんよね?ですので、お見合いの返事をする段階ではこういった「測れない条件」は判断基準からは除外して、分からない場合は「OK返事」で行きましょう。


まとめ

いかがでしたか?
今日のブログを読んでいると「結局ほとんど全員の人にOK返事を出さないといけないのか?」と感じる人も多いかと思います。

決してこの通りにやらなくてはならない訳ではありませんが、結果としてこのように「まずはOK返事を出し、実際に会ってみる」という行動をしている人は成婚する確率が高いのは事実です。

たくさんの異性の方と実際に会うことでお見合い偏差値も恋愛偏差値もコミュニケーション能力も上がってきますし、多くの学び、気付きを得られます。それらの経験が、人としての成長に繋がり、成婚が近づくのだと思います。

最後にもう1点知っておいて欲しいことがあります。

それは、あなたに申し込んで来る人が、どういう人達かということです。

婚活しているほとんど全ての人が、「自分に申し込みしてくる人が、自分のタイプの人ではない」と感じています。

活動をスタートして「自分に申し込んでくれる人は正直タイプではない。一方で、タイプの人に申し込んでもOK返事をもらえない」ということはほとんど全員に起こっていることを、活動をスタートする前に知っておいて欲しいのです。

これは理想と現実のギャップから生まれるものですが、このことを知らずに婚活をスタートしてしまうと「私だけ何故?」となり、落ち込んでしまいます。

結婚している人は、この理想と現実のギャップを上手くすり合わせできている人です。

異性から見たご自身の魅力を引き上げる努力をしたり、お相手の良いところを見つけ、弱いところは許し、受け入れている人です。

もし今こういうことができていなかったら、婚活を通して異性から見て素敵な人になり、幸せな結婚ができるよう、頑張ってみてください。

次回は「⑨お見合い調整編」になります。

楽しみにしていてください!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.46 結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説!【⑦お相手探し編】

191108-1.jpg


(※このページは2021年1月12日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。


結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説するブログシリーズ、本日は第7弾「結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説!【⑦お相手探し編】」になります!

先ずは全13回のおさらいです。

①無料カウンセリング編
②ご入会手続き編
③プロフィール写真撮影編
④初回面談編
⑤プロフィール作成編
⑥プロフィール公開編
⑦お相手探し編
⑧お相手からの申し込み編
⑨お見合い調整編
⑩お見合い編
⑪ご交際編(仮交際&真剣交際)
⑫プロポーズ編
⑬ご成婚退会編

本ブログシリーズも7回目、折り返し地点です!
前回はプロフィール公開、そしてプロフィール公開直後にやるべきことについてお話をさせていただきましたが、今回は「お相手探し」にフォーカスしてお話したいと思います。


「お相手探し」の流れとポイント

まずは「お相手探し」の流れを簡単にご説明します。「お相手探し」とは、

①お相手を探す
②お見合いの申し込む

この2ステップです。「なんだ、こんなに簡単なことか」と思われる方も多いかもしれませんが、順を追って説明します。


①お相手を探す

お相手を探すには、検索システムを使い、ご自身の希望する条件を入力して検索します。
身長、体重、年齢、学歴、年収、お住まい、禁煙・喫煙、婚姻歴など様々な条件があります。

とにかくたくさんの異性がいらっしゃいます。このブログを書いている時点で、プロスペクティブスタートが加盟している日本結婚相談所連盟は日本最大級、65,875名の会員様が活動されているため、真剣に結婚相手を探している人にとって、これ以上良い環境はなかなか無いでしょう。

最初のうちは、目移りしてしまうかもしれません(笑)そのくらい男女ともに素敵な方が揃っています。

たくさんの条件を入れて検索して、条件にピッタリの人を見つけるのも良いですし、条件は緩めに設定して、プロフィール写真の印象や自己PRを読んで選ぶというのもどちらもありです。

気になった異性がいたら、先ずは「お気に入り」に登録しておいてください。


②お見合いに申し込む

さて、検索システムで素敵な異性がたくさん見つかりました。
でもお見合いに申し込まないことには始まりません。しかし女性会員様に多いのですが、ご自身で申込みをしたがらない方も一定数いらっしゃいます。断られるのが嫌なようですが、こちらから申込みをしないと、申し込まれるのを待つだけになってしまうため、出会いの可能性、結果的に結婚できる可能性、確率が半分になるかもしれません。

せっかく結婚相談所で活動しているのなら、結婚したいですよね!?ですので、このブログを読んでいる皆さんは、しっかりと申し込んで頂ければと思います。

また、申し込んだお見合いにOK返事を貰える確率ですが、約10~20件に1件です。意外と少ないと思うでしょうか?

特に男女ともに人気のある会員さんのところには、毎月100件以上の申し込みがあります。通常、月のお見合いの件数は5件もやれば多い方なので、95件はお断りとなります。中には交際中の人がいたら、全件お断りする人もいます。

ですので、お見合いにお断りをされたからといって、一喜一憂しないことが、結婚相談所で上手く活動し、メンタルを保つ1つのポイントでもあります。

「お見合いをして」お断りされた場合は、何らかの理由があるかもしれませんが、「お見合いの申し込み」にお断りされるのは、タイミングが合わなかっただけということが多々ありますので、ここは機械的にこなすくらいの気持ちでちょうど良いと思います。

これだけOK返事をもらうのは難しい訳ですから、お見合いにはなるべく多く申し込みましょう。プロスペクティブスタートではコースによりお見合い申込件数は異なりますが、基本的にはどのコースでも全件使い切る気持ちで行きましょう。

ただ、成立したお見合いが何件も控えている場合、既に交際中の方が何名かいらっしゃる場合は、ある程度調整しながら申し込んだ方が良いです。

申し込みのペースとしては、仮に60件の申し込み件数がある場合は、毎週15件ずつ申し込むのが得策です。理由としては、最初の週に60件使い切ってしまって、仮にOK返事が0件だと、残りの1ヶ月間、やることが無くなるためです。逆に、最初に60件申し込んで10件のお見合いが成立したとなると、今度はお見合いの日程調整が困難となります。

毎週15件ずつ申込みであれば、OK返事の件数によって、次週の申込み件数を調整したり、既に何名かの異性からOK返事を貰っていたら、次週はより「チャレンジ路線」と思える異性に申し込むこともできます。

ちなみに、OKを貰える確率は人によっても、誰に申し込むかによっても大きく異なるのですが、お似合いと思われる異性に申し込んでいる会員様は、比較的多くのOK返事を頂いている傾向があります。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

「お相手探し」の流れ、ポイントが分かってきましたでしょうか?

最後におさらいします。

◎検索システムに条件を入れてお相手を探すこと。

◎お相手探しについては、条件をたくさん入れて検索しても良いし、条件を緩めてプロフィール写真、自己PRで選ぶのもどちらもOK

◎お見合いに申し込まないことには始まらない。申し込まないと「出会いの確率」、「結婚できる確率」が半分になる可能性があることを肝に銘じる。

◎お見合いの申し込みにOK返事を貰える確率は10~20件に1件。その為、お断りされても一喜一憂せず、機械的にこなす。

◎お見合い件数は基本的に全件使い切る。ただし、既に複数件のお見合いが成立していたり、複数の異性と交際している場合は調整が必要。

◎月の初めに一気に全件申し込まない。毎週少しずつ申し込む

結婚相談所で婚活する以上、お見合いに申し込むというは、最も重要なアクション(行動)の1つです。

是非多くの異性に申込み、たくさんの異性と出会ってください!

次回は「⑧お相手からの申し込み編」になります。

楽しみにしていてください!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています

Vol.43 結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説!【⑥プロフィール公開編】

191030.jpg


(※このページは2021年1月12日に更新されました)

はじめまして。

20代・30代を中心とした結婚相談所『プロスペクティブスタート』の佐藤です。

私は婚活歴10年、結婚相談所で結婚した婚活カウンセラーです。


結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説するブログシリーズ、本日は第6弾「結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説!【⑥プロフィール公開編】」になります!

先ずは全13回のおさらいです。

①無料カウンセリング編
②ご入会手続き編
③プロフィール写真撮影編
④初回面談編
⑤プロフィール作成編
⑥プロフィール公開編
⑦お相手探し編
⑧お相手からの申し込み編
⑨お見合い調整編
⑩お見合い編
⑪ご交際編(仮交際&真剣交際)
⑫プロポーズ編
⑬ご成婚退会編

お待たせしました!いよいよ本格的な活動のスタートです!
これまでの「無料カウンセリング」から「プロフィール作成」で準備してきたことが、プロフィール公開することで、具体的な成果として現れてきます。

「具体的な成果=お見合いに申し込まれる」ということです。

では、プロフィール公開後の大切なポイントについて、説明していきます。


プロフィール公開後のスタートダッシュが何よりも大切

プロフィールを公開されるとシステムの中で「本日の新規会員」という表示の中に掲載されます。さらに最近一週間程度でプロフィール公開した会員も閲覧できる仕組みになっています。

つまり、プロフィール公開して最初の一週間は、もっともお見合いに申し込まれやすい時期になります!

ここはとても大事なところです。このことを相談所のカウンセラーさんから聞いていない会員さんは、「まだプロフィール公開して間もないのにこれだけお見合いに申し込まれるのだから、今後はもっと申し込まれるだろう」と考えてしまう人もいるようです。

全く逆です!

大事なことなので何度もお伝えしますが、プロフィール公開直後が一番お見合いに申し込まれる時期なのです!

もう少し具体的にお話すると、ある程度の期間活動されている方で、毎日お相手を検索している方だと、場合によって希望条件に合うほとんど全ての異性のプロフィールを既に見てしまっている方達もいます。なかなか全員のプロフィールを見ることは難しいですが、年齢、年収、地域、学歴などを絞っていくと、少しずつターゲットが狭まってきます。

このような方達を含め多くの既存会員さんが、新規会員が入会してくると改めてチェックをしますので、閲覧される件数が増え、結果、お見合いに申し込まれる可能性も上がるのです。

さらに新規会員で閲覧されることのメリットは年齢、年収、地域、学歴などの「条件」で検索されないということです。

何故なら、新規会員という括りでプロフィール写真が予め表示され、ここでの条件検索はできない仕組みになっているからです。

ですので、条件に多少自信がなくても、プロフィール写真が素敵に撮れていれば、お見合いに申し込まれる可能性がグンと上がります。

逆にいくら条件が良くても、プロフィール写真の出来がイマイチだと、新規会員の枠組みの中では申込みされるのは難しいでしょう。

よって、これまでのブログで何度もお伝えしてきた通り、ここでもプロフィール写真の出来は重要になってくるのです。

プロフィール写真を撮る上でのポイントは、「Vol.38 結婚相談所での活動をどこよりも詳しく解説!【③プロフィール写真撮影編】」でお伝えしております。

詳細はこちら


大切なポイントは2つ

では、具体的にプロフィール公開時、公開直後どんな対応をすれば良いのでしょうか?

大切なポイントが2つあります。


①お見合いの申し込みに対してOK返事を出すこと。

これはとにかく全員と会いましょうと言っている訳ではありません。

どういうことかと言うと、お見合いの申し込みのあった方で生理的にNGという点が見つからない方にはOK返事をし、お見合いを成立させるということです。

もしかするすると、あなたに申し込んでくれる方の中には、あなたの理想とは少し離れている方もいらっしゃるかと思います。

ただ、プロスペクティブスタートで活動されている多くの会員様も「写真のイメージはイマイチだったのであまり期待していませんでしたが、実際に会ったら写真よりも印象が良く、会話も盛り上がったので、写真やプロフィールのみで判断しないで良かったです。」と仰る方も多くいらっしゃいます。

また、ある成婚者の男性は活動を頑張っている方へのアドバイスとして、

「第一印象だけで判断せず、まずは交際をしてみるといいかもしれません。」

と仰っていました。

詳しくはこちら 成婚者の声 

また、その成婚者によると「自分のことを気に入ってくれる相手と時間をかけて向き合うこと」が大切なようです。


②お見合いの場に慣れること

2つ目に大切なことはお見合いの場に慣れることです。お見合いについては「⑩お見合い編
」で詳しくお伝えしますが、誰でも初めてのお見合いは緊張すると思いますし、初めてではなくても、もしかしたら、毎回緊張するかもしれません。

だとすると、理想の人と巡り合うまでお見合いを一度もしていなかったら、その方とのお見合いを成功させることはできそうですか?

これまでの部活や、試験や、受験などを思い出して欲しいのですが、練習試合も、過去問も、模擬試験もやらずに、県大会で優勝したり、試験で良い成績を取ったり、志望校に合格することはできたでしょうか?

あるゲーム好きな女性仲人さんは、会員さんにこう言うそうです。

「スライムも倒せないのに、ラスボス倒せますか?」

そういうと、「いや、僕はスライムくらい倒せます。会社のおばさん達とも仲良く話せています。」と仰るようです。

それに対し「では、その会社のおばさんから、食事に誘われたりしますか?」と聞くと「いや、そういうことはないです。」となるようです。

「会社のおばさん=スライム」というもの失礼な話だと言っていましたが、会社のおばさんと仲良く話せるのは、異性として見ていないからです。

最近、異性からお食事に誘われたり、告白されたりしていない人は、先ずはスライムから倒す(=お見合いに申し込まれる、お見合いでOK返事をもらう)ところから始めると上手く行くかもしれません。

できれば、最初の1ヶ月で3~5件のお見合いを成立させることを目標にしましょう。お見合いが成立することで、気持ちもきっと楽になると思います。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

結婚相談所での活動の中で、プロフィール公開後の1ヶ月はかなり重要です。この期間でたくさんのお見合いを成立させ、その後の交際に続く出会いを見つけてください!

次回は「⑦お相手探し編」になります。

楽しみにしていてください!


★ブログ読者様にこっそり教える★
月会費6,000円~!癒しの料金プランはこちら♪


プロスペクティブスタートが選ばれる理由

200727.JPG


★入会部門・成婚部門でダブル受賞@IBJ2020年上半期表彰

★月会費は6,000円~。リーズナブルな料金プラン

★確かな実績
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内のお見合い成立率 91.6%
◎プロフィール公開後、1ヶ月以内の交際成立率 83.3%
成婚率 66.7%
※2018年10月~2020年6月実績

★20代、30代会員比率83.3%!若い婚活者がたくさん集まる結婚相談所

★お見合い申し込み可能件数200件!

★人気ブロガー全国第2位!神奈川県第1位!@婚活カウンセラーブログ

★新規開業者向けのセミナー講師を務めています